MotoGP: ホンダ 2022 第 16 戦 日本 GP プレビュー[F1-Gate.com]

MotoGP: ホンダ 2022 第 16 戦 日本 GP プレビュー

2022年MotoGP(ロードレース世界選手権)第16戦日本GPが9月23日(金)~25日(日)の3日間、栃木県モビリティリゾートもてぎで開催される。 過去2年はコロナ禍で大会が中止されていましたが、今年は3年ぶりとなります。

もてぎは1999年に第1回日本グランプリを開催した。その後、2000年から2003年までの4年間、春に鈴鹿サーキットで日本GP、秋にもてぎでパシフィックGPの2戦が日本で開催された。 2004年からはもてぎのみでの開催となり、日本GPの舞台として定着。

Hondaチームが3年ぶりにホームGPに挑戦
日本GPは2010年から秋に開催され、シーズン終盤のタイトル決定戦として世界中のレーシングファンの注目を集めています。 3年ぶりの開催となる今年は、第15戦アラゴンGPから始まり、第17戦タイGP、日本GPに続く連戦となる。今シーズン最初の3レースシリーズ。

3年前、マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)は、日本GPに先駆けて開催されたタイGPで6度目の世界タイトルを獲得し、ワールドチャンピオンとしてHondaのホームGPである日本GPに凱旋した。 決勝では2016年、2018年に続いて3度目の優勝を果たした。また、この年はマルケスの活躍も大きく、日本GPでは4年連続で25回目のコンストラクターズタイトルを獲得し、日本のレースファンを喜ばせた。

今年はホンダにとって厳しい年となったが、3年ぶりの日本GPで復活に向けて大きな一歩を踏み出すことを期待したい。

前戦アラゴンGPで7戦を終えて復帰したマルク・マルケスは、フリー走行や予選を含めて3ヶ月半ぶりとは思えない走りを見せた。 好スタートを切ったレースは、オープニングラップの第3コーナーでリアタイヤがスリップし、その後ろで総合首位のファビオ・クアルタラロ(ヤマハ)が減速するマルケスに追突して転倒。 接触によりマシンにトラブルが発生したマルク・マルケスは、7コーナーから8コーナーにかけてハンドルが左側に持ち出されるトラブルに見舞われ、後方にいた中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)と接触。左、そして中上が倒れた。 やるハプニングの連続で。 マルケスは 1 周目でリタイアし、両ライダーに接触したことを謝罪した。

今大会、気を取り直して日本GPに挑むマルケスは、もてぎで数々の思い出深いレースを戦ってきた。 チャンピオンに輝いた2014年は2位で表彰台に立ち、2年連続でチャンピオンを獲得。 今年は15戦11勝でHondaのホームグランプリで初タイトルを獲得し、ファンも関係者も喜びに満ちた大会となりました。

2016年、再び日本GPがタイトル決定の舞台となり、マルケスはシーズン5勝目で2年ぶりのタイトルを獲得。 2017年は雨のレースで総合2位のアンドレア・ドヴィツィオーゾ(ドゥカティ)と激闘を繰り広げ、2位フィニッシュ。 その後、最終戦バレンシアで2年連続4度目のタイトルを獲得。

2018年は再びタイトルチャンピオンとして日本GPに参戦し、シーズン8勝を挙げて3年連続5度目の優勝を飾った。 2019年は前戦タイで9勝目を挙げて6度目の優勝、日本GPでは10勝目を挙げてコンストラクターズタイトルを獲得。

2020年スペインGPで骨折した右上腕の再手術後、今年は2度目のレースとなる。 .

ホームグランプリを控えた中上貴晶選手(LCR Honda IDEMITSU)は、前戦アラゴンGP開幕を前に来シーズンも参戦を表明。 今大会は今季最高のモチベーションで挑むが、前戦アラゴンGPのオープニングラップでマルク・マルケスと衝突して転倒し、右手の小指と薬指を負傷。 彼は地元の病院で手術を受けた。 今大会に向けて万全の状態ではないが、大会前日の木曜日にメディカルチェックを受け、出場が認められればベストを尽くす決意だ。

これまでもてぎでMoto2クラスに参戦していた2017年にPPを獲得し、決勝では6位に終わった。 MotoGPクラス初挑戦となった2018年は予選12位。 決勝ではレース中の接触によりコースオフ、その後も反撃し15位でフィニッシュ。 2019年は右肩を負傷し、予選13位、決勝16位。

ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)は、前戦アラゴンGPの難しい序盤を1周目に混乱でコースアウトし、15位でフィニッシュ。 ポイントを獲得するだけのレースでした。 開幕戦カタールGPで3位表彰台を獲得するも、その後は苦戦。 ここ数戦は結果に結びついていないが、各所で好走を見せており、今大会での活躍に期待がかかる。

もてぎでのエスパルガロの記録は、125ccクラスに参戦していた2009年に3位、2012年に2位、Moto2に参戦した2013年に優勝。 最高クラスでは2016年の6位が最高。 今年もさらなる高みを目指して頑張ります。

アレックス・マルケス(LCR ホンダ・カストロール)は、もてぎでこれまでに 3 勝しています。 2013年、2014年はMoto3、2017年はMoto2で優勝。プレミアクラスで手木を走るのは初めてですが、今シーズンもベストを目指して頑張っていきます。

アレックス・マルケスは前戦アラゴンGPでHondaライダー最上位の12位。 しかし、もてぎは大好きなコースなので、初めてのライドを楽しみにしています。

前戦アラゴンGPからの物流トラブルにより、金曜日の走行は午後に限定された。 通常、金曜日には45分のフリー走行が2回あるが、今年は金曜日のフリー走行が1回のみとなり、75分に延長される。

マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
「日本に戻ってくることができてとても興奮しています。 ホンダのホームレースです。 面白いサーキットだし、ファンは素晴らしい。 スケジュールの変更により、また2日半とても忙しい日々が続きましたが、アラゴンの後は気分が良くなり、日本での週末を楽しんで、私たちのやり方で完全に回復できることを願っています. これからもマシンの開発に取り組んでいきたいと思います。」

ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム)
「アラゴンは大変でしたが、ホンダに帰る予定です。工場を見学し、日本のファンに再び会うことは大きな励みになります。日本の雰囲気はいつも素晴らしいです。私たちをサポートしてください。私は仕事を続けます。」また、2013年にMoto2クラスで優勝したので、このサーキットは特別です。今年はもっと良い思い出を作りたいです。」

中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)
「転倒で腱を損傷したため、月曜日の朝に右手の薬指と小指の手術を受けました。手術は成功しましたが、もちろん痛みがあります。木曜日に医療を受け、金曜日に FP1 に参加する予定です。 . 準備ができていることを願っています.気分が悪いので、自分のレベルを把握する必要があります.もてぎでファンと一緒に良い週末を過ごしたいだけです.”

アレックス・マルケス(LCRホンダ・カストロール)
「まず第一に、アラゴンよりもうまくやらなければならない。レース前のウォームアップで大きなクラッシュがあった。左手にまだ痛みがあるが、少し良くなった。いつものように仕事をしなければならない」天気予報は雨か晴れなので100%です.興味深い週末になると思います.今回は金曜日の練習が1回しかないので特別です.素晴らしい週末になるでしょう.MotoGPを運転するのは初めてです.手木のマシンなので少しルーキー気味ですが、夏休みからかなりリズムが整ってきたので頑張ります。

このエントリをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / モトGP