[U.S. market]株急落、連銀タカ派姿勢-ドル144円半ば – Bloomberg

[U.S. market]株急落、連銀タカ派姿勢-ドル144円半ば - Bloomberg

29日の米国株式市場は急落。 S&P 500 株価指数は 2020 年 11 月以来の最低水準まで下落しました。米連邦準備制度理事会 (FRB) 当局者の何人かはタカ派的なスタンスをとっています。 欧州市場の混乱も投資家心理を圧迫し続けています。

ドル円は144円台半ば。 前日からは小幅上昇したものの、東京時間末の水準からは小幅下落。

  • 米株反発、S&P 500 S&P 500 初日消去 – 欧州市場の混乱もウエイト
  • 株価下落等により10年債利回り3.77%
  • ドル/円は144円台半ばまで上昇、ポンド高、ユーロも高騰
  • ニューヨーク原油の下落、景気後退への懸念が感情を支配
  • ニューヨークの金はわずかに反発し、米国の経済統計は積極的な金利上昇の見通しを再び示しています

S&P 500 は 2.1% 下落して 3640.47 でした。 一時2.9%下落する場面もあったが、取引終盤に向けて下落幅が縮小。 しかし、7営業日ぶりに反発した前日の上昇を打ち消した。 ダウ工業株平均は 458.13 ドル(1.5%)下落して 29,225.61 ドルになりました。 ナスダック総合指数は2.8%下落した。

ハイテク株が多いナスダック100指数は2.9%下落した。 一時は4%減だった。 アップルは大きく売り、指数全体を押し下げた。 バンク・オブ・アメリカ (BofA) は、Apple デバイスに対する消費者の需要の減速を警告しています。投資判断を格下げ。

株価下落を背景に、米国債は下落幅を縮小。 ニューヨーク時間午後 4 時 20 分時点で、10 年物利回りは 4 ベーシス ポイント上昇して 3.77% になりました。

セントルイス連銀のブラード総裁は、連邦準備制度理事会は今後数か月でさらなる引き締めを予想しており、市場はそれをよく理解していると述べた。 クリーブランド連銀のメスター総裁も、利上げを続けると述べた。

セントルイス連銀の市場は利上げ継続のメッセージを「正しく解釈」

クリーブランド連銀総裁はインフレを抑えるために継続的な利上げを必要としている

シティ・インデックスのシニア金融市場アナリスト、フィオナ・シンコッタ氏は、「イングランド銀行が世界市場にもたらした影響には本当に驚かされた。 「しかし、一時的な安堵の上昇だったが、インフレ懸念と金利懸念が再び現れたように見えたため、すぐに押しのけられた」と彼女は述べた。

シティアス・ウェルス・マネジメントの投資戦略責任者、ショーン・スナイダー氏は「現時点で景気後退はほぼ確実であるという見方を市場はようやく受け入れており、それに合わせて調整している」と述べた。

ドルは外国為替市場で下落した。 一方、ポンドは主要 10 通貨のほとんどに対して買われ、高く評価されました。 ユーロも上昇。 一部の欧州中央銀行 (ECB) の政策立案者は、10 月の会合で 0.75 ポイントの利上げを求めています。

ECB Shimkus「75bpが私の選択」、10月の利上げ支持継続 (1)

主要10通貨に対するドルの動きを追跡するブルームバーグドルスポット指数は0.3%下落した。 ニューヨーク時間午後4時20分現在、ドルは対円で0.2%高の144.47円。 東京時間後半に144.80円を付けた後、伸びは鈍化しています。 ユーロはドルに対して 0.7% 上昇し、1 ユーロあたり 0.9801 ドルになりました。 ポンドはドルに対して 1.7% 上昇し、1.1076 ドルになりました。

サクソバンクの為替戦略責任者、ジョン・ハーディ氏は「月末と四半期が近づくにつれて、ポートフォリオ調整の動きが国債価格をいくらかサポートするのか、ドルの上値を抑えるのか、あるいはその両方なのか疑問に思う」と述べた。 . 報告書は、「人民元の戦術的な統合がFRBに方向転換を強いるかどうかは興味深いだろう」と述べた。

アタナシオス・バンバキディス氏が率いるバンク・オブ・アメリカ(BofA)のストラテジストは、「高いコアインフレが持続することで、FRBは利上げのサイクルをより速く、より大きく、より長くすることを余儀なくされ、その過程でドルは本格的に動くだろう。間違いなくそれを押し上げます」とレポートは分析しました。

ニューヨーク原油先物は下落。 石油輸出国機構 (OPEC) および非加盟産油国OPEC+が減産を決定するという憶測がありますが、経済悪化の新たな兆候で在庫が下落したため、減産しました。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は11月引き渡しで92セント(1.1%)安の1バレル81.23ドルで取引を終えた。 11 月限のロンドン ICE 北海ブレントは 83 セント安の 88.49 ドル。

原油先物は週ベースでプラスで週を終える軌道に乗っているが、景気後退の懸念が高まる中、ほぼ2年ぶりに四半期の数字がマイナスになる可能性がある. ドルは今月急騰し、史上最高値付近で推移しており、ドル建て商品の魅力が低下しています。

アゲイン・キャピタル(ニューヨーク)のパートナーであるジョン・キルダフ氏は、「現在、需要と供給のいずれにも実際に測定可能な変化が見られないため、ここ数日は主にマクロ経済的なものでした。 と説明されています。 「本当に重要なのは、高インフレに対する中央銀行の政策に対する一般的な市場のセンチメントだ」と述べた。

原油は引き続き、より広範なマクロ市場の動きに追従

上段:WTI先物(白)、9月28日終値(オレンジ)、下段:E-mini S&P500先物(青)

出典:ブルームバーグ

ニューヨークの金市場は小幅下落。 現金に避難する動きが活発化し、金融市場の一般的な売りは金にまで及んだ。米国の経済指標は、より積極的な米国の利上げへの道を開くものと見られていました。

金市場のセンチメントは依然として弱気であり、米国連邦準備制度理事会の当局者は利上げを続けると示唆しています。 金に裏打ちされた上場投資信託(ETF)の金保有量は、2020年5月以来の最低水準にまで落ち込んでいる。金価格を左右するインフレ調整後の米国債利回りは、10年ぶりの高値に近い。

ブリオン・ボールトの調査責任者であるエイドリアン・アッシュ氏は、「より高い実質利回りは、金にとって真の逆風です。

ニューヨーク マーカンタイル取引所 (COMEX) の 12 月の金先物は、前日より 1.40 ドル (0.1% 未満) 下落した 1 オンス 1,668.60 ドルで取引を終えました。 ニューヨーク時間の午後 1 時 50 分時点で、スポット価格は 0.1% 下落して 1,658.52 ドルになりました。

イングランド銀行の債券購入プログラムが価格の急上昇に拍車をかけた後、地金が下落

金スポット価格(白、右軸)、Bloomberg Dollar Index(青、左軸)

出典:ブルームバーグ

.