SurLuster Garage Talk with Motorcycle Lovers」Vol.2 モトコルセグループ 代表 近藤真

SurLuster Garage Talk with Motorcycle Lovers」Vol.2 モトコルセグループ 代表 近藤真

白い外壁と大きなガラス扉が印象的な外観の店舗前には、入口左側にドゥカティの最新モデルが整然と並び、その上に「DUCATI」の看板が見える。 一見、ドゥカティの大型ディーラーのように見えますが、中に入ると、ここが単なるドゥカティのディーラーではないことがすぐにわかります。

Motocorse Museo は、Ducati のロゴ看板と店の前に並ぶ Ducati バイクによって、Ducati ディーラーであることを認識できます。 しかし、一歩店内に足を踏み入れると、希少価値の高いバイクがずらりと並び、特別なお店であることがすぐにわかります。

まず、右側の受付カウンターの奥にある巨大なドゥカティのバイクの写真パネルに圧倒されます。 そして店内中央にはドゥカティの新車がずらりと並んでおり、見慣れた方なら分かると思いますが、そこにはノーマルから大きく変わったモトコルセオリジナルのカスタムマシンが。

左手を見ると、壁に「BORGO PANIGALE」(イタリア・ボローニャにあるドゥカティ本社の名称)のロゴが入ったガラスで仕切られたコーナーがあり、ドゥカティのスーパーバイク、パニガーレが並んでいる。 (スーパーレッジェーラの超軽量で超高価なスペシャルバージョンを含む、なんと11台! )。

良質な中古車だけを扱うボルゴ・パニガーレには、希少なスーパーレッジェーラをはじめ、ドゥカティ・パニガーレがずらりと並んでいます。 「ここは、スーパーレッジェーラのすべてのモデルがこれほど多く入手できる世界で唯一の場所かもしれません。 集めるのが大変で、集めるのが目的ではありませんが、楽しいです」と近藤さん。 上質なパニガーレをお探しの方は是非一度ご来店ください。

ドゥカティのディーラーが 3 社あるモトコルセの本社であるモトコルセ ミュージアム (Museo はイタリア語で博物館) を訪れた人は、この段階で驚きやショックを受けるかもしれません。 . バイクに詳しい方は特に。

そして、ドゥカティ スクランブラーのパネル裏のスペースには、ビモータやバイルズ、アビントンなど、希少な逸品がたくさん並んでいることに気がつくだろう。

そしてタイミングが合えば、モトコルセグループ代表の近藤慎さんに会えるかもしれません。

超高額モデルから希少モデルまで、さまざまなバイクと、それらのバイクをさらなる高みへと導く宝石のようなオリジナルカスタムパーツを製造・販売するモトコルセグループのトップとして、近藤さんは生粋のバイカー。

近藤さんは、新型やコンプリートカスタムマシンをテストしながら、マイバイクでお客様とのツアーやイベントに参加し、バイクについての議論は尽きることがありません。 彼はまた、自分自身を愛し、楽しむライダーでもあります。 だから僕の乗っているバイクは曇りも汚れもないほどピカピカです。

「私は磨きマニアです。サーキット走行イベントの待機中、ブレーキレバーの付け根、ホース、配線、ブレーキキャリパー、チェーン、スプロケット、およびホイールベアリングの側面まで。爪を使って徹底的に磨きます。次の日、爪が浮いて痛くなります。」

今回近藤さんが試したのは、シュアスターワックスの最高峰モデル「マスターワークス」。 近藤氏によると、Surluster は常に Wax を選択していました。 マスターワークスのレビューを楽しみにしています。

好きなものしか持ち歩かない

モトコルセはバイクマニア向けのモデルしか扱っていませんが、その基準は非常にシンプルです。

「唯一の基準は、私たちがそれに満足しているかどうかです。 好きだから楽しめるし、お客さんにも勧められる。」

モトコルセが扱うバイクそれぞれの魅力を近藤さんに聞いた。

「ドゥカティは情熱がすべてです。 サーキットに特化したブランドでありながら、ツアラー、クルーザー、ストリートファイター、カジュアルなど用途に合わせて思いっきり楽しめるバイクを作るブランドでもあります。 ビモタ。 服で言えばオートクチュール。ボディからメカ、グラフィックまで徹底的に作り込まれている。だからこそ、それほど多くのユニットを作ることができず、希少性もある。 」

