[U.S. Market]S&P総合500種6日連続安、金利上昇懸念続く-ドル高144円 – Bloomberg

[U.S. Market]S&P総合500種6日連続安、金利上昇懸念続く-ドル高144円 - Bloomberg

27日の米国株式市場では、S&P500種株価指数が6日連続で下落した。 ボラティリティーの高い時期が続いた後、FRB当局者数人がインフレとの闘いにおいて積極的であり続ける決意を示した後、安値で取引を終えた。 ドル/円は144円台後半まで小幅上昇。

  • S&P 500は6日連続で下落、FRBの公式発言が重荷
  • 米国債は総じて下落、10年国債利回りは一時的に3.99%
  • ドル/円は小幅上昇、144円台後半~ポンドも上昇
  • ロシアが減産を提案しているとの報道でNY原油が急反発
  • NY金は小幅反発、ドルは前日に急上昇

S&P 500 は 0.2% 下落して 3647.29 でした。 一日中アップダウンの展開でした。 6 日間の下落は 2020 年 2 月以来の最長です。ダウ ジョーンズ工業株平均は 125.82 ドル、または 0.4% 下落して 29,134.99 ドルになりました。 ナスダック総合指数は0.3%上昇した。

Natixis Investment Managers Solutions のポートフォリオ マネージャーである Jack Janasiwick 氏は、Bloomberg とのインタビューで、市場は「ショックに次ぐショック」に直面しており、まだ完全には回復していないと述べました。 示す。 「市場は、FRBが現在の水準でターミナルレート(金利引き上げの最終ポイント)に到達するか、それより高いか、またはそれに近づくかについてまったく確信が持てず、それが市場を動かしています。」 「その不確実性は、市場が消化するのに苦労している金利のボラティリティを生み出しました。」

TDアメリトレードのヘッド・トレーディング・ストラテジスト、ショーン・クルーズ氏は、金利とドル高が最近の株安の多くを引き起こしていると述べた。 「現在、多くの不確実性が漂っており、楽観と悲観の間を行ったり来たりできる状況ではありません。 それは理にかなっている」と彼はインタビューで語った.

セントルイス連銀のブラード総裁は、インフレ抑制のために金利は「当面は高水準にとどまる必要がある」と述べた。 ミネアポリス連銀のカシュカリ総裁は、連銀は物価安定の回復に取り組んでおり、現在の利上げペースは適切であると述べた。

セントルイス連銀総裁、インフレは深刻なリスクであり、適切な行動が必要だと発言

カシュカリは利上げのペースが「適切」であると言い、物価安定の回復にコミットする

投資家は、FRB の引き締めが行き過ぎて市場に打撃を与え、株式のボラティリティを高めることを恐れています。

JO Hambro Capital Management のシニア ファンド マネージャー、ジョルジオ カプート氏は、「これらのボラティリティは続く可能性があります。 「ある時点で、これらの突然の変動の1つが現実になり、インフレが落ち着き始めます。 中央銀行は引き締めすぎる可能性が高く、ペースを落とすことを余儀なくされる可能性があります。 それはまた、いくらかのボラティリティにつながる可能性がある」と彼は言った。

米国債は長期債を中心に下落した。 5 年物国債の入札に対する需要の低迷も、取引の重荷となった。 ニューヨーク時間午後 4 時 19 分現在、10 年物利回りは 5 ベーシス ポイント上昇して 3.97% になっています。 一時は 3.99% まで上昇しました。

ドルの急増は信用リスクの急上昇と関連している

外国為替市場ではドル指数が一時高値をつけた。 10 年物国債の利回りは、米国の強い消費意欲と米連邦準備制度理事会のコメントを受けて上昇しました。 ポンドは昨日の安値から反発した。

9 月の米国消費者信頼感指数は 2 か月連続で上昇、4 月以来の高水準 (1)

ドルは 10 の主要通貨に対して混同されています。 対円では小幅上昇し、日本介入後の高値を記録した。

10 の主要通貨に対するドルの動きを追跡するブルームバーグ ドル スポット インデックスは、0.1% 未満しか上昇しませんでした。 ニューヨーク時間午後4時20分現在、ドルは対円で0.1%高の144.87円。 ユーロは対ドルで0.2%安の1ユーロ=0.9592ドル。 ポンドは対ドルで0.3%高の1.0721ドル。

ニューヨーク原油先物は急反発。ロシアが石油輸出国機構 (OPEC) および非 OPEC 生産者に減産を提案するとの報告を受けて、石油供給に関する懸念が高まりました。 ロシアの燃料の禁輸措置を実施する期限が迫っています。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の11月のウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物契約は、前日から1.79ドル(2.3%)上昇した1バレル78.50ドルで取引を終えた。一時、ロイターの報道を受けて株価は4%近く上昇した。 ロンドン ICE 北海ブレントの 11 月の受渡しは、2.21 ドル上昇して 86.27 ドルになりました。

オアンダの上級市場アナリストは、「ロシアが日量100万バレルの減産をOPECプラスに提案する可能性は、生産者が需要と供給をタイトに保つために必要なことは何でも喜んで行うことを思い出させるものだ」と述べた。 リスト、エド・モヤは言った。

  ゴールドマン・サックス・グループは、世界経済の減速の兆候が強まっていることを理由に、原油価格の見通しを大幅に引き下げました。

アナリストのダミアン・クールバラン氏とカラム・ブルース氏は27日のリポートで、「ドル高と需要低下の見通しは、年末まで引き続き価格に強い逆風となるだろう」と述べた。 「しかし、投資が不足し、余剰能力と在庫が少ないため、供給環境はかなり強気の構造になっており、大幅な価格上昇が必要になることは避けられません。」

ロシアがOPEC+の減産を提案するとのニュースで原油が上昇

WTI原油先物(白)、9月26日終値(オレンジ)

出所:ブルームバーグドル

ニューヨークの金市場は、約 2 年間での最低水準からわずかに回復しました。 前日に最高値を更新したドル指数は、この日軟化した。

伝統的に、景気後退は金をより魅力的な避難所にしましたが、中央銀行の引き締めが世界的な景気後退を引き起こす可能性があるという懸念がドルの急騰を後押ししました。

バート・メレク氏率いるTD証券のコモディティストラテジストは、「金市場で降伏のリスクが高まっている」と述べた。 金市場は、金利が当面高止まりする可能性を織り込んでおり、利上げサイクルの次の段階で、価格はさらに1,600ドルを下回ると予想されている、と彼は述べた。

ニューヨークマーカンタイル取引所 (COMEX) の 12 月の金先物は、前日より 2.80 ドル (0.2%) 上昇した 1 オンス 1,636.20 ドルで取引を終えました。 ニューヨーク時間午後 3 時の時点で、スポット価格は 1,631.55 ドルまでわずかに上昇しました。

ドルが安定したため、地金は2年間の安値から上昇しました

金スポット(白、右軸)、ブルームバーグドル(青、左軸)

出典:ブルームバーグ

元のタイトル:金利の不調が続く中、株式は第 6 セッションで下落: マーケット ラップ (抜粋)

.