[U.S. Market]株価急反発、インフレ期待の高まりが響く-ドルは148円台後半 – Bloomberg

[U.S. Market]株価急反発、インフレ期待の高まりが響く-ドルは148円台後半 - Bloomberg

14日の米国株式市場は急落。ミシガン大学消費者信頼感指数が1年ぶりに上昇インフレ期待は 7 か月ぶりに上昇し、今後 5 年から 10 年のインフレ期待もわずかではあるが上昇し、大幅な低下となった。

ドルは主要通貨に対して軒並み上昇した。 円は一時1ドル=148.86円まで32年ぶりの安値まで下落。 鈴木俊一蔵相は「急激で一方的な動き」を指摘しており、ドル/円相場は一時低迷した。

  • 米国株はインフレ期待の高まりで急激に反発し、一部の銀行は利益を得る
  • 米国債は下落、10年物利回りは4%下落
  • 1ドル=148円台後半、32年ぶり安値~ポンド安
  • NY原油が急反発、今週も下落
  • 継続的なタカ派政策の見通しの中で、金は引き続き下落し、7月以来最大の毎週の下落

S&P500種株価指数は前日比2.4%安の3583.07。 ダウ工業株平均は 403.89 ドル(1.3%)下落して 29,634.83 ドルになりました。 Nasdaq Composite と Nasdaq 100 はそれぞれ 3.1% 下落しました。

インフレ期待の上昇は、FRB にとって懸念材料となる可能性があります。 前日の米国消費者物価指数(CPI)コア指数は40年ぶりに大幅に上昇したことが示されました。

フェデレイテッド・エルメスのチーフ株式市場ストラテジスト、フィル・オーランド氏は、「昨日の取引は市場で素晴らしい上昇を見たが、それは完全に間違っていた. 「今朝の米国消費者信頼感指数は最近の経済発展と一致しており、それを反映して株価は下落した。

ファースト・アメリカン・トラストのジェリー・ブラークマン最高投資責任者(CIO)は「米国の金融政策の方向性の手がかりを得るために、多くの投資家がインフレを注視している。 「しかし、消費者物価指数と失業率は、経済が過熱していることを明確に示しています。

  JPモルガン・チェースとウェルズ・ファーゴの株価は、第3四半期の決算発表後に上昇した。 UnitedHealth Group は業績予想を引き上げるなどの追い風を受けて買収されました。

ニューヨーク時間午後 4 時 18 分現在、10 年国債利回りは米国債市場で 7 ベーシス ポイント上昇して 4.02% になりました。 2 年物国債利回りは再び 4.5% に近づきました。

外国為替市場でポンド急落 英国のクワルテング財務相解任、法人税増税凍結へ撤退は売り上げの急増を引き起こした。 ドルは対円で上昇を続けています。 しかし、鈴木財務相は声明で、円は「これまでにない急速で一方的な動き」を見せており、ドル/円の為替レートは低迷していると述べた。

鈴木財務相は、NY市場での円ドルの伸びは「急速で一方的な動き」だと語る

10 の主要通貨に対するドルの動きを追跡するブルームバーグ ドル スポット インデックスは 0.7% 上昇しました。 ニューヨーク時間午後4時18分現在、ドルは対円で1%高の148.65円。 ユーロはドルに対して 0.5% 下落し、1 ユーロあたり 0.9727 ドルになりました。 ポンドは対ドルで1.3%安。 一時は1.5%下落した。

マネックス・ヨーロッパの外国為替アナリスト、サイモン・ハーベイ氏はリポートで、「著名な保守党議員がトラス首相の辞任を求めているといううわさの中で、トレーダーにとって週末のリスクは非常に大きい」と述べた。 示す。 「首相が辞任すれば、経済的および政治的基盤は将来的により安定するだろうが、短期的な不安定性は英国への投資と英国への信頼を妨げるだけだ」と彼は述べた。

ニューヨークの原油先物は急落。 週ベースで、株価は 7.6% 下落し、前週の上昇の一部を失いました。 世界的なインフレ抑制の動きと中国の需要低迷により、市場の見通しは悪化しました。 これらの懸念は、主要な石油生産者からの供給が減少するという見通しを上回りました。 今週発表された米国の CPI コア指数は 40 年ぶりの高値を記録し、FRB は積極的に利上げを続けるしかないのではないかという憶測が広がっています。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物11月限は、前日より3.50ドル(3.9%)安の1バレル85.61ドルで引けた。 12 月契約のロンドン ICE 北海ブレントは 2.94 ドル下落して 91.63 ドルになりました。

オアンダの上級市場アナリスト、エド・モヤ氏は、「石油需要に関する主要な話はすべて、石油にとって非常に弱気になっている。

石油輸出国機構(OPEC)のエネルギー調査責任者であるステイシー・モリス氏は、「先週の急騰に続き、今週の原油価格はニュースの売りに押されている」と述べた。・生産国彼は、この会議が供給側にいくらかの明確さをもたらし、「景気後退の恐れとそれに伴う需要への影響が引き続き焦点となるだろう」と述べた。

米国の先物市場は、世界的な景気減速の懸念によって圧迫されています

WTI原油週次変化率

出典:NYMEX

ドル高に伴い、金価格は下落を続けた。 今週の一連の経済指標により、FRB のタカ派政策が続くとの期待が強まりました。 金スポット価格は、7 月以来最大の週次下落に急落しました。

スポット価格は、ニューヨーク時間午後 3 時 55 分時点で、前日から 1.4% 下落した 1 オンスあたり 1,642.49 ドルでした。 ニューヨーク・マーカンタイル取引所(COMEX)の12月の金先物は1.7%安の1,648.90ドルで取引を終えた。

.