[U.S. market conditions]株小幅下落、回復モメンタム続かない-ドルは144円台後半 – Bloomberg

[U.S. market conditions]株小幅下落、回復モメンタム続かない-ドルは144円台後半 - Bloomberg

5日の米国株式市場は小幅下落。 主要株価指数は東部時間正午頃から回復に転じたが、大規模なオプション取引とみられる取引の影響を受けてマイナス圏で終わった。 ドル円は1ドル144円台後半。 ドルは、米国債利回りの上昇を背景に、幅広い通貨に対して上昇しました。

  • FRB当局者の指標と発言を認識して、米国株はわずかに下落
  • 米国債が急落、10年物利回りは3.75%に上昇
  • ドルは幅広い通貨に対して上昇、対円では144円高
  • NY原油3日連続上昇、OPECプラス減産やロシア減産の可能性を意識
  • ニューヨークゴールド、リバウンドスポットはドルが上昇するにつれて一時的に1.5%下落

S&P 500 株価指数は、前日から 0.2% 下落して 3783.28 になりました。 ダウ工業株平均は 42.45 ドル(0.1%)下落して 30,273.87 ドルになりました。 ナスダック総合指数は0.3%安。

Institute for Supply Management (ISM) が本日発表非製造業指数は堅調に推移。 ADP研究所の米国の個人雇用者数も堅調なペースで上昇しており、労働需要が引き続き健全であることを示唆しています。 さらに、サンフランシスコ連銀のデーリー総裁は、FRB が利上げペースを 0.75% ポイント下げるには高いハードルがあると述べました。見解も投資家心理を圧迫した。

ブラウン・ブラザーズのウィン・シン氏は、米連邦準備制度理事会(FRB)当局者は依然としてタカ派であり、方向転換は「希望的観測」にすぎないと述べた。 来月の会合での0.75ポイントの利上げは「明確なことだ」と述べた。

CIBCの北米外国為替戦略責任者、ビパン・ライ氏は「過去数営業日の『ピーク金利』への憶測を織り込む動きは性急だ」と述べた。 「インフレ圧力はしばらく続く可能性が高く、より緩やかな利上げに近づいている可能性があるが、この『ピーク金利』の憶測に反応するのはリスクが高い」と述べた。

米国債は急落。 ニューヨーク時間午後 4 時 13 分現在、10 年物利回りは 11 ベーシス ポイント上昇して 3.75% になりました。

外国為替市場では、ドルはほぼすべての主要通貨に対して上昇しました。 米国債利回りは、米国のサービス統計が予想を上回ったことと、サンフランシスコ連銀総裁のタカ派発言を受けて急上昇した。

主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグドル現物指数は0.6%上昇し、3営業日ぶりの上昇となった。 ニューヨーク時間午後4時13分現在、ドルは対円で0.3%高の144.59円。 一時144.85円まで値上がりした。 心理水準の145円付近で売りは控えている。 ユーロはドルに対して 1% 下落し、1 ユーロあたり 0.9886 ドルになりました。

ニューヨーク原油先物が3日連続で上昇 石油輸出国機構(OPEC)と加盟していない主要産油国で構成される「OPECプラス」が2020年から大幅減産へ合意に達した後、購入がありました。 ロシア副首相の発言も裏付け資料です。

ノバク副首相は、同国の石油輸出を制限する動きは裏目に出て、国が一時的に生産を減らす可能性があると述べた.言った。 米国政府のデータによると、原油、ガソリン、留出油の在庫は先週下落し、これも市場を支えた。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の11月のウェスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)先物取引は、前日より1.24ドル(1.4%)高の1バレル87.76ドルで取引を終えた。 ロンドン ICE 北海ブレント 12 月の受渡しは、1.57 ドル上昇して 93.37 ドルになりました。

ゴールドマン・サックスのエネルギー調査責任者であるダミアン・クールバラン氏は、「マクロ的な懸念にもかかわらず、石油消費はこれまでのところ回復力を維持しており、世界的なガス不足により、今日の最も安価なエネルギー源である石油が不況に陥っています。 需要は冬に向かっており、石油消費量は冬の間、通常よりも増加します。」

OPECプラスの供給削減への期待で価格が急上昇

WTI原油先物市場の推移

出典:NYMEX

.