[Market Eye]為替:朝ドルは144円台後半まで小幅上昇、高値圏でも苦戦継続 | ロイター

[Market Eye]株:日経225先物軟化、政府・日銀の為替介入でドル/円急落 | ロイター

[Tokyo 3rd Reuters]-

<12:08> 朝方ドルは小幅上昇し、144 円台後半まで上昇し、高値圏での苦戦が続いた。 価格帯も高かったです。 正午の時点で、それは 144.80/82 で、先週末のニューヨーク市場の終わり (144.75/78) よりわずかに高かった。 海外市場のドル高・円安トレンドの流れを受けて、午前中に一時144.89円まで上昇。 中値付近で売りと買いが入り交じり、144円台後半で動き続けた。

低迷していた時間外の米国株先物や日経平均株価が上昇に転じたことを見て、クロス円を中心に円売り圧力が強まり、ドルは対ユーロ、対豪ドルで取引された。 ドル/円は綱引きで下落。

ドルは、政府や日銀の円買い介入への警戒感から、ドル高に慎重になっている。 楽天証券FXディール部の荒地潤氏は「(ドルは)144~145円の狭いレンジだ」と語った。 不況時にはバーゲン買いに支えられている、と彼は述べた。 円買い介入後も、円売りポジションの増加など、潜在的な円売り圧力は強い。 30日(9月27日までの週)に発表された米国商品先物取引委員会(CFTC)のIMM通貨先物の非商業(投機)部門に基づくロイターの集計によると、円の売り越しは82,556でした。 6月初旬以来の高値。

<09:11> 米ドルは144円台後半で苦戦。

ドルは144.83円。 週末にかけてドル高・円安に転じた海外市場の流れを受け、午前中に一時144.89円台まで上昇。 その後は144円台前半で推移。

政府や日銀は円買い介入を警戒しており、円高の追及には慎重だ。 スピード感のある上昇は難しいかもしれない」(国内証券会社)との見方を示した。

財務省は30日、8月30日から9月28日までの為替介入額が2兆8382億円だったと発表した。 22日のドル売り円買い介入は、円買い介入として、1998年4月10日に2兆6,201億円を超えた模様。ただし、「重要視されなかった」とのこと(国内金融機関)

9月21日から22日にかけて開催された日銀金融政策決定会合で午前中に発表された主な意見は、「為替レートは金融政策運営によって直接コントロールされていない」、「さらなる円安は景気の方向性である」というものでした。国内外の金融政策。」 性差ではないかという意見もあったことが明らかになった。 これまでのところ、市場の反応は弱い。

<07:56> 米ドル143.90-145.40の見通し、方向性を探る

本日の予想レンジは、ドル/円が143.90~145.40円、ユーロ/ドルが0.9710~0.9860円、ユーロ/円が140.90~142.40円。 現在、ドル/円は144.77円前後、ユーロ/ドルは0.9808ドル前後、ユーロ/円は141.92円前後。

本日のドル/円は 144 円前後で堅調に推移する見通し。 ウクライナを巡る地政学リスクや欧州景気後退懸念などを背景に、リスクオフの動きが強まり、ドル・円ともに買われる可能性が高い。

一方で、145 円台は政府や日銀の円買い介入に対するディフェンスラインと捉えられており、値上がりへの警戒感が強まっている。 このため、「現時点では明確な方向性を示すことは難しい」と思われる(国内金融機関)。 発言が方向性の探究につながりそうです。

本日より、中国は建国記念日に伴う大型連休で休場となり、韓国市場も天開きにより休場となります。

先週末のニューヨーク市場では、8 月の個人消費支出 (PCE) が前月比 0.4% 上昇し、市場予想 (0.2%) を上回り、米国連邦準備制度理事会 (FRB) は積極的な利上げを続けると予想されます。 また、米国長期金利が上昇し、市場はドル買い・円売りの展開となった。 市場は 144.75/78 で取引を終えました。

日本では、9 月の日銀短観や 9 月 21~22 日に開催される日銀金融政策決定会合で主要な意見が発表される。 海外では9月の英国製造業PMIが発表される予定です。

アトランタ連銀のボスティック総裁も開会し、討論の司会を務める。 リッチモンド連銀のジョージ・バーキン総裁が支払いについて、カンザスシティ連銀のジョージ総裁が演説を行う。

すべてのスポット レート (ロイター データ)

アジアスポットレート(同額)

欧州スポットレート(同一)

通貨オプション

スポットレート(ロイター取引約定価格)

スポットレート(日本銀行発表)

.