[U.S. market]S&P500が2020年3月以来急落-ドル高144円 – Bloomberg

[U.S. market]S&P500が2020年3月以来急落-ドル高144円 - Bloomberg

30日の米国株式市場は続落。 S&P 500 指数は、2020 年 3 月以来最大の月間下落率を記録しました。米連邦準備制度理事会 (FRB) がインフレが抑制されるまで利上げを継続する意思を示しているため、市場は引き続き下落しています。

ドル円は1ドル144円台後半。 対円では、ドルは月ベースで 4.2%、四半期ベースで 6.7% 上昇しました。

  • 米株は続落、S&P500は2020年3月以来の月間で急落
  • 米国債は下落、10年物国債利回りは3.82%に上昇
  • ドル指数は四半期ベースで2016年以来初めて上昇
  • ニューヨーク原油は下落し続け、見通しは暗く、2020年以来の第1四半期の下落
  • 米国債利回りの低下と地政学的リスクにより、ニューヨークの金はわずかに反発

S&P 500 は 3 四半期連続で下落し、2009 年以来最長となった。先週の連邦公開市場委員会 (FOMC) 会議で 3 回連続の大幅な利上げが見られた後、FRB 当局者がさらなる痛みを警告しているため、リスクの高い資産が売りに出されている。

S&P 500 は 1.5% 下落して 3585.62 でした。 ダウ工業株平均は 500.10 ドル(1.7%)下落して 28,725.51 ドルになりました。 ナスダック総合指数は1.5%下落した。

米連邦準備制度理事会(FRB)のブライアン・ブレイナード副議長は、借り入れコストの上昇による世界の金融安定へのリスクを警戒する必要があることを認めながら、インフレを抑えるために米国の政策金利を当面高水準に維持すると述べた。 する必要があると言いました。 8 月の米国の個人消費支出 (PCE) 価格指数は、市場の予想を上回りました。

ブレイナードは、連邦準備制度理事会は時期尚早のロールバックを回避することを約束したと言います (2)

米国のインフレ指数 PCE 価格指数、予想より速い成長 – 個人消費の増加 (2)

インタラクティブ・ブローカーズ(Interactive Brokers)のシニアエコノミスト、ホセ・トレス(Jose Torres)氏は、「金融環境の引き締めと金利の上昇が経済を弱め、金融の安定を脅かす中、投資家は世界の中央銀行のハト派的タカ派性を表明している。 物事がどのように進んでいるのかを知るのは神経質になる」と彼は言った.

米国債は下落。 月末には、月末の売りが急増しました。 ニューヨーク時間午後 4 時 18 分時点で、10 年物利回りは 3 ベーシス ポイント上昇して 3.82% になりました。

外国為替市場では、ドル指数が 2016 年以来最大の四半期上昇を記録しました。PCE 価格指数の発表後、米国での追加の利上げに関する憶測が高まりました。 四半期末のポジション調整や原油価格の下落を背景に、コモディティ通貨は相対的に軟調に推移しました。

10 の主要通貨に対するドルの動きを追跡するブルームバーグ ドル スポット インデックスは 0.2% 上昇しました。 ニューヨーク時間の午後 4 時 18 分現在、ドルは対円で 0.2% 上昇して 144.79 円になりました。 ユーロはドルに対して 0.1% 下落し、1 ユーロあたり 0.9807 ドルになりました。

ポンドは一時、対ドルで 1%以上上昇し、1.12 ドル台まで回復したが、その後は上昇率を下げた。 トロント・ドミニオン銀行の外為戦略グローバル責任者、マーク・マコーミック氏は「ポンドは短期的に悪化する可能性があり、これは英国資産に対する信認の喪失と純外国投資ポジションの弱体化を反映している」と述べた。 報告書で指摘した。

ニューヨーク原油市場は前日から急落し、1バレル80ドルを割り込んで取引を終えた。 四半期ベースで約 25% 減少し、約 2 年ぶりの四半期減少となりました。 世界経済の減速とドル高に対する懸念が原油の売りを促した一方で、供給の逼迫に対する懸念が強まりました。

ニューヨーク商品取引所 (NYMEX) の 11 月納品のウェスト テキサス インターミディエート (WTI) 先物は、前日から 1.74 ドル (2.1%) 下落して 1 バレル 79.49 ドルになりました。 ロンドン ICE 北海ブレントの 12 月の受渡し量は、2.04 ドル/バレル下落して 85.14 ドル/バレルとなった。

石油輸出国機構 (OPEC) は、価格を守る意思があることを明らかにしました。 OPECと非加盟産油国で構成される「OPECプラス」が減産を協議している。 RBCキャピタル・マーケッツからJPモルガン・チェース・アンド・カンパニーまでのアナリストは、50万バレルから100万バレルの削減が決定される可能性があると予想している。

CIBCプライベート・ウェルス・マネジメントのシニアトレーダー、レベッカ・バビン氏は、原油価格は「不安定な状態で四半期を終えた」と述べた。 「次の動きは来週のOPEC+会合になるが、それまでは方向性が不確実であり、ドルの動きは浮き沈みにつながる可能性が高い」と述べた.

景気後退への懸念の高まりが原油価格を圧迫している

WTI先物価格

出典: NYMEX、ブルームバーグ

ニューヨークの金市場はわずかに反発した。 米国債利回りの低下に伴い、金価格は一時0.9%上昇したが、持続的なドル高が重しとなった。 毎週1%ずつ上昇。 ロシアのウラジーミル・プーチン大統領がウクライナの一部の併合を強行したため、地政学的な緊張がくすぶり続けている。

.