MotoGP日本グランプリ、ジャック・ミラーがソロランで初シーズン優勝 Moto2 小倉愛が3位入賞 – Car Watch

MotoGP日本グランプリ、ジャック・ミラーがソロランで初シーズン優勝 Moto2 小倉愛が3位入賞 – Car Watch

ドゥカティ、KTMがMotoGPクラスで力を発揮

2022年9月25日、「2022 FIM MotoGP World Championship Series Round 16 MOTUL Japan Grand Prix」の最終戦がモビリティリゾートもてぎ(栃木県茂木町)で開催された。

MotoGPクラスでは、ジャック・ミラー(ドゥカティ・レノボ・チーム)がもてぎレースのベストラップを更新し、シーズン初優勝を飾りました。 日本人ライダーの中上貴晶選手(LCR Honda IDEMITSU)が20位、長島哲太選手(HRC Team)と津田拓也選手(Team SUZUKI ECSTAR)がリタイアとなった。

小倉愛選手(IDEMITSU Honda Team Asia)がMoto2クラス優勝。今シーズン3勝目。

Moto2クラスでは小倉愛選手(IDEMITSU Honda Team Asia)が今季3勝目を挙げました。 2006年、Moto2の前身であるGP250時代の青山裕和以来、16年ぶりに日本人ライダーが日本グランプリを制した。 Moto3クラスでは、佐々木歩夢選手(ステリルガルダ ハスクバーナ マックス)が3位表彰台を獲得しました。

小倉がMoto2で優勝、年間ランキング2位

Moto2クラス優勝 小倉愛選手(IDEMITSU Honda Team Asia)

予選14位の小椋愛(IDEMITSU Honda Team Asia)はオープニングラップで8ポジションアップ。 序盤はレースをリードしていたアロン・カネト(Flexbox HP40)が転倒し、首位争いに加わった。 日本GP初優勝で、年間ランキングトップのアウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)に2ポイント差をつけられた。 羽田大河選手(Pertamina Mandalika SAG Team)は17位でフィニッシュ。

Moto3

ポールポジションからスタートした鈴木達夫(レパード・レーシング)は、佐々木歩夢(ステリルガルダ・ハスクバーナ・マックス)ら4名でトップグループを形成するも、5周目にクラッシュしてリタイア。 その後、佐々木はトップグループで戦い、日本GPで初の3位表彰台を獲得。 年間ポイントランキングで4位をキープ。

8位は山中竜星(MTヘルメット・MSI)。 鳥羽海斗選手(CIP Green Power)はオープニングラップでクラッシュしてピットに戻ったが、トップから3周遅れの21位でレースを終えた。 浜田博宏(リバコールドスナイパーズチーム)は4周目にクラッシュしリタイア。

3位表彰台の佐々木歩夢(ステリルガルダ・ハスクバーナ・マックス)

Moto3クラス表彰式

MotoGPファイナルレース順位

ランク ライダー(チーム)
1 ジャック・ミラー (ドゥカティ・レノボ・チーム)
2 ブラッド・ビンダー (Red Bull KTM Factory Racing)
3 ホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング)
マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)
ミゲル・オリベイラ (Red Bull KTM Factory Racing)
6 ルカ マリーニ (ムーニー VR46 レーシング チーム)
7 マーベリック・ビニャーレス (アプリリア・レーシング)
8 ファビオ・クアルタラロ (Monster Energy Yamaha MotoGP)
9 エネア バスティアニーニ (Gresini Racing MotoGP)
マルコ・ベゼツキ (ムーニー VR46 レーシングチーム)
20 中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)
DNF 津田拓也(Team SUZUKI ECSTAR)
DNF 長嶋哲太(HRCチーム)

Moto2ファイナルレース順位表(トップ10+日本人ライダー)

ランク ライダー(チーム)
1 小倉愛(IDEMITSU Honda Team Asia)
2 アウグスト・フェルナンデス(Red Bull KTM Ajo)
3 Alonso Lopez (ベータツールのスピードアップ)
ジェイク・ディクソン(Shimoko GASGAS Aspar Team)
ソムキアット・チャントラ(IDEMITSU Honda Team Asia)
6 Tony Arbolino (エルフ マーク VDS レーシング チーム)
7 ペドロ・アコスタ(Red Bull KTM Ajo)
8 アルベルト・アレナス(下子ガスガスアスパルチーム)
9 Bo Bendsnader (ペルタミナ マンダリカ SAG チーム)
Philippe Salak (Gresini Racing Moto2)
17 羽田大河(ペルタミナ・マンダリカSAGチーム)

Moto3ファイナルレース順位表(トップ10+日本人ライダー)

ランク ライダー(チーム)
1 Isan Guevara (Autosolar GASGAS Aspar チーム)
2 デニス・フォギア (レパー​​ド・レーシング)
3 佐々木歩(Sterilgarda Husqvarna Max)
セルジオ・ガルシア (Autosolar GASGAS Aspar Team)
ダヴィ・ムニョス(BOEモータースポーツ)
6 ディオゴ・モレイラ (MT ヘルメット – MSI)
7 ジョン・マクフィー(ステリルガルダ・ハスクバーナ・マックス)
8 山中 竜生 (MT ヘルメット – MSI)
9 アンドレア・ミーニョ (Rivacold Snipers Team)
リカルド・ロッシ(SIC58スクアドラ・コルセ)
21 鳥羽海人(CIP Green Power)
DNF 鈴木達夫(レパードレーシング)
DNF 濱田博宏(リヴァコールド・スナイパーズチーム)

.