「Viles は、時間が経つにつれて愛着が増すバイクです。 4輪のシェルビーコブラをモチーフにしたアヴィトンは、バックボーンフレームにシェルビーコブラのフレームと同径のパイプを採用し、1647ccの巨大な空冷Vツインエンジンを搭載。 170kgの超軽量ボディに搭載されたモンスターです。」

モトコルセが取り扱うバイクについて、非常に簡潔に、しかしバイクの特徴を分かりやすく説明してくれました。 各モデルの詳細については、Moto Corse の Web サイトをご覧ください。

カワサキのNinja H2エンジンを搭載した新型Bimota TESI H2や、世界限定20台の20バイアル988エイリアンなど希少車がずらりと並んでいます。 .

超軽量ボディに巨大なS&S空冷Vツインエンジンを搭載し、スーパークラスの加速を発揮するアヴィトン。 押しの強さは他に類を見ないバイクです。

可愛い娘を他人の家に預けたくないですよね?

高価で美しいバイクを日常的に扱うMoto Corseでは、彼らは自分のバイクについてどのように感じていますか?

「大切なお車を愛してくださるお客様の気持ちに、どう真摯に応えていくかをスタッフ一同常に考えております。メンテナンスや修理で当店にご来店いただく際は、お客様として、できればご遠慮いただきたいと思っております。愛車を他人の家に預けるのも、可愛い娘を他人の家に預けるのも嫌。

モトコルセは手が届きにくい高価なバイクを扱っているため、常にその価値に見合ったカスタマーサービスとサポートを提供するよう努めています。 もちろん、店内に展示されているバイクはすべて美しく磨かれています。

「国内外のバイクショーにオリジナルのコンプリートバイクやカスタムマシンを出品していますが、エンジン以外は事前に解体しています。バイクを組み立てる際に磨ききれない部分があります。 分解して一つ一つ磨いて、そこから組み立て直して展示するからです。」

手間と時間がかかる作業ですが、Moto Corseではそれが日課であり、ショーに展示されているバイクだけでなく、お客様のバイクも同じ想いを持っています。

近藤さんとワックスの関係についてお伺いします。

私は幼い頃から、良いものに魅了されてきました。 だからシュアスターはワックスしかない!

幼い頃から、着るものや趣味など「いいもの」にこだわる近藤さん。 当時、自分に似合わないブランド品を買うのが好きだったという彼は、良い商品の満足度の高さに魅了されたという。

「約40年前、用品店のワックスコーナーでSulusterを見かけ、説明書をよく読んで購入しました。 それ以来、他のワックスを使用したことはありません。 その時、その言葉の響きの違いと上質さを感じました。」

近藤さんが持っている青い缶の代名詞、シュアスターの固形ワックス。 40年来の近藤さんの愛用品です。

当時は新車を買えなかったので、ずっと中古車が好きだったが、近藤さんは丁寧にワックスをかけて磨いていくうちに好きになったという。

「ワックスは消耗品ですが、ゴルフクラブや釣り具と同じで、楽しむための道具だと思います。自分で使う道具だからこそ、できるだけ上質な道具を選びたい。シュアスターワックス。そんな気持ちに応えてくれるものです。」

今回使用した修羅星の最高峰マスターワークスは、固形ワックスの原料として有名なカルナバワックスを通常よりも丁寧に精製。 化粧品にも使用されることから「化粧品級」と呼ばれる最高級の天然カルナバワックスを使用。

