[U.S. market]株は7月以降急騰、国債利回り急落-144円台後半 – Bloomberg

[U.S. market]株は7月以降急騰、国債利回り急落-144円台後半 - Bloomberg

3日の米国株式市場は急反発。 9 月の ISM 製造業指数の弱さは、過度の金融引き締めに対する懸念を和らげ、米国債利回りを押し下げました。

ドル/円は前営業日からほぼ横ばいの144円台後半。 東京時間から欧州時間にかけて一時145円前後で推移した後、暴落。

  • S&P 500 は 7 月以来急上昇、ダウ平均は 765 ドル高
  • 米国債利回りは急落、10年債は3.65% – 5年債は一時的に30bp下落
  • ドルは144円台後半まで上昇、ポンドは上昇。
  • ニューヨーク原油反発、7月以来の高値急伸-OPECプラス減産検討
  • ニューヨークの金は急上昇を続け、米国の債券利回りは低下

S&P 500 指数は週末に 2.6% 上昇して 3678.43 となり、7 月以来最大の上昇となり、指数の約 95% の株式が上昇しました。 ダウ工業株平均は 765.38 ドル、または 2.7% 上昇して 29,490.89 ドルになりました。 ナスダック総合指数は2.3%上昇した。

9月のISM製造業指数は予想以上に下落し、2年以上ぶりの低水準となった。 より積極的に金利を引き上げる緊急性は後退した。

米国のISM製造業指数は2年以上で最低水準に達し、受注は再び縮小 (2)

ミラー・タバクの首席市場ストラテジスト、マット・メイリー氏は「市場は売られ過ぎでセンチメントは非常にネガティブであるため、急激な上昇であってもいつでも上昇する可能性がある」と述べた。 指摘した。 「しかし、この弱気市場で最後の底を打つ前に、さらなる反動が予想されます。 株式はまだ景気後退を十分に織り込んでいない」と述べた。

米国債は急騰。 5 年債の利回りは一時的に 30 ベーシス ポイント (bp、1 bp = 0.01%) 低下しました。 ニューヨーク時間午後 4 時 17 分現在、2017 年の債券の利回りは 20 ベーシス ポイント低下して 3.89% になりました。 10年債利回りは18ベーシスポイント低下して3.65%となった。

エコノミストのエド・ヤルデニ氏は、FRBは11月の利上げを受けて引き締めキャンペーンの終了を検討すべきだと述べた。 大幅な利上げ、強いドル、量的引き締めによる金融市場へのストレスは、当局が金融の安定を最優先事項とするべきところまで来ている、と彼は付け加えた。 彼は「絆自警団」などの造語で知られています。

外国為替市場では、ドルは総じて下落した。 債券などの資産価格は、ISM 製造業指数が市場の期待を下回った後、上昇しました。 一方、原油価格の上昇は資源国の通貨を下支えした。 ポンドが上昇。 英国のクワルテング財務相は、所得税の最高税率を引き下げる提案を撤回した。

英国首相、最高所得税率の引き下げを撤回。 首相への支援は続く (5)

主要10通貨に対するドルの動きを追跡するブルームバーグドルスポット指数は0.5%下落した。 ニューヨーク時間午後4時18分現在、ドルは対円でほぼ横ばいの144.70円。 朝方、ドルは一時144.16円まで売られた。 ユーロはドルに対して 0.2% 上昇し、1 ユーロあたり 0.9824 ドルになりました。 ポンドはドルに対して 1.4% 上昇し、1.1321 ドルになりました。

ニューヨーク原油市場は反発した。 5%強上昇し、7月以来の高値となった。石油輸出国機構(OPEC)とOPEC以外の主要産油国で構成される「OPECプラス」による減産の可能性を背景に供給逼迫への懸念が強まっている。

OPECプラスは、水曜日の会合で、1日あたり100万バレル以上の減産について話し合うことができる、と代表者は述べた。

USバンク・ウェルス・マネジメントのシニア投資戦略ストラテジスト、ロブ・ハワース氏は「OPECが日量100万バレルの減産を検討している一方で、在庫は依然としてかなり逼迫しており、独自の生産目標を押し進めているという事実は大きな問題だ」と述べた。 . 要件を満たしていないという事実は、市場にとって驚きです」と彼は言いました。

生産者の行動の可能性の高まりが最近の価格下落を食い止める

ニューヨーク・マーカンタイル取引所(NYMEX)で11月に引き渡されるウェスト・テキサス・インターミディエート(WTI)先物は、4.14ドル(5.2%)上昇して1バレル83.63ドルとなった。 ロンドン ICE 北海ブレント 12 月の受渡しは、3.72 ドル上昇して 88.86 ドルになりました。

ニューヨークの金市場は上昇を続けた。 米国債利回りの低下により、金は利子を生まないため、比較的魅力的な投資対象となっています。 世界的な中央銀行の引き締めが景気後退につながる可能性があるという懸念と、債券利回りがピークに達した可能性があるという見方も重視されました。

TDセキュリティーズの商品ストラテジスト、バート・メレック氏は、「金価格は下落傾向が強まっている」と述べた。 「10月に入っても、金の降伏リスクは依然として高く、強力なデータは米国の金利がより積極的な軌道に乗っていることを示し続けている」と述べた。

.