[Market Eye]為替:ドルは130円前半まで上昇、円金利は5年物担保運用で下落 | ロイター

[Tokyo 23rd Reuters]-<15:43> ドルは130円台前半まで上昇、円金利は5年共通担保オペで下落

ドルは130.12円前後まで上昇。 日銀が午後に実施した5年物共通担保オペの結果を受けて、円債市場では新発10年物国債の利回りが0.375%まで低下した。 その結果、主要通貨に対する円の売り圧力が高まっています。

市場は、「市場の反応はやや過剰だった印象がある。共同担保運用により今後10年債の新発利回りが低下したとしても、0.350%程度になると思うので、国内銀行は、オペレーション関連の要因による円売りで、圧力も限定的かもしれない」と語った。

<12:14> ドルは、米国金利の低下が重くのしかかり、朝方には 129 円台前半まで小幅安。 田んぼ。 正午には、ドルは 129.16/18 で取引され、前日の後半のニューヨーク市場 (129.57/60) からわずかに下落しました。

実需から中値への売りの流れが見えてきたように、ドルは徐々に安くなっている。 その後、ドルは対ユーロで下落し、ドル/円は時々押し下げられた。

市場では、1 月 31 日から 2 月 1 日まで開催される米国連邦公開市場委員会 (FOMC) が金利を 25 ベーシス ポイント (bp) 引き上げるとの見方が支配的です。 ある国内銀行は、「米国経済指標の最近の弱さと、米国が積極的な金融引き締めスタンスから距離を置くという憶測により、ドルは押し下げられる可能性が高い」と述べた。

米連邦準備制度理事会 (FRB) のウォーラー総裁は 20 日、次回の FOMC で 0.25% の利上げを支持すると表明した。

20日に発表された米商品先物取引委員会(CFTC)のIMM通貨先物非営利(投機)部門(17日までの週)を基にしたロイターの集計によると、円売り(円売り)は2万2961円まで下落した。前週の 35,377 は、2021 年 3 月以来の最低水準です。

みずほ証券のチーフ外国為替ストラテジストである山本正文氏は、主に非営利(投機的)投資家である資産運用会社のポジションは円買いに転じており、「資産運用会社のポジションはより短期的な期待に基づいている。反映しやすいようで、今後の円高を予想する人が増えているようだ」と語った。

<10:30> ユーロは一時1.09ドルまで上昇、2022年4月以来の高水準 ユーロ/ドルは一時1.0903ドルまで上昇し、2022年4月21日以来の高値を更新時間外取引のターム物金利。 ユーロは現在、1.0894 ドル付近で堅調に推移しています。

ロイターの集計によると、米国商品先物取引委員会(CFTC)は水曜日、IMM通貨先物の非商業(投機的)セクターが金曜日までの週に取引されたと発表した。 は 126,984 で、前週の 134,982 からわずかに減少しました。 ユーロは1.08ドルを割るなど上昇傾向にあり、利食い売りの動きも出ているようだ。

ただ、国内の金融機関は「ユーロ高を期待するムードが強い。欧州中央銀行(ECB)が積極的な金融引き締め策をとりやすい。

ドルは 129.14 円近辺で小幅安。 時間外取引での米国長期金利の低下や対ユーロでのドル安傾向が波及し、対円も押し下げている。

<09:32> ドルは 129 円台前半まで下落したが、日銀の 12 月会合議事録への反応は弱かった。 先週末の海外市場ではドルが一時130.62円台まで上昇したものの、「足元の高値から抜け出せず、ドル高のウエイトを意識して売り戻ししやすい状況」 .」(国内銀行)。

市場では、1 月 31 日から 2 月 1 日に開催される米国連邦公開市場委員会 (FOMC) が一時的に上下する可能性があるとの見方が支配的ですが、明確なトレンドが定着するのは難しいでしょう。 この結果、一部の国内金融機関は、「安値がまとまりつつある127円台から、売り圧力がかかりやすい131円台までのレンジでの動きが続く可能性が高い」との見方を示した。適用。”

前述の国内銀行によると、午前8時50分に発表された12月の日銀の金融政策決定会合の議事録は、「目新しいものはない」と見られ、市場の反応は弱かった。

<07:47> 米ドルの見通しは 128.80 ~ 130.30 で、米国の堅調な金利を予想

本日の予想レンジは、ドル/円が 128.80 ~ 130.30 円、ユーロ/ドルが 1.0800 ~ 1.0950 円、ユーロ/円が 139.80 ~ 141.30 円です。

ドル/円は米金利の動向を注視しながら堅調に推移すると予想される。 日経平均株価が上昇すれば、リスク選好から円が売りやすくなり、特にクロス円。 しかし、春節(旧正月)に伴い、中国を含む多くのアジア市場が閉鎖され、市場参加者が減少します。 また、2月の米連邦公開市場委員会(FOMC)はまだブラックアウト期間中のため、手がかりが少なく明確な方向性が掴みにくい状況です。 今日、12月に開催される日銀の金融政策決定会合の議事録が発表されるが、一部の国内金融機関は「驚くようなことはないと思う」と述べている。 先週末のニューヨーク市場では、日銀の黒田東彦総裁が超緩和的な金融政策の維持と米国の長期金利の上昇を繰り返し表明したことを受けて、ドル買い/円売りが進みました。 ドルは一時130.62円前後まで上昇。 その後、利食い売りがリターン待ち売りに圧倒され、ドルは上昇幅を縮小。 市場の終値は 129.57/60 でした。

海外では、米国カンファレンスボードの12月の先行経済指数が本日発表される予定です。 中国、香港、台湾、韓国、ベトナム、シンガポール、マレーシア、インドネシアは旧正月のため閉鎖されます。

すべてのスポット レート (Refinitiv データ)

アジアスポットレート(同額)

欧州スポットレート(同一)

通貨オプション

スポットレート(リフィニティブ取引執行価格)

スポットレート(日本銀行発表)

.