Sumo Logic Japan がパートナー プログラムを戦略的に強化 NEC グループの MSSP リーダーがインフォセックとパートナーシップ契約を締結 | Sumo Logic Japan株式会社のプレスリリース

継続的なインテリジェンスを提供するリーダーである Sumo Logic Japan 株式会社 (本社: 東京都千代田区、カントリー マネージャー: Robert Stephenson、Sumo Logic、https://www.sumologic.jp) は、本日、日本のパートナー。 業界をリードするNECグループのMSSP(Managed Security Service Provider)である株式会社インフォセック(本社:東京都港区、代表取締役社長:北風次郎、以下インフォセック)は、同プログラムを戦略的に拡大するため、は https://www.infosec.co.jp とパートナーシップ契約を締結しました. Sumo Logic が日本の MSSP とパートナーシップ契約を締結したのはこれが初めてです. Infosec はデータ資産を保護するための幅広いセキュリティ ソリューションとサービスを提供しています. 、およびこのパートナーシップ契約を通じて、Sumo Logic のクラウド SIEM (セキュリティ情報およびイベント管理) を利用したソリューションを開発および販売します。

相撲ロジックジャパン

インフォセック取締役兼CISO(最高情報セキュリティ責任者)の有松達彦氏は「インフォセックはセキュリティ監視サービス「InfoCIC」とプライベートSOC支援サービスを提供しており、深刻化するサイバー攻撃に対応するため、多種多様なログを効率的に分析していきます。今回の協業により、これまでサイバーセキュリティ対策の負担が大きかったSIEMなどのツール構築から、本来重要である分析・運用のレスポンスを高める対策へと移行していくものと考えております。 Infosec は Sumo Logic とのパートナーシップを深め、さまざまな顧客のセキュリティの課題と懸念を解決するために取り組んでいきます。」

Sumo Logic は、パートナー エコシステムを通じて MSSP、MSP (Managed Service Provider)、および MDR (Managed Detection and Response) を提供し、より優れたソリューションの提供、市場での差別化、収益性の高いビジネスの構築を支援します。 などのパートナー企業との長期的な信頼関係の構築を目指します。

Sumo Logic Japan のカントリー マネージャー、Robert Stephenson 氏は次のように述べています。 「Sec と提携してクラウド SIEM の価値を顧客に提供できることを嬉しく思います。これにより、現代のセキュリティの課題に迅速かつ費用対効果の高い方法で対処し、収益性が高くスケーラブルなサービスを顧客に提供できるようになります。」

マルチテナントおよび分散クラウドの構築と運用の専門家として認められている Sumo Logic は、構造化データと非構造化データをリアルタイムでネイティブに取り込み、インデックス付けし、分析する業界初の継続的インテリジェンス プラットフォームです。 それは提供します。 Sumo Logic の Continuous Intelligence Platform 上に構築されたクラウド SIEM ソリューションは、今日のセキュリティ オペレーション センター (SOC) が直面している課題に対処します。 当社独自のクラウドネイティブ、マルチテナント、エラスティック スケールのアプローチにより、セキュリティ、IT、および DevOps チームが分析とワークフローを接続して、セキュリティ ワークフローを妨げるサイロを打破することができます。

■株式会社インフォセックについて

インフォセックは情報セキュリティの専門企業として、専門性の高いセキュリティアナリストによるMSS(Managed Security Service)やセキュリティコンサルティング、インシデント対応など、お客様のセキュリティ対策をエンドツーエンドでサポートします。 お客様のさらなる成長と価値創造の基盤となる安全・安心なサイバー空間を実現するための情報セキュリティサービスを提供します。

Sumo Logic USA および Sumo Logic Japan について

Sumo Logic は、あらゆる規模の組織がデジタル トランスフォーメーション、最新のアプリ、およびクラウド コンピューティングを最大限に活用できるよう支援する新しいカテゴリのソフトウェアである継続的インテリジェンスのリーダーです。 アプリケーション、インフラストラクチャ、セキュリティ、および IoT データをリアルタイムで自動的に収集および分析する Sumo Logic の Continuous Intelligence Platform(TM) は、世界中の 2,100 を超える顧客に使用されています。 2010 年に設立された Sumo Logic は、米国カリフォルニア州レッドウッド市に本社を置いています。 詳細については、https://www.sumologic.com をご覧ください。

Sumo Logic Japan株式会社は、Sumo Logicの日本における継続的インテリジェンスプラットフォームのマーケティングおよびサポート拠点として、2018年に設立されました。 NTTデータグローバルソリューションズ、Moneytree、Coincheck、GREEなど様々な業界で利用されています。 詳細については、https://www.sumologic.jp をご覧ください。

所在地:〒101-0051 東京都千代田区神田神保町2-11-15 住友商事神保町ビル2F

代表者:ロバート・スティーブンソン

Sumo Logic は、米国およびその他の国における商標または登録商標です。 その他の会社名、商品名は、一般に各社の商標または登録商標です。

リリース日を含め、ここに記載されている提供物、更新、機能、またはその他の変更は、予告なしに変更される場合があります。 ここに記載されている提供物、更新、機能、または変更の開発、リリース、およびタイミングは、Sumo Logic の独自の裁量によるものであり、この情報を購入決定の根拠として使用したり、特定の提供物を使用したりしないでください。 将来のコンテンツ、更新、機能、または変更を提供することを表明、保証、または約束するものではありません。