[Special Project]エンジョイテニスで八神から世界へ~リコータイランドテニスクラブインタビュー (パート 2) | 京王スポーツプレス

審判員の育成とガバナンスの強化に努める。 また、八神テニスクラブでは、他のクラブ活動とは一線を画すユニークな活動も行っています。 学問とスポーツの両方で知られる八神テニスクラブと、そのユニークな取り組みについて伺いました。

慶應義塾大学体育会には、43部に加えて八神(通称・りこたい)があります。 矢上キャンパスを拠点とし、主に理工系の学​​生を対象としていますが、近年は文系の学生も多く参加し、ユニークな成果を上げています。 今回は、昭和13年に発足し、昨年の関東理工リーグで男女ともに好成績を収めた矢部硬式テニス部(テニス)に焦点を当てます。 この躍進の背景には、審判員の育成やガバナンス強化の取り組みなど、他のクラブ活動では注目されていない分野での成果がありました。 実は、男子主将の大野公義(商学部3年・日比谷)、女子主将の百武葵(理科3年・横浜共立学園)、関東理工連事務局長の村上亮介(三年)。コーチの畑田詩音さん(東京大学教育学部4年)の4名にお話を伺いました。

後編では、八神テニスクラブならではの取り組みについてお話します。

※写真提供:慶應義塾大学体育会八神テニス部

スポーツを「支える」人材の育成

――同時に審判活動の実績は?

博多:はい。 2020年の関東理工リーグの中止が決まった10月、まずやったのは公式審判資格の取得でした。 今テニスができないのなら、テニス界を「支える」ことに力を入れるべきだと思いました。 その結果、受験した16名全員が認定試験に合格し、リコタイはテニス審判員資格保持者数で日本一の大学テニス部となりました。 これらの実績が高く評価され、東京オリンピック・パラリンピックでは、クラブ会員のほぼ全員となる32名がテニス競技運営スタッフとして参加する機会を与えられました。

百武:昨年4月に開催されたJPTT正明森田杯という全国大会では、ボールパーソンなどの競技運営も手がけました。 私も大会に参加し、選手としてプレーするだけでは学べないことをたくさん学びました。 今後もこうしたスポーツを「支える」人材を育成し、その観点からも日本や世界のスポーツ界に貢献したいと考えています。

テニス審判員数日本一の大学テニス部

――「支える」という経験は、他の場面でどのように活かされていますか?

なんてこった: 43クラブ外の団体ですが、アセスメント、コーチングレフリー、オリンピックボウラーに関わる活動に力を入れており、自信につながっています。 自信を持ってプレーするのに役立ちます。

博多:スポーツ界の制度や人材からのサポートをアスリートとは違う視点で経験してきたため、メンバー一人ひとりが様々な人のサポートによってスポーツが成り立っていると感じ、練習の質も向上しています。 テニス自体の楽しみにも良い影響があったと思います。

JPTT森田正明杯の運営に参加した女子主将百武

八神から世界へ

――今後の目標や展望を教えてください。

なんてこった: うーん、私の短期的な目標は、今年の関東理工リーグで優勝することです。 しかし、リコタイランドが中長期的にさらに発展していくためには、部門の「国際化」に力を入れています。 ジュニアテニスの国際大会を主催し、選手や審判として国際大会で活躍するほか、部員構成に留学生が増えるとよいと思います。 そのため、多言語での広報活動も意識しており、近年は経済学部PEARLの在籍者も増えており、良い傾向だと思います。

百武:たとえば、昨年、ヤジエ リサさん(経済学 3、聖心インターナショナルスクール)は、英国の BBC WORLD NEWS に生放送と英語のインタビューで、リコ タイ クラブのメンバーとして出演しました。 TENNISの名前が広まり、世界中から多くの学生が慶應義塾に来てくれたら嬉しいです。

博多: そういう意味で、国際テニス連盟(ITF)が発行する国際学術誌「ITF Coaching and Sport Science Review」でリコ・タイの取り組みが紹介されたことは大きな成果でした。 国際テニス連盟は世界に211カ国が加盟しているので、少なくともその国のテニス関係者には「KEIO YAGAMI TENNIS」の存在が認知されていると思います。

――どのような取り組みが掲載されましたか?

博多:昨年から今年にかけての約1年間、全日本学生テニス連盟、関東理工大連合会の協力のもと、全国315大学を対象とした「大学テニス部ガバナンス調査」に取り組みました。 近年、日本の大学スポーツは、相次ぐ不祥事など、組織運営に問題を抱えるケースが多発しています。 大学体育会運営の自己評価シートを作成することにしました。 慶應義塾のリコタイテニスクラブが最初にプロトタイプを実践し、その実践事例は国際的に高く評価されました。

なんてこった: 部活は比較的人間関係の近い内輪で運営されているため、普段はあまり客観的に組織運営を見直すことがありませんでした。 しかし、今回開発した自己点検シートを使ってよく考えてみると、代表選手の選考基準や罰則の明確化・周知、事故防止、大会でのマニュアル策定・掲示などの項目があったことがわかりました。事故の。 まだまだ改善の余地があることに気づきました。 その結果、クラブ会員の 95% がガバナンスの改善を実感するまでに到達することができました。

百武:実はその後、部員が体調不良で練習中に倒れてしまう事故がありましたが、事故が起きたときのマニュアルを策定・共有することで、部員だけでも迅速に対応することができました。そこの。 できました。 リコタイランドはテニスを楽しむことを大切にしていますので、安全・安心な練習環境の確保には徹底的にこだわりたいと思っております。

博多:いかに安全に、楽しくスポーツを行うかは、世界共通の課題です。 しかし、プロスポーツ団体や全国スポーツ連盟(NF)のガバナンス強化に向けた取り組みにもかかわらず、課外活動との関連が強い学生スポーツのガバナンス強化については、驚くほど検討が進んでいません。 特に、大規模な組織を持つスポーツクラブが多い日本の学生スポーツ界では、このようなガバナンス強化への先駆的な取り組みが国際的な注目を集める要因になっていると思います。 増加。 慶應義塾が開発した自己評価シートは、アメリカのNCAAに加盟している海外の大学テニスクラブにも配布されました。 今後は、より広く利用できるように取り組んでいきたいと思います。

村上:慶應義塾のリコタイには、世界の学生スポーツの発展に主導的な役割を果たしていただきたいと思います。 日本では、学生テニスクラブと関東科学技術連盟に自己点検シートを配布しました。 現在、テニス以外の競技でも活用できるよう普及活動を進めています。

この取り組みは、国際テニス連盟が発行する国際学術誌「ITF Coaching and Sport Science Review」に紹介され、世界211カ国に発信されました。

――最後に両キャプテンから一言お願いします。

なんてこった:「エンジョイテニスで八神から世界へ」をテーマに、理工学を中心とした学術研究はもちろん、テニス競技やスポーツ文化の担い手として際立った存在になりたいと思います。

百武:今後も学校内外の様々な団体と連携し、リコタイにしかできない社会貢献に真摯に向き合ってまいります。 また、私たちの理念に共感してくださる高校生がひとりでも多くリコタイを目指してくださることを願っております。

「エンジョイテニスで八神から世界へ」

(聞き手:松田秀人、協力:慶應義塾大学体育会八神テニスクラブ)

慶應義塾大学体育会八上テニス部公式サイトはこちら→https://rikotaitenniskeio.wixsite.com/official-page https://rikotaitenniskeio.wixsite.com/official-page

.