「こんな素敵なことがあったら、早く教えてください! いいものを使って、至福のひとときを過ごすのは幸せなことです。 したい

近藤さんは、マスターワークスを使って鮮やかなドゥカティレッドのスーパーバイク パニガーレのスクリーンとタンクを磨き始めました。

「水で濡らしたスポンジに少量つけると、のびがよく伸びます。 伸びが良いので、少量のワックスで十分です。 それもいい。」

「ワックス拭きクロス」で拭き取ると、透明感が増したように透明感のある画面になりました。 また、タンクのドゥカティレッドは、拭き取るたびにしっとりと濡れたようなツヤを帯びてきます。 そして最後に「鏡面クロス」を使えば、曇りがないように磨き上げられます。

ワックスを塗った部分を鏡面クロスで丁寧に磨きます。 「車と違い、形の違う面や隙間がたくさんあるので、5本の指を広げて、指先と手のひらをセンサーにして研磨面に布を当てます。 ピタッと溶け込み、隙間まで磨いてバイク全体をピカピカにしています」と、ワイピングのノウハウを教えてくれた近藤さん。

「画面もメーターも常にライダーの目線にあるので、すっきりして気持ちいいです。 そして注目したいのがメーター裏の部分。 しかし、この部分がきれいでないとがっかりしてしまいます。お客様のバイクのこの部分が、気付かないうちに汚れたままになっていることがあります。 そうすることで、キズのないピカピカになった自分のバイクをお客様に見ていただき、さらに磨きをかける楽しさと愛着を感じていただけるように心がけています。」

近藤さんは、指を置くメーター裏が思わず汚れてしまいがちだという。 彼は常にこれらの詳細を改良しているようです。

近藤さんにとって愛車との時間は、走る楽しさと同じくらい大切だという。 最近主流になっている使いやすい液体やスプレータイプのワックスに比べて、ワックスがけ前に水拭きをするなど独自のメンテナンス理論を踏襲した固形ワックスは、お手入れの手間と時間が楽しみになります。あなたの車。 執着心が増せば増すほど、愛着が増すと言われています。

MotoGP マシンの MOTO CORSE ステッカーを発見!

最後にトリビアを 1 つ。

先日、二輪車の最高峰ロードレース「FIM世界選手権シリーズMotoGP日本グランプリ」が栃木県のモビリティリゾートもてぎで開催された。

モト コルセはレースの世界に深く関わっており、MotoGP クラスの 12 チームのうち 9 チームが使用するイタリアの Capit 製タイヤ ウォーマーの日本総代理店を務めています。 バレンティーノ・ロッシ率いる「ムーニーVR46レーシングチーム」のMotoGP、Moto2マシンのアンダーカウルには「MOTO CORSE」のステッカーが貼られています。

地上やテレビでMotoGPのレースを見ていて気づいた方もいらっしゃると思いますが、「なぜMotoGPにモトコルセがあるのか​​?」

MotoGPチーム「Mooney VR46 Racing Team」のドゥカティ・デスモセディチGP22とMoto2マシンのアンダーカウルに貼られているおなじみのMCマーク・モトコルセのステッカー。 カウル先端だけかなり目立ちます。 (写真提供:モトコルセ)

その種を明かすと、イタリアには近藤氏の兄弟のようなイタリア人のダヴィデ氏が代表を務める「モトコルセイタリア」があり、イタリアならではのパーツを製作し、日本製のモトコルセパーツを扱っている。 やっているようです

そして、デビッドは「ムーニー VR46 レーシング チーム」と深い関係があり、チームのスポンサーを務めているという。

モト コルセのお客様は、おなじみの丸いモト コルセ MC マークが、MotoGP マシンに貼られていることを非常に誇りに思っているに違いありません。 これは、常にお客様のことを第一に考え、ストレスのないバイクライフを楽しみたいという近藤さんの思いの表れの一つなのかもしれません。

インタビューはこちら

記事で紹介したアイテム

サラースター

サラースター

取材協力:MOTO CORSE Museo

神奈川県厚木市堺3011
電話:046-220-1711
営業時間:10:00~19:00
定休日:火曜日
https://motocorse-museo.jp/

※本記事はシュアスターが提供したものであり、内容に関する著作権および責任は提供者に帰属します。 掲載内容は掲載日現在のものであり、将来においても真贋を保証するものではなく、掲載後の時間経過により内容に瑕疵がある場合もございますので、あらかじめご了承ください。