[Niigata Memorial]荒い老馬の中距離重賞が得意です! 競馬ラボ

[Centlight Memorial]今日は元気そうなハコマルです!



Last year's Niigata Kinen ended in turmoil<br />写真提供:桂馬研” class=”imgYoko”/></p>
<p class=昨年の新潟記念は波乱に終わった
写真提供:競馬ラボ

新潟記念は過去10年間で6位から9位の人気を誇っています。 2 桁の本命馬も 5 頭がトップ 3 に入り、昨年の 12 番目の本命馬である Meiner Huanglon が波乱の重賞を獲得しました。

この夏の競馬で思うように結果が出なかった人でも、一気に優勝チームの頂点に立つ絶好のチャンスです。

とはいえ、この夏の競馬は人気馬の平凡な出走と不人気馬の激走で難航し、馬券がなかなか当たらないという声がSNS上で多数寄せられた。

競馬は必ずしも人気やデータに従って運営されるわけではありません。 データとはかけ離れた速攻馬が出てくるケースは後を絶ちません。

今年は春から人気の低迷が顕著。 そんな低空で飛行を続けるので、メインパーティは首をかしげるばかり。 また、ホールパーティとはいえ、通常のデータが当てはまらないので本当に困ります。

暑さに弱いと言われるサラブレッドにとって、夏の競馬は一年で最も厳しいシーズンです。 状態の良し悪しをよく見極める必要があります。

また、台風の襲来やゲリラ豪雨など、馬場を悪化させる予測不可能な不安定要因も多く、乱気流を繰り返す要因にもなっています。

特に今年は6月から猛暑日が続き、7月には全国的に線形降雨帯による未曾有の大雨が頻発する異常気象に見舞われました。

その結果、人気のある馬は平凡に走り、あまり人気のない馬はほぼ毎週暴走し、完全に手に負えなくなります。 特に老馬の中距離ルートはガチガチでラフ。

このような状況にもかかわらず、独自の分析眼と卓越した情報力を武器に、この夏の競馬では13戦8安打という高確率で速走馬を次々と見抜いてきた。 ポールホールベッター – 万田健太」.

常識が通用しないと嘆く競馬ファンにとって救世主といえる、まさに頼もしい「夏の競馬の最終兵器」です。

函館記念では人気4位のスカーフェイスが本命で3位。 そして七夕賞では迷わず人気6位のエヒトを推薦。

エヒトには「鉄板級」があった[Erase Material]つまり、「過去10年間で、1番目の内側のフレームと16番目の外側のフレーム(0-0-0-18)」。 この時点で、多くの人はそれを購入から外すか、保有の 1 つに変えるでしょう。

しかし、彼はそんなことは全く気にせず、エヒトを大胆に指名したことに驚くばかりだった。[great horse]候補馬。

それにしても、なんでこんな野生の馬が透けて見えるの? 彼がエヒトを推薦したコメントに鍵が隠されていました。

「こんなにオッズで買えるとは思いませんでした。 ここ2戦の着順は地味だが、戦ったメンバーは本物だ。 2戦前のAJCCは大阪トロフィー馬のポタジェに0.3秒差、前戦の京都記念はオークスのウバーレーベンと同タイムだった。 切り方次第で印象がガラッと変わります。 素人でも着順など表面的な数字に騙されてしまう。

特に前走では完全に馬の群れに囲まれ、瞬発力勝負に持ち込まれました。 だからこそ、必死に戦っている。 人が思っている以上の能力を持っていることがわかります。 そういう意味では、今回は淡々と流れそうなメンバーに加えて、揉まれるのが苦手なこの馬にとって大きなマイナスにはならないはずだ。 天気が崩れ馬場が渋っていればなお良し。

強敵を相手に好戦を繰り広げ、タイトな円陣を組んだ実績のある馬は54キロで出走できる。 自然と笑顔になります。 その上、勝地(田中将)も土曜日の本戦で馬券にとんでもない穴(14人気2位)をもたらした。 この勢いで日曜やるのかな? 』

わかりますか? 個々の馬の状態や馬場の状態など、様々な角度から的確な分析をもとに結論を出していますか?

他にも数多くの実績がありますが、下記をご参照ください。

[Achievements of Mandakenta]
・レオパードS

かふじおたごん(7人気1商品21.6倍)

・クイーンS
テルゼット(2人気16.7倍)

・函館記念館
スカーフェイス(4人気3 6.0倍)

・七夕賞
エヒト(6人気116.2倍)

・エプソムカップ
ガロア クリーク (8 人気 2 26.9 回)

・さつき賞
ジオグリフ (5本命、1勝、12.9回)

その他多数

夏の競馬もいよいよ最終章。 夏のロスなど馬の状態を的確に把握することが肝要な時期であり、南海地方では台風2号が猛威を振るうなど予断を許さない状況です。 、 言うまでもなく、勝利への近道となります。

二桁人気が多いレーストレンドに加え、今週は非常に馬場が読みづらく、それがきっかけとなりました。 今年も不意に待ち伏せ馬が殺到してもおかしくないですが、覚悟しておけば大丈夫!

万田健太のも取り入れられます[Ultimate Weapon of Summer Horse Racing][Two Gigantic Horses]馬券に入れ、難しいレースを攻略しましょう。 夏競馬の最終戦で優勝チームの頂点に立ちましょう!

記事の提供とPR 啓示の王