PART 1: サッカーは壊れている | サッカー選手

[Short-Term Intensive Series]サッカーは壊れています。 修正する必要があります。[1 episode free]

サッカーは壊れています。 直さなきゃ–。 「お金がすべて」という風潮の結果、世界トップレベルのサッカーはスポーツとしての醍醐味をますます失いつつあり、プレミアリーグの解説でおなじみのベン・マブリー氏は危機感を募らせている. コロナショックによる経済の極限状況が顕在化した今こそ、改革を始める時です。 この 5 部構成のシリーズでは、クラブ シーン、代表チーム、そして人々を、イングランドとヨーロッパで本来あるべき健康状態に戻すためのソリューションを紹介します。

COVID-19 のパンデミックは、特に 21 世紀において、かつてないほど私たちの生活を脅かしています。

今後、生命と健康への差し迫った危険が過ぎ去った後でも、経済的影響は、ミクロ、マクロ、そして世界的に、何年にもわたって続く可能性があります。 実際、コロナ危機は世界中で政治的・社会的構造の不備を露呈させ、目先の利益を求める柔軟性のない固定観念や日和見主義によって広がった分断と不平等が崩壊の危機に瀕しています。 だからこそ、今こそ何が本当に必要なのかを精査し、根本的な変化を起こす時なのです。

サッカーも例外ではありません。 リーグは無観客で再開し、選手はマスクを着用してソーシャルディスタンスを確保し、監督はZoomなどのサービスでリモートインタビューを行うなど、「ニューノーマル」が始まった。 しかし、本当に注目に値するのは、欧州リーグが急遽再開した理由と根深い問題だ。

スコットランドのプレミアリーグとイングランドの下部リーグは財政的な理由でシーズンを中止することを選択しましたが、プレミアリーグ、チャンピオンシップ (イングランド 2 部リーグ)、さらには主要なヨーロッパのトップリーグでさえも同様に財政的に困難になっています。 顔のせいでやめられなかった。 もちろん、ヨーロッパのサッカーでお金が絶対的な権力を握っていることは新しいことではありませんが、問題の慢性化により、私を含め、ヨーロッパにルーツを持つ多くの人々は、コロナ危機の前から共通の基盤を共有してきました. という「不都合な」結論を出すに至りました

サッカー、特にトップレベルのサッカーは完全に壊れています。

その「危険」はどこへ行った?

おそらく、私たちの主張は、メジャー リーグの生中継を数か月待った人々の心に響かないでしょう。 確かに、技術的なレベルだけで言えば、今シーズンの UEFA チャンピオンズ リーグの最終ラウンドに到達したチームは、サッカーの長い歴史の中で最高です。 多額の資金、科学の進歩、グローバル化は、「正しく」適用された場合、実践、偵察、強化、戦術分析において驚異的な進歩をもたらしました。 過去 10 年間、バルセロナ、バイエルン ミュンヘン、マンチェスター シティ、リバプールなどのクラブは、これまで想像もできなかったレベルの完成度をピッチにもたらしてきました。

では、負担はどこに行ったのでしょうか。 UEFA チャンピオンズ リーグは長い間偽名でした。 この大会に参加するのに「リーグ」や「チャンピオン」である必要はありません。 私が大好きになった古い名前であるヨーロピアンカップでさえ、今では不快に感じています。 今シーズン、トーナメント史上初めて、トップ 5 のヨーロッパ リーグのクラブだけがトップ 16 に残りました。

スロットの偏った割り当て、有名なビッグ クラブの人気、および付随する賞金により、少数のクラブだけが利益を得るというサイクルが確立されています。 彼らはヨーロッパの最高のトーナメントを他のヨーロッパ人から奪いました。 その結果、グループ ステージは結果が明らかな紙の仕事のようになりました。

それでも「技術的な部分」は申し分ないですよね? もちろん、それは評価すべき点です。 しかし、戦術や組織力はあくまで付加価値であり、専門的な要素に過ぎません。 サッカーが世界で最も人気のあるスポーツだとしても、その事実を曲げることはできません。 最も明白で立派な純粋なスポーツの喜びは、その固有の危険性にあります。 次に何が起こるか、誰が勝つか、誰が勝つか、それはスポーツの予測不可能な要素にあるはずです。

そして、この「危険」こそが、気軽にスポーツ観戦を楽しむ視聴者や中立的な第三者を惹きつけるものなのです。 また、通常のエリートクラブ以外をサポートするすべての人にとって、夢を見ることは不可欠な部分です. 毎週優勝しているビッグクラブのサポーターでさえ…まあ、ビスケットが缶に入っていることを知っているとき、どれくらいの時間ビスケットに興奮できるでしょうか?

