[U.S. market]株売り、タカ派FRB続く可能性-ドル安145円 – Bloomberg

[U.S. market]株売り、タカ派FRB続く可能性-ドル安145円 - Bloomberg

7日の米国株式市場は急落。 米国の雇用統計は労働市場が堅調であることを示しており、FRB の積極的な利上げは続く可能性が高いです。 米10年国債利回りは1984年以来最長の週間連続上昇を記録。ドル/円は145円台後半。

  • 米国株式は急落し続けており、連邦準備制度理事会のタカ派が続くとの見方から売りが加速している
  • 米国債は下落、10年物利回りは10週連続で上昇
  • 米ドルは対円で145円台前半の上昇を続ける – 米国雇用統計
  • ニューヨーク原油は5日連続で上昇、3月の供給懸念以来の週高
  • ニューヨークの金は下落し、FRBはタカ派の軌道を続けると予想-米国の雇用データ

S&P 500 は 2.8% 下落して 3639.66 でした。 構成銘柄のほぼ95%が下落した。 ダウ工業株平均は 630.15 ドル(2.1%)下落して 29,296.79 ドルになりました。 Nasdaq Composite Index は 3.8% 下落し、Nasdaq 100 Index は 4% 近く下落しました。

CIBCプライベート・ウェルス・マネジメントの最高投資責任者であるデービッド・ドナベディアン氏は、雇用データは、市場の底打ちプロセスが長引くという考えに「感嘆符」を付けたと述べた。 eToro の Carrie Cox 氏は、大幅な利上げが行われる「奇妙に逆転した世界」では、強い統計が混乱に備える理由の 1 つになる可能性があると述べました。 Brown Brothers の Wing Singh 氏は、11 月の 75 ベーシスポイントの利上げは「確実」であり、12 月の 75 ベーシスポイントの利上げの可能性が高まっていると述べた。

米国債は軒並み急落、利回りは今週の最高値に到達達した。 ニューヨーク時間午後 4 時 15 分時点で、10 年物利回りは 6 ベーシス ポイント上昇して 3.88% になりました。 週ベースでは10週連続で上昇。 スワップ市場は、11 月の連邦公開市場委員会 (FOMC) での約 75 ベーシス ポイントの利上げを織り込みました。 金融市場が示す政策金利のピーク水準も上昇した。

ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁は、政策金利は最終的に約4.5%まで引き上げる必要があると述べた。 彼は単に、この引き締めサイクルの上昇とピークのペースは、今後の経済状況に依存すると述べた。 他の FRB 当局者もここ数日、決定的なタカ派のトーンを取っています。

ニューヨーク連銀総裁、インフレ抑制のため政策金利を4.5%近くに引き上げると発言

投資家の関心は、来週初めに発表される米国のインフレ データと FOMC の議事録 (9 月 20 ~ 21 日) に移るでしょう。

外国為替市場では、主要10通貨に対するドルの動きを示すブルームバーグドルスポット指数が0.4%上昇した。 米国の雇用統計を受けてタカ派的な金融政策が続くとの見方が強まっている。 予想を上回るカナダの雇用統計と原油価格の上昇を受けて、カナダドルも他の通貨をアウトパフォームしました。

ドイツ銀行のアラン・ラスキン氏は、雇用報告後のリポートで、FRBがインフレ率の大幅なオーバーシュートに積極的に反応するのを妨げるものはほとんどないと述べた. 「雇用統計は当局に(タカ派の)裁量権を与える。経済が堅調である限り、政策を変更するインセンティブはない」と彼は述べた。

ドルは円に対して小幅上昇を続けている。 一時は145.44円でした。 ニューヨーク時間午後 4 時 15 分現在、ドル/円は 0.2% 上昇して 1 ドル 145.37 円となりました。 ユーロはドルに対して 0.5% 下落し、1 ユーロあたり 0.9738 ドルになりました。

現在、145.25 はレジスタンスのように見えます

ドル円現物相場(白線)と9月22日終値(橙点線)

出典:ブルームバーグ

ニューヨーク原油先物は5日連続で上昇。 週ベースでは、3月初旬以来の高値となった。 マクロ経済の不確実性が高まっているにもかかわらず、供給見通しはさらに悪化していました。

先物月間の価格差であるタイム スプレッドは、OPEC と主要な非加盟石油生産者のグループである OPEC プラスが今週、大幅な減産を発表する前から不足していました。 提案されました。

燃料卸売業者 TAC Energy のアナリストは次のように述べています。 いいえ」と彼は顧客への報告書で述べた。

アライアンスによる生産削減により、市場はさらに引き締まる

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)の11月のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物取引は、前日より4.19ドル(4.7%)高の1バレル92.64ドルで取引を終えた。 1週間で16%以上上昇した。 ロンドン ICE の北海ブレント 12 月限は、この日 3.50 ドル上昇して 97.92 ドルとなった。

ニューヨークの金価格が下落。 スポット価格はオンスあたり1,700ドルを下回りました。 売りは、連邦準備制度理事会がタカ派的な政策軌道を維持することを示唆する米国の雇用報告書の依然としてタイトな労働市場によって支えられました。

.