MotoGP: Honda 第15戦 アラゴンGP ファイナルレポート[F1-Gate.com]

MotoGP: Honda 第15戦 アラゴンGP ファイナルレポート

MotoGP第15戦アラゴンGPは、3戦連続の初戦となったが、オープニングラップの3コーナーでマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)がファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)と接触し、クアルタラロがクラッシュ。落下して機械に激突する。 トラブルに見舞われたマルケスは、7コーナーで中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)と接触し、中上は転倒してリタイア。 マルケスはピットに戻ってリタイアした。

マルク・マルケスはフリー走行と予選で好走を見せたが、FP3でのクラッシュの影響でQ1から予選を通過し、13番グリッドからのスタートとなった。 しかし、5列目から好スタートを切ったマルク・マルケスは、1コーナーで6位に浮上。 トップ5を追いかけていたが、ターン3でリアエンドがわずかにスライドし、一瞬スロットルを落とさざるを得なくなり、後ろにいたファビオ・クアルタラロがマルケスのRC213Vのリアに接触してクラッシュ。 やりました。

マルク・マルケスのマシンもこの衝撃でダメージを受け、マルク・マルケスは7コーナーと8コーナーの間で異変を感じ失速。 やりました。

このアクシデントにより、ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)ら後方のライダーが危険を回避しようとし、マルク・マルケスは1周目でピットインし、リタイアを決意。

このように、オープニングラップで2台のHondaがリタイアしましたが、予選17位からレースに挑んだアレックス・マルケス(LCR Honda Castrol)が12位、ポル・エスパルガロ(Repsol Honda Team)が中上貴晶でした。 転倒を避けるために大きく遅れをとったものの、15位に終わった。 完走したHondaライダー2名がポイントを獲得。

ホンダ勢としては悔しい結果となったが、気を取り直して連戦を戦う日本へと向かった。

アレックス・マルケス(LCRホンダ・カストロール)
「今日はウォームアップ中にミスをして大クラッシュしました。 スタートの1時間前でさえ、レースができるかどうかまだ確信が持てませんでしたが、チームは素晴らしい仕事をしてくれて、私のマシンはレースの準備ができていました. 簡単ではありませんでした。レースでは最初から順位を上げようと努力しました。最初から地元のファンの前で 100% プッシュしました。 楽しもうとしたし、悪いレースではなかったけど、思ったほどではなかったので、前進し続けなければならない」

ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)
「今日はとてもタフなレースでした。 こちらがカーボンファイバーでした。転倒したタカ(中上)をかわすのに時間がかかり、追いつくのに苦労しました。今夜は家に帰り、明日は日本に向かいます。日本グランプリのために。 私は気が変わるつもりです。 日本のファンの皆さんにまた会えるのを楽しみにしています。」

マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
「ライトが消えたとき、私の本能が働き、本当に良いスタートを切り、トップ5を争うことができました。 問題は、その時ファビオが私のすぐ後ろにいたことでした。レースの序​​盤に非常に接近するのは普通のことで、車を方向転換させたときにファビオと衝突するという不運がありました。 5ターン目は違和感から始まり、何が何だか分からず、7ターン目で中上さんに抜かれてハマってしまい、リアの仕掛けを作動させてしまいました。 試してみたら、リアがロックしたように感じて、それから一気に。 「私は引退することにしました。彼のレースが終わってしまったのは私のせいだったので、タカと彼のチームに謝罪しました。今日は彼とファビオに謝罪したいと思います。」

中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)
「残念ながら、今日は不運でした。 スタートは良かったのですが、最初のラップでアクシデントに見舞われました。 マルクと衝突して墜落。 右手の薬指と小指の傷を確認していきます。ファンの皆さんの応援には本当に感謝しています。ホームGPである日本GPに出場できるよう、回復に向けて頑張ります。」

このエントリをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / モトGP