過去今年の並外れた偉業

この連載を書き始める数時間前、バイエルンはブンデスリーガで前例のない 8 連覇を達成し、11 連勝を達成しました。 もちろん、ハンス=ディーター・フリック政権の驚異的な進歩と、2012 年以来連続してタイトルを獲得し続けている圧倒的な支配力と安定性も称賛したいと思います。ドイツサッカーの歴史上、4 回以上優勝したクラブはありません。回連続。

バイエルンはリーグ連覇記録を8に更新。 その後も7月4日のDFBポカールで優勝し、過去8シーズンで5度目の国内二冠を達成。

ただ、今回の8連覇に強い懸念を抱いているのは、もはや偉業とは思えないからです。 ユベントスはセリエAで8連覇を達成しており、今シーズンは9勝に近づいています。 このような状況を踏まえ、今年2月、英紙「インディペンデント」のミゲル・デラニー記者は次のように指摘した。

“[These things]「スーパークラブ」の設立と資金の大幅な増加を特徴とする、過去 10 年間に起こったことです。」

●スペインで2度目の三冠
●ドイツ初の三冠
イタリア初の三冠
イングランド初の国内三冠
● フランスで 4 年間で 3 回の 3 冠
42年ぶりのチャンピオンズリーグ3連覇
・スペイン、イタリア、イングランドが史上初の100点突破
イタリア、ポルトガル、スコットランド、その他 7 つのヨーロッパ リーグで無敗の勝利
ヨーロッパの 54 リーグのうち 13 リーグで最長の連勝または最長の独占記録

最高に君臨するクラブに金が集中しているため、ヨーロッパ全体で「リスク」が慢性的に不足しています。 デラニーによれば、イングランドのチャンピオンの平均ポイントは 1990 年代の「79」から 2010 年代には「89」に上昇し、過去 4 シーズンで「100」に近づこうとしています。 . 他の主要リーグでも同様の傾向が見られます。 1990 年代には、イングランドの上位 4 チームに 13 チームがありましたが、2010 年代には 7 チームしかありませんでした。

問題はビッグクラブがどれだけ勝ち続けるかではなく、どうやって勝つかだ。 2010年代、英国の4クラブ(時代によってラインナップは変わる)による「3点差以上の勝率」は、20年前の12.6%から21.3%に上昇。 ドイツのバイエルン ミュンヘンは 16.3% から 31.8% に上昇し、スペインのトップ 2 は 20.5% から驚異的な 37.8% に跳ね上がりました。

それは確かに健康的ではありません。 まるでボールが蹴られる前に勝者チームまたはゲームの勝者が決まるかのようです。 そんな時代に、コロナ危機は欧州サッカー界の極限経済状況を浮き彫りにしました。 お金持ちのクラブでも生き残るためにはシーズンを再開せざるを得ず、残りのクラブはコケモモのようにこぼれ落ちて生き残ろうとしている。 だからこそ、修理が必要です。

この一連のプロジェクトでは、次の 4 つの問題について、かなり抜本的なものも含めて、改革案を提案したいと思います。

イングランドサッカー
UEFAチャンピオンズリーグ
●ナショナルチーム
●人

これらの提案のほとんどは、必然的に「富の再分配」につながります。 しかし、私でさえ単純な社会主義の理想主義が裕福なリーグやクラブを強制できるとは思いません。 彼らでも納得できる動機や利益を用意しておくべきです。 しかし結局のところ、私たちが愛するこのスポーツが繁栄し続けるためには、サッカーは常にすべての人のためのものであることを忘れてはなりません。 そのため、すべてのカテゴリのすべての試合で、真の競争と「リスク」が保証されている必要があります。

サッカーは壊れています。 修正する必要があります。

訳:田島大
写真:ゲッティイメージズ

プレミア会員になって、サッカー選手をもっと楽しもう!

プレミア会員の3つの特典

雑誌の最新号を入手する

電子雑誌が見放題

会員限定記事を読む

「フットバリスタ」最新号

フットボリスタ 2022年9月号 Issue092

11月、12月に開催されるワールドカップを控えた異例のシーズン カタール戦の幕開け[Special]ワールドカップの年に注目すべき60人[Special Ⅱ]ワールドカップから学ぶサッカーと社会

10日間無料キャンペーン実施中

プロフィール

ベン・メイブリー

1983年イギリス、サマセット州トーントン生まれ。 彼は、プレミア リーグ、UEFA チャンピオンズ リーグ、ベルギー リーグをカバーするサッカー コメンテーターです。 J SPORTS「Foot!」のプレミアリーグ解説者として今年で8年目。 DAZN「フットボールフリークス」レギュラーコメンテーター、スカパー! 彼は Football TimeLine のサッカー キュレーターであり、The Guardian や BBC などのイギリスのメディアに寄稿しています。 彼はオックスフォード大学を卒業しています。