[U.S. market]株は底入れ、ハイテク懸念は後退、ドルは129台半ばに – Bloomberg

25日の米株式市場は下落を埋め合わせ 前日の引け後、マイクロソフトのクラウド事業収益は鈍化見通しの発表を受けて朝方は売られたが、日中は安値圏から大きく離れて引けた。

株式 終値 前営業日比 変化率
S&P 500 株価指数 4016.22 -0.73 0.0%
ダウ工業株平均 33743.84 9.88 0.0%
ナスダック総合指数 11313.36 -20.91 -0.2%

S&P 500 株価指数はほぼ変わらずに終了しました。 株価は一時1.7%下落した。 引け後に決算を発表したテスラも、通常取引終了後の時間外取引で苦戦しています。 利益と売上高は予想を上回りましたが、キャッシュフローは予想を下回りました。

ネーションワイドの投資調査責任者、マーク・ハケット氏は「強気派と弱気派の綱引きが続いている。 一方、市場には魅力的な分野がいくつかあり、株価の上昇につながる可能性があります。」

JPモルガン・チェースのマルコ・コラノビッチ氏は、経済が下降に向かっている時に株価が上昇しており、下落の準備が整うだろうと語った。

株価が上昇して減速し、「衝突」し、売りの準備が整う、とコラノビッチは言う

トレジャリー・パートナーズのリチャード・セイパースタイン氏は、株式市場へのエクスポージャーを減らすために回復局面を利用すべきだと述べた。 米国の金融引き締めによる経済成長の鈍化とそれによる企業収益への影響は、今後数か月で株価に織り込まれる可能性が高いと同氏は述べた。 今後、インフレが減速し、経済成長が鈍化するにつれて、マージンは引き続きリスクにさらされます。」

米国債

米国債、主に短期債が上昇した。 荒い動きが一日中続いた。

国債 最新の価格 前年比 (bp) 変化率
米国30年債利回り 3.60% -0.57 -0.2%
米国10年国債利回り 3.45% -0.56 -0.2%
米国 2 年国債利回り 4.13% -8.12 -1.9%
米国東部時間 16:47

外国為替

ドル指数は外国為替市場で下落した。 これは、FRB が近い将来に利上げを停止するとの憶測に基づいています。 カナダドルは約1週間ぶりに急落。 カナダ銀行は、市場の予想通り0.25ポイントの利上げを行い、これまでの急速な金融引き締めの影響を評価するために利上げを延期することを示唆しました。

カナダ銀行は、予想通り金利を 25 ベーシス ポイント引き上げました。

アンドリュー・ケルビンを含むトロント・ドミニオン銀行のアナリストは、今日の利上げは予想通りであり、「より注目すべき展開」が今年後半の利上げのハードルを高めたと述べた。 .

円は対ドルで上昇し、129 円台半ばまで達した。 脱出需要に支えられています。 一時期129.27円でした。

マネーオーダー 最新の価格 前営業日比 変化率
ブルームバーグ ドル インデックス 1220.87 -3.55 -0.3%
ドル/円 ¥129.60 -0.57円 -0.4%
ユーロ/ドル $1.0917 $0.30 0.3%
米国東部時間 16:47

原油

ニューヨークの原油先物は変わらず。 中国需要回復への期待と米国経済の先行き懸念が入り交じり、日中は先行き不透明な展開となった。

みずほ証券の先物担当ディレクター、ボブ・ヨーガー氏は、米国の原油在庫の増加と相まって経済懸念が原油価格の重しになっていると述べた。 エネルギー情報局 (EIA) のデータによると、先週の原油在庫は 533,000 バレル増加しました。 増加幅は予想より小さかったものの、在庫は6月以来の高水準を維持した。

3 月のニューヨーク マーカンタイル取引所 (NYMEX) のウェスト テキサス インターミディエイト (WTI) 先物は、前日から 2 セント (0.1% 未満) 上昇した 1 バレル 80.15 ドルで取引を終えました。 ロンドン ICE 北海ブレントの 3 月の受渡は 1 セント、または 0.1% 未満の 86.12 ドルで取引を終えた。

お金

ニューヨークの金市場は上昇を続けた。 金スポット価格は朝の取引で 0.9% 下落しましたが、その後急激に反発しました。 市場の注目は、米国の利上げ軌道を示唆する可能性のある経済データに向けられています。 26日には昨年第4四半期(10~12月)の米国の実質国内総生産(GDP)が発表され、27日には米連邦準備制度理事会(FRB)が使用する個人消費支出(PCE)物価指数が発表された。インフレ指標として発表されました。 なれ。

PCE物価指数は減速すると予想され、FRBのさらなる利上げ意欲への影響はない

Comtrens Risk Management Services のディレクターである Gnanasekar Thiagarajan 氏は、「多くの投資家は、米国の利上げペースが鈍化している一方で、今週の米国の成長データを前に大きな賭けをすることに気が進まない。 将来への期待が金価格を押し上げている」と語った。

ニューヨーク マーカンタイル取引所 (COMEX) での 4 月納品の金先物は、前日から 7.20 ドル (0.4%) 上昇の 1 オンス 1,959.40 ドルで取引を終えました。

.