[U.S. market]株安続落、英中銀総裁発言動揺-ドル一時145円90 – Bloomberg

[U.S. market]株安続落、英中銀総裁発言動揺-ドル一時145円90 - Bloomberg

11日の米国株式市場では、S&P500種株価指数が5日連続で下落した。 一時は上昇していたが、取引終盤に急落。 イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁が計画通り市場への介入をやめると述べた後、投資家心理は揺らいだ。 10年物米国債利回りが上昇。

ドル円は145円台後半。 日中は値段が前後することが多かったのですが、一時145.90円になる場面もありました。 政府と日銀が介入した9月22日のドル高・円安の水準です。

  • S&P500が5日連続下落
  • 米国債は長期債中心に下落、10年債利回りは3.93%
  • ドル高・円安でドル/円が一時145.90円となり、為替介入が行われた。
  • NY原油は引き続き下落、景気減速懸念から先週の上昇からさらに下落
  • NY金先物は反発、ドル高の勢いは一時鈍化

S&P 500 は 0.7% 下落して 3588.84 になりました。 テクノロジー株は再び下落し、テクノロジー株の多いナスダック 100 指数は 1.2% 下落しました。 ナスダック総合指数は1.1%下落した。 ダウ工業株平均は 36.31 ドル(0.1%)上昇して 29,239.19 ドルになりました。

イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁は、市場介入は予定通り週末までに終了すると述べ、投資家に持続不可能なポジションを手仕舞うよう促した。

イングランド銀行総裁「残り3日」 – 介入は週末までに終了 (1)

ロックフェラー グローバル ファミリー オフィスの最高投資責任者であるジミー チャン氏は、ブルームバーグ テレビジョンに対し、「ベイリー知事が 14 日に量的緩和 (QE) を終了すると言うなら、興味深い試金石になるだろう」と語った。 「利回りはどのくらいになるの?」 彼は言った。

水曜日に発表される米国の消費者物価指数 (CPI) は、FRB による追加の 0.75 ポイントの利上げを指示する可能性があります。

クリーブランド連銀のメスター総裁は、数十年ぶりの高水準でインフレを打破しようとする中、FRBは利上げを続けなければならず、自己満足に陥ってはならないと述べた。

クリーブランド連銀総裁はより抑制的な政策を必要としている – 自己満足への警告

パインブリッジ・インベストメンツのマルチアセット・チーム責任者、マイケル・ケリー氏はブルームバーグテレビジョンに対し、「引き締めの影響はまだ見ていない」と語った。 「それは間近に迫っており、私たちがそれを見ると、リスク資産はさらに下落するでしょう」と彼は言いました。

ベアリングスのチーフ・グローバル・ストラテジストであるクリストファー・スマート氏は、「ウクライナからのニュースが地政学的緊張のさらなるエスカレーションを示唆しており、投資家が暗い気分で週を始めたのも不思議ではありません。内部ではなおさらです」と述べた.

米国債市場では、長期債が下落した。 イングランド銀行のベイリー総裁の発言は、中央銀行が英国債を購入し続けるという憶測を弱めた。 ニューヨーク時間午後 4 時 23 分現在、10 年物米国債利回りは 5 ベーシス ポイント上昇して 3.93% になりました。

S&P 500 が日中の数年ぶりの安値を更新

S&P 500

出典:ブルームバーグ

外国為替市場でドルが上昇。 ベイリー氏の発言後、リスクテイクの意欲が低下したため、ドルは下落から回復した。 ポンドは急落した。

UniCredit のストラテジストは、「多くの FRB 当局者による新たなタカ派のレトリック」と「くすぶり続ける地政学的リスク」に続く米国債利回りの上昇が、依然としてドル高の 2 つの主要な要因であると述べています。 なった」と報告書は指摘した。

10 の主要通貨に対するドルの動きを追跡するブルームバーグ ドル スポット インデックスは 0.2% 上昇しました。 ニューヨーク時間の午後 4 時 24 分現在、ドルは対円で 0.1% 上昇して 145.80 円になりました。 ユーロはドルに対して 0.1% 上昇し、1 ユーロあたり 0.9708 ドルになりました。 ポンドは対ドルで0.7%安の1.0974ドル。

ニューヨーク原油先物は続落。 主要産油国の需給逼迫懸念よりも、景気減速懸念が強かった。 JPモルガン・チェース・アンド・カンパニーのジェイミー・ダイモン最高経営責任者(CEO)は、米国および世界経済は来年半ばまでに景気後退に陥る可能性が高いと述べています。国際通貨基金 (国際通貨基金 (IMF) は、世界経済の見通しが悪化していると警告した。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は、前日より1.78ドル(2%)安の1バレル89.35ドルで取引を終えた。 ロンドン ICE の北海ブレント 12 月限月限は 1.9 ドル下落して 94.29 ドルとなった。

TDセキュリティーズの商品戦略責任者であるバート・メレク氏は、OPECと主要な非加盟石油生産者の組織であるOPECプラスが減産を決定した後、非常に強気の数営業日後に語った。 リスク選好の欠如とテクニカルな動きが原油価格を押し下げたようだ」と述べた。

ニューヨークの金先物市場は反発した。 悲観的な経済予測や金融引き締めの憶測を消化した展開だった。 ドル高が一時的に鈍化したため、ドルで取引され、利子収入を生み出さない金のサポートとなった。

ニューヨーク マーカンタイル取引所 (COMEX) の 12 月の金先物は、0.6% 高の 1 オンス 1,686 ドルで取引を終えました。

.