Sportweek について: Italvolley、トレント フェスティバル、セリエ A の宝石

今週号では、バレーボールのアズーリ世界チャンピオンが前景にいます。 ただし、Sportweek はすべてスポーツの神話を中心に展開し、Gazzetta ブランドの kermesse の第 5 版を照らします。 そしてサッカー:ミレッティからバルダンジまで、ここに新しい才能が飛び立つ準備ができています. 最後に、無限の魅力を持つスタジアム、カンプ ノウの物語

24 年の時を経て、ようやくバレーボール ワールド カップがイタリアに戻ってきました。フェフェ デ ジョルジのブルースが、テレビで非常に人気のあった決勝戦でポーランドを破り、人々にバレーボールへの情熱を再認識させました。 Sportweek は今週の表紙をキャプテン Giannelli の代表チームに捧げることに失敗することはできませんでした.過去 – 彼は言った シモーネ・ジャンネッリ – 私はたくさん泣きました. 今私は笑います, 私はいつも笑顔です, ​​なぜなら、これらの人たちと遊ぶことは楽しく,美しく,エキサイティングだからです. そして、金曜日の 23 にトレント スポーツ フェスティバルが開催され、デ ジョルジ コーチと、ミキエレットからラヴィア、アンザーニ、ジャンネッリまで、彼の部下たちが参加します。

まつり

そして、トレント フェスティバルは、Sportweek の今号の中心にあります。 9 月 22 日から 25 日まで、トレントはガゼッタ フェスティバルのおかげで世界のスポーツの首都となります。 「栄光の瞬間」が今年のテーマで、最も有名なチャンピオンが偉業と忘れられない瞬間について語ります。 フェデリカ・ペレグリーニからファビオ・カンナバーロまで、マーセル・ジェイコブスからサラ・シメオーニまで、ベベ・ヴィオからボブ・ビーモンまで…スポーツの歴史の中で、貴重な感情を与えてきたアスリートがいます。トレントでは、それらの勝利を追体験する機会があります。それらのすべてと。 スポーツウィークでは、ルード・フリットの必見のポートレート、ウォルター・ヴェルトロニが書いたジル・ヴィルヌーヴの思い出、Aチームのディレクターであるドメニコ・プロカッチとのインタビュー、1978年の青いデビスカップのテレビシリーズ.

フットボール

読むべきもう1つの挿入物は、ユースプラネットに捧げられたもので、セリエAで披露し、海外リーグでもスペースを獲得している有望なブルーボーイのまとめです. ミレッティからコロンボまで、バルダンジからオコリまで、コーチのマンチーニは安らかに眠ることができるでしょう。 青少年チームのコーディネーターであるマウリツィオ・ヴィシディはインタビューで、青少年サッカーの長所と短所について次のように説明しています。

カンプノウ

最後に、今週のスポーツウィークは、サッカーのアイコンとなった伝説のスタジアムの物語を締めくくります: バルセロナのカンプ ノウは 65 歳になります. 非常に強力なチーム、記憶に残る試合、比類のないチャンピオンをホストすることに加えて、バルカ スタジアムは、スペインで 3 番目に多くの人が訪れる博物館のおかげで、崇拝の場所でもあります。