[Market Eye]為替:ドルは143円台後半まで下落、日銀が為替レートをチェックするとの報道も | ロイター

[Market Eye]株:日経225先物軟化、政府・日銀の為替介入でドル/円急落 | ロイター

[Tokyo 14th Reuters]-

<13:38> ドルは143円台後半まで下落、日銀が金利をチェックするとの報道も

ドルは一時143.67円まで下落。 日銀が金融機関に対し、取引を前提とした現在のレート提示を求める「レートチェック」を実施したとの報道を受け、ドル売り円買いが一段と加速。

<12:10> 朝方のドルは144円台後半まで小幅安、利食いが優勢 朝方の東京外国為替市場は米連邦準備制度理事会(FRB)の積極的な利上げ観測を背景にドル買いが鈍化ボード (FRB)。 ただし、利食いが支配的です。 正午には前日のNY市場終値(144.55/58)から144.37/39まで小幅下落。 ドルは、早朝に 144.96 円前後まで上昇した後、神田財務大臣の円安抑制発言を受けて、次第に軟調に推移した。 実需のドル売りの流れが中値を超えたようで、一時144.08円まで下落。 市場関係者によると、「145円を試すよりも、145円より前に利食いする時が来た」(国内銀行)。

ただし、日銀が国債買入れオペで5年超10年以内の募集額を増加させたことも要因とみられ、その後の米金利上昇で144円台後半に戻った。 -時間取引。 田。

前日に発表された米国の消費者物価指数(CPI)は、8月に予想以上の伸びを示し、米国連邦準備制度理事会(FRB)が積極的に利上げを行うのではないかという市場の憶測を呼んだ。

米国の 2 年物国債利回りは 3.79% に急上昇し、15 年ぶりの高水準となりました。 一方、米国10年国債利回りは3.4%台で推移し、逆イールドカーブが拡大。 あおぞら銀行のチーフ市場ストラテジスト、諸賀明氏は「短期的には利上げを行うが、米国経済の将来の景気後退に対する懸念は認識している。

モロガ氏は、ドル/円は来週の連邦公開市場委員会 (FOMC) 会合まで上値を試すだろうが、オーバーシュートポジションに入るだろうと述べた。 松野官房長官は14日午前の記者会見で、投機的な動きを背景に足元の為替相場が急激に一方的に動くなど、過度な変動が見られることを「懸念している」と述べた。 田。 その上で、このような動きが続けば、「外国為替市場で必要な措置を取り、除外せずに対応したい」と述べた。 しかし、市場の反応は限定的でした。

<09:04> ユーロは0.99ドルの高値で下落、平価は再び破綻

ユーロは 0.9973 ドル付近です。 今週のユーロは 1.02 ドル前後で推移していましたが、前日には米国の長期金利が 3.4% レベルまで上昇し、ドルを押し上げました。 (国内金融機関) 現在、パリティ (等価) は再び壊れています。

欧州経済の減速も明らかになっており、ユーロを押し下げています。 ドイツ欧州経済センター(ZEW)が13日に発表したドイツの9月の経済予想指数は、前月比-61.9(-55.3)となり、市場予想(-60.0)を下回った。

ユーロ/円は 144.13 円付近で方向感覚を失っている。 ユーロ/ドル安に伴いユーロ/円も軟化したものの、円安圧力がドル/円を上回り、一定の底堅さを維持した。

<08:42> 神田財務大臣の円安抑制発言を受け、ドルは144円台前半まで下落。

米ドルは144.35円前後。 神田財務大臣の円安抑制発言をきっかけに、市況は徐々に軟化。

神田正人財務相は14日午前、記者団に対し、為替市場での急激なドル高と円安を懸念していると述べた。 田。 財務相は、すべての選択肢を除外することなく、用心深く監視し、適切な行動を取ると述べた。

<07:54> ドルは一時144.96円まで上昇、米CPIはドル高基調継続

ドルは早朝一時144.96円台まで上昇。 米国の消費者物価指数 (CPI) は予想以上に上昇すると予想され、これがドル買いにつながったと考えられます。 ただ、145円付近で守りの売りがあったようで、144円台前半まで押し戻された。

市場では「145円前後で売りが強いようだ。ドルは前日に大きく上昇し、そこから抜け出せなければ、一旦利食いに動く可能性がある」との見方を示した。 (国内金融機関) という声が聞こえた。

<07:41> 米ドルは 143.80 から 145.80 に上昇すると予想されますが、145 を突破するかどうかが注目されます。

本日の予想レンジは、ドル/円で 143.80 ~ 145.80 円、ユーロ/ドルで 0.9870 ~ 1.0070 ドル、ユーロ/円で 143.30 ~ 145.30 円です。

現在、ドル/円は144.77円前後、ユーロ/ドルは0.9970ドル前後、ユーロ/円は144.40円前後。

本日のドル円相場は、海外市場でのドル買い・円売りの流れを受けて、引き続き高値で推移するものと予想されます。 時間外取引で米国の長期金利が上昇すれば、投機家などがドル買いに動き、国内金融機関は「ドルが145円を割り込む可能性がある」との見方を示した。

しかし、日経平均株価が大幅に下落した場合、特にクロス円の場合、円高圧力が強まる可能性があります。 また、当局が円安の抑制を強めれば、円が買い戻される可能性もある。

前日のニューヨーク市場では、8月の米消費者物価指数(CPI)が市場予想を上回り、連邦準備制度理事会(FRB)は積極的な利上げを続けるとの観測を強めた。 米長期金利が上昇し、ドルは一時144.68円前後まで上昇。 市場は 144.55/58 で取引を終えました。

本日の主なスケジュールによると、国内機の受注は7月を予定しております。 海外では、8 月の英国の消費者物価指数と英国の生産者物価指数、8 月の米国の卸売物価指数が発表される予定です。

すべてのスポット レート (ロイター データ)

アジアスポットレート(同額)

欧州スポットレート(同一)

通貨オプション

スポットレート(ロイター取引約定価格)

スポットレート(日本銀行発表)

(

.