[U.S. Market]株価は年初来安値を更新、CPI先行-ドルは一時146.97円 – Bloomberg

[U.S. Market]株価は年初来安値を更新、CPI先行-ドルは一時146.97円 - Bloomberg

12日の米国株式市場は下落。 13日に発表された米国の消費者物価指数(CPI)がムードを盛り上げた。 ドル/円はドル買いと円売りが進み、146円台後半まで徐々に上昇。 一時は146.97円でした。

  • 米株下落、議事録は一時上昇も最終局面で失速-CPI先送り
  • 米国債は上昇、10年物利回りは3.89%に低下
  • ドル/円は一時146.97円~黒田総裁は金融緩和継続を表明
  • ニューヨーク原油は3年連続で下落、米国のPPIは追加の利上げを示唆
  • 金スポットの上昇、FOMC議事録決定、先物リバウンド

S&P 500 指数は前日から 0.3% 下落して 3577.03 となった。 終盤にかけてマイナス圏に陥り、6日連続で下落した。 これは 2020 年 11 月以来の安値の終値でした。ダウ ジョーンズ工業株平均は 28.34 ドル、または 0.1% 下落して 29,210.85 ドルになりました。 ナスダック総合指数は0.1%安。

9 月 20 ~ 21 日の連邦公開市場委員会 (FOMC) の議事録で、一部の人々が引き締めのペースを調整することが重要であると述べたことが示された後、株式は一時的に上昇しました。 ありましたが、勢いが続きませんでした。

FOMC 議事録サポート率が制約レベルまで上昇 – 調整を求める声 (1)

アルパイン・ウッズ・キャピタル・インベスターズのサラ・ハント氏は、「市場はFOMC議事録を待っていたよりも、明日のCPIを待っている. 彼女は、「議事録での『調整』という文言にはいくらか安心感があるかもしれないが、これまでの利上げの速度を考えると、利上げが停止とまではいかなくても、減速する可能性があるとは信じがたい」と述べた。 . それは無責任だろう」と彼は言った.

米国の生産者物価指数 (PPI) は、9 月に予想よりも速く上昇しました。 水曜日に発表された 9 月の米国の CPI は、不安定な食品とエネルギーを除くコア CPI が 40 年ぶりの高値に再び戻ると予想されます。

9 月の米国生産者物価指数は予想を上回りました。 FRBへの圧力は続く (3)

住宅賃料の上昇が続く中、米国のコアCPIは40年ぶりの高値に再び加速すると予想される

モルガン・スタンレー・グローバル・インベストメント・オフィスのモデル・ポートフォリオ構築責任者、マイク・ローウェンガート氏は、「価格は依然として高いため、商品やサービスの価格がPPIで上昇するのは驚くことではない. 報告書で指摘した。 「FRBにはまだやるべきことがたくさんあることは確かであり、明日のCPIがより高い数値に達した場合、一部の投資家はインフレ減速への道のりがどれほど長くなる可能性があるかを理解するだろう. 始めるのは驚くべきことではありません。」

米国債は上昇。 ニューヨーク時間午後 4 時 22 分現在、10 年債利回りは 5 ベーシス ポイント低下して 3.89% になっています。

ドル円は1998年の高値に近づく

ドル/円の為替レート

出典:ブルームバーグ

ドルは外国為替市場で下落した。 これは、利食い活動と FOMC 議事録のリリース後の国債利回りの低下が一因となっています。 ポンドは対ドルで上昇。 英国のトラス首相は、財政政策のさらなる転換を示唆する可能性があると、ポリティコは報じた。

円は 10 の主要通貨に対して下落し、ドルに対して 24 年ぶりの安値を付けました。 日銀の黒田東彦総裁は、金融緩和を維持すると述べた。

日銀は金融緩和継続が必要 黒田総裁訪米で再確認(2)

ドル/円がここから急激に上昇した場合、「介入が再び行われる可能性がある」と、ナショナルオーストラリア銀行(NAB)の為替戦略責任者、レイ・アトリル氏は述べた。

10の主要通貨に対するドルの動きを追跡するブルームバーグドルスポットインデックスは、0.1%未満の下落でした。 ニューヨーク時間午後4時23分現在、ドルは対円で0.7%高の146.87円。 ユーロはドルに対して 0.1% 下落し、1 ユーロあたり 0.9701 ドルになりました。 ポンドはドルに対して 1.1% 上昇し、1.1088 ドルになりました。

ニューヨーク原油先物は3日連続安。消費者物価指数は予想を上回る伸びを示し、利上げ継続への懸念が高まった。 本日発表された FOMC の議事録は、金利を抑制されたレベルに引き上げることへの支持を示しました。さらに、石油輸出国機構 (OPEC) は、第 4 四半期 (第 4 四半期) に 1 日あたり 900,000 バレルの世界需要の増加を予測しています。以下訂正。

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)のウエスト・テキサス・インターミディエイト(WTI)先物11月限は、前日より2.08ドル(2.3%)安の1バレル87.27ドルで取引を終えた。 12 月契約のロンドン ICE 北海ブレントは、1.84 ドル下落して 92.45 ドルになりました。

BOKフィナンシャル・セキュリティーズのシニア・バイス・プレジデント、デニス・キスラー氏は、「インフレは依然としてほとんどのトレーダーの頭に浮かぶ問題だ。 近くの物体に圧力をかけています」と彼は言いました。

金スポット価格は上昇した。 米国のPPIとFOMC議事録発表後、今後の利上げの軌跡を見たいというムードが強まり買われた。 議事録によると、FOMC 当局者は、制約的な水準までの短期的な利上げを支持した。 同時に、利上げペースの調整の重要性を指摘する声もあった。

ヘレウス・プレシャス・メタルズのシニア・トレーダー、タイ・ウォン氏は議事録のメモで、「市場はハト派の兆候を探しており、『修正』という言葉に注目している」と述べた。

ニューヨーク時間午後2時39分現在、スポット価格は0.5%上昇して1オンスあたり1,674.05ドルでした。 一方、ニューヨーク商品取引所 (COMEX) の 12 月の金先物は、FOMC の議事録が発表される前に、0.5% 安の 1,677.50 ドルで取引を終えました。

元のタイトル:S&P は、CPI データが迫り来る中、今年の新たな安値を記録: マーケット ラップ (抜粋)

.