[Market Eye]為替:ドルは142円半ばまで下落、豪ドルなどに売り圧力広がる | ロイター

[Market Eye]株:日経225先物軟化、政府・日銀の為替介入でドル/円急落 | ロイター

[Tokyo 9th Reuters]-

<13:15> ドルはさらに142円前後まで下落、豪ドルなどで売り圧力が広がる。

ドルは午後の取引で小幅安。 対円で142円台半ばまで下落幅を広げたほか、豪ドル、ニュージーランドドル、ユーロなども1%前後の下落。 前日に上昇した米国の金利が、アジア市場での取引で下落に転じたことは、市場で大きな話題となっています。

<12:24> 米ドルは一時143.19円まで下落、日銀黒田総裁の円安抑制発言 143円台後半で推移していた米ドルは、日銀黒田総裁の円安抑制発言を受けて一時143.19円まで下落. やりました。 現在、143.26円前後で推移しています。

日銀の黒田東彦総裁は9日の岸田総理との会談後、「急激な為替変動は企業の経営方針を不安定にするので望ましくない」と述べた。 突然の変化だ」と述べ、為替市場の動向を注視していきたい旨述べた。黒田総裁は総理との会談について、金融・資本市場について説明しつつ、また、外国為替市場の動向についても話しました。

<12:08> ドルは朝方、ユーロ高と調整売りで143円台後半まで下落 朝方の東京外国為替市場では、ドルが対ユーロで下落し、円との絡みで下落。 また、急騰の反動で調整売りも発生。 昼には前日のNY市場終値(144.09/12円)から143.70/72円まで下落。

中間価格付近で売りと買いが入り混じります。 その後、週末を控えたポジション調整や利食いの動きや、日銀総裁の黒田東彦氏が首相官邸入りしたとの報道により、ドルは一時143.52円まで下落。

ドルは今週、約5円上昇した。 このため、トレーダーズ証券の井口義男マーケット責任者は「利上げの半分である142円台半ばに調整してもおかしくない」と話した。

ドルは上昇を続けるものの、145円台で止まり、前日の米連邦準備制度理事会(FRB)のパウエル議長の演説はタカ派だったが、ドルは上昇しなかった。 、「(ドル/円の動きは)安定している。現段階では147円や150円にまで発展しない」(井口氏)。

鈴木蔵相や松野官房長官は「あらゆる手段を排除せず、必要な措置を講じていきたい」と円安抑制に向けた発言をした。

ユーロはドルに対しても円に対しても強い。 欧州の債券利回りは、10 月の欧州中央銀行 (ECB) 理事会での 75 ベーシス ポイント (bp) の利上げに関する憶測を背景に上昇し、ユーロの買いを後押ししました。

市場は、「利上げをめぐるECB当局者間の不協和音は解消され、今回の会合で満場一致で大幅な利上げが決定された。インフレ抑制のための金融引き締めに真剣な姿勢を示すユーロは以前よりも買いやすくなっている」との見方を示した。 (国内証券)。

ユーロ/ドルは 1.0066/$70 です。 ユーロ/円の為替レートは、一時 144.66/70 で、2015 年 1 月以来の最高水準でした。

<09:08> ユーロは 1.00 ドル台後半で上昇 ECB は大幅な利上げを決定

ユーロ/ドルは 1.0014 ドル付近です。 欧州中央銀行 (ECB) の理事会が大幅な利上げと将来のさらなる利上げを決定したことを受けて、欧州債券の利回りは上昇し、ユーロの買い/ドル売りが支配的になりました。

前日のECB理事会後、ユーロも大きく売られた。 材料切れとみられるほか、「やり過ぎの面もある」(証券会社)。

ECB は 8 日の理事会で政策金利を 0.75% 引き上げた。 エネルギー危機による景気後退の可能性が高まっているにもかかわらず、FRB は史上最大の利上げを行い、追加の利上げをほのめかし、インフレとの闘いが優先事項であることを明らかにしました。

ドル/円は 143.92 円付近で小動き。 国内金融機関によると、米国の金利は前日に上昇したが、「ドル買い活動は低調だった」。 急激に高まる警戒感から利食い売りが発生しやすい。

前日の財務省・金融庁・日銀の三者会合については、「具体的な内容がないため、円安の大きな動きが止まっていない」との見方があった。 ” (同上)。 がある

神田財務相は8日の三者会談後、為替の過度な変動が続く場合、何らかの措置を講じる可能性は否定しないとし、「為替市場で必要な措置を講じる用意がある」と明言した。

<07:50> 米ドル 143.30 ~ 144.80 の見通し、値上がりには慎重

本日の予想レンジは、ドル/円で143.30~144.80円、ユーロ/ドルで0.9930~1.0080ドル、ユーロ/円で143.20~144.70円。

現在、ドル/円は143.95円前後、ユーロ/ドルは1.0001ドル前後、ユーロ/円は143.96円前後で推移している。

本日のドル/円相場は、米国の金利や株価の動向を注視しながら動く可能性が高い。 国内金融機関は、当局の相次ぐ円安抑制発言や高値警戒感から、「144円台のロングポジション維持には慎重になりそうだ」との見方を示した。 ポジションを調整し、週末前に利益売りを出すのは簡単です。 ただし、金融政策の方向性の違いから、143 円台前半はバーゲン買いに支えられる見通し。

5.10を境に、例年よりも実需の流れが活発になる傾向にあります。 国内の輸入業者がある程度ドルを買うと予想される一方で、国内の輸出業者もドルを売る可能性が高く、買いと売りが混在する可能性があります。

前日のNY市場では、米連邦準備制度理事会(FRB)のジェローム・パウエル議長がインフレ抑制のため利上げを継続する意向を示したため、米金利は上昇した。 ドル買い・円売り優勢。 終値は144.09円/12円。

本日の主な予定は、8月の中国生産者物価指数(PPI)と消費者物価指数(CPI)、7月のフランス鉱工業生産(INSEE)の海外発表です。

ウォーラー連銀総裁とカンザスシティー連銀のジョージ・エバンス総裁も会合で開会の辞を述べた。

すべてのスポット レート (ロイター データ)

アジアスポットレート(同額)

欧州スポットレート(同一)

通貨オプション

スポットレート(ロイター取引約定価格)

スポットレート(日本銀行発表)

(

.