U-23代表 攻めの野球を見せてNTT東日本を快勝 石井監督「新しい侍ジャパン野球を見せたい」|U-23代表 U-23 | チームレポート

U-23代表 攻めの野球を見せてNTT東日本を快勝 石井監督「新しい侍ジャパン野球を見せたい」|U-23代表 U-23 | チームレポート

チームレポート

2022 年 10 月 10 日

10月10日、「第4回WBSC U-23ワールドカップ」(10月13日から台湾で開催、以下U)に出場する侍ジャパンU-23代表の強化合宿3日目。 -23ワールドカップ)がNTTで開催されます。 東日本船橋グラウンドで開催されました。

この日の練習試合の相手は、昨年の都市対抗戦準優勝のNTT東日本。 2日目に対戦した東京ガス(昨年の都市大会優勝)に続く強豪チームとの試合でしたが、この日も勝利。
藤村哲之(東芝)が先発登板。 1回を三方退場に抑えると、2回に味方のミスや二塁打を打たれ、二、三塁でピンチとなるが、次を切り捨てる。内野ゴロでチームの流れをつかむ。
すると3回、No.1中川拓典選手(本田鈴鹿)が右中間を破った三塁打でチャンスを作ると、城野達也選手(西濃運輸)の右フライで侍ジャパンU-23代表に勝利。先頭。 その裏、藤村が二四球でピンチとなったが、NTT東日本の4番・侍ジャパン社会人代表候補の向山基央が右フライを打たれ、決勝まで無得点のままマウンドを去った。 3回目。

5回に無死二塁打を放った。 代打の相葉寛太(ヤマハ)が四球を選び、No.3 齋田海斗(TDK)が右フェンス二塁打でチャンスを広げる。 ここで、2日目4番手だった藤井拓海(四国銀行)がセンターオーバー二塁打を放ち、2点を追加。 前日のタイムリーな一掃に続いて、彼は期待に応えました。
6回に代打丸山壮志(ENEOS)の二塁打を放つと、橋本典之(大阪ガス)が1死から左前に運び4点目を挙げた。

4回から谷優希選手(白和ビクトリーズ)、澤柳亮太郎選手(ロキテクノ富山)、工藤亮太選手(信越野球部)、柳橋拓人選手(JR東海)がそれぞれ無失点。 つなげていきます。 8回に初登板した片山楽王選手(NTT東日本)は、同僚の井上大成選手を相手にいきなり本塁打を放つも、その後は1安打1四球と出塁したが、最後は1-0で逃げ切った。併殺で1失点。
最終戦はこの日も権田竜生(TDK)が締めくくり、4-1で勝利。 国内大会は連勝で終わった。

その後もU-23ワールドカップでの延長戦を見据え、タイブレーク(一塁二塁無敗から)を実施。 中村駿選手(NTT東日本)が前攻でバントせず二塁打を放って得点。 果敢な攻めを見せた(裏でタイブレークに追いつき、1-1でタイブレークを終えた)。

この日から国内強化合宿が始まり、11日には決戦の地、台湾入り。 12日、13日には現地で練習を行い、14日には初戦のドイツ戦(日本時間18時開始予定)を予定している。

監督・選手コメント

石井昭夫監督の作品

「ロングヒットにはもう一つ、求めているものがあります。 打者が強いので、相手の直球に負けないでほしいです。 (直前の合宿で)夜のミーティングでも「挑戦」というテーマについて詳しく話せたので、いい時間になりました。 “

藤村哲之(東芝)

「自分のチームでやってきた粘り強い投球ができました。 昨日、クオリティコントロールの島貴明さんから、飛び出しが多く、海外選手のスラッグにつながる可能性があるとのデータを聞きました。 私は最年長(大学2年生の早生まれ)だったので、投球中は周りを見て行動し、投球していないときは彼に良い影響を与えていました。 できることを願っています

齋田海人(TDK)

「(この日は3安打)体調の良し悪しは関係ない。 チームとして打席の順番が明確になっているのでやりやすいです。世界一を勝ち取りたいですし、個人としても優勝したいです」

澤柳亮太郎(ロキテクノ富山)

「(前日に続いて3選手全員を試合から遠ざけるための良いピッチング)はどんどん良くなっています。 社会人になってから最終回を任され、会社やチームに責任を持つという意識が成長につながっています。 (侍ジャパン入団)自分では無理だと思います。 ロキの皆様の応援のおかげで、ロキのために頑張りたいと思います。」

第4回WBSC U-23ワールドカップ

大会概要 参加選手

大会期間

2022 年 10 月 13 日~23 日

開幕戦

10月14日(金) 18:00 ドイツ – 日本
10 月 15 日(土)15:30 ベネズエラ – 日本
10月16日(日) 20:00 日本 – チャイニーズ・タイペイ
10月17日(月) 15:30 日本 – コロンビア
10月18日(火) 15:30 南アフリカ – 日本

スーパーラウンド

10月20日(木)~22日(土)

3位決定戦・決勝

10月23日日曜日

※開始時間は日本時間(台北:時差-1時間)

会場

台湾(台北)

参加国・地域

グループA
日本、チャイニーズ・タイペイ、コロンビア、ドイツ、南アフリカ、ベネズエラ

グループB
オーストラリア、キューバ、メキシコ、オランダ、プエルトリコ、韓国

.