[Market Eye]為替:ドルは朝方144円弱、米金利を圧迫 | ロイター

[Market Eye]株:日経225先物軟化、政府・日銀の為替介入でドル/円急落 | ロイター

[Tokyo 27th Reuters]-

<12:23> 午前中のドルは 144 円台半ばまで小幅下落、米国金利の下落が重し 午前中の東京外国為替市場は、時間外の米国金利の下落を背景に、ドル買い・円売りが優勢取引。 正午の時点で、価格は 144.49/51 で、前日のニューヨーク市場の終わり (144.75/77) からわずかに下落しました。

前日まで急落していたユーロやポンドなどの欧州通貨が対ドルで買われ、ドル/円へとトレンドが広がった。 朝から下圧がかかりやすかったです。 中盤あたりで実需のドル売りの流れが出てきたようで、ドルは144円台後半まで下落。 その後はゆっくりと 144 円台半ばまで戻ってきた。

政府と日銀が22日に24年ぶりに実施した円買い介入の規模は、市場で約3.6兆円と推計されています。 予想以上に大きかったとの声もあるが、日本生命総合研究所の上野毅シニアエコノミストは「為替介入はファンダメンタルズに反し、市場の流れを変えることができていない」と指摘。 「介入への警戒感で円安の進行はある程度抑えられているが、ドル高が落ち着くのを待つしかない」と述べた。年最高の 4.36%、10 年物利回りは 12 年ぶりの最高値 3.92% に達しました。 今後の米国金利上昇期待から、ドルは一定の反発力を維持している。

市場が 145 円に近づくにつれ、政府と日銀は円買い介入に警戒感を強めています。 日銀が外国為替市場に介入するのは難しいだろう」と、みずほ証券のチーフ外国為替ストラテジスト、山本正文氏は述べた。

<11:19> ドルは144円台半ばまで小幅上昇。

ドルは 144.61 円前後で小幅高。 中値は実需のドル売りの流れに押されたものの、1444年後半までの水準に戻った。

22日の円買い介入について、市場参加者は「数兆円規模になるとの事前予想もあったが、円買い介入の規模は予想以上だった」(シンクタンク) )。 ただ、「市場は引き続き円買い介入に慎重で、一定の効果はあるものの、円安の流れを逆転させるのは難しいことを示唆している」と指摘した。 . 政府と日銀が22日に24年ぶりに実施した円買い介入の規模は、市場で約3.6兆円と推計されています。 円買い介入としては、1998年4月10日に2兆6,201億円を突破。

<09:18> ポンドは 1.07 ドル後半で上昇し、手頃な価格を理由に買い戻されました。 イングランド銀行は緊急声明を発表した。 ポンド/ドルは 1.0770 ドル付近です。 イングランド銀行(イングランド銀行、BOE)が金融市場の動きを受けて緊急声明を発表しただけだったことから、イングランド銀行による緊急利上げを見越して大幅に買い戻されたポンドが買われたと言われています。 、残念でした。 売りに転じた」(国内金融機関)。

ただ、足元の急落を受けて「適正な価格水準で買い戻しやすい」との見方もあり(同上)、東京市場は好調。 イングランド銀行のアンドリュー・ベイリー総裁は水曜日、中央銀行は2%のインフレ目標を達成するために必要であれば「ためらうことなく」利上げを行うだろうと述べた。 また、資産価格の急激な動きを受けて、金融市場を「非常に注意深く」見ているとも述べた。 ユーロ/ドルは 0.9632 ドルまで上昇しました。 ウクライナ情勢が緊迫し、イタリア総選挙で極右政党が勝利し、ユーロ圏との対立も懸念されています。 売り圧力が強い。

ドルは144.31円近辺。 前日の海外市場で一時3.92%まで上昇した米国の長期金利が低下し、小幅安となった。

<07:59> ドルの見通しは 143.60 ~ 145.60 円で、米国の金利上昇が予想されます。

本日の予想レンジは、ドル/円が143.60~145.60円、ユーロ/ドルが0.9540~0.9690円、ユーロ/円が137.90~139.90円。 現在、ドル/円は144.64円前後、ユーロ/ドルは0.9606ドル前後、ユーロ/円は138.93円前後です。

今日もドル/円は堅調に推移する見通し。 米国の利上げ期待から日米の金利差拡大が意識され、円安ドル安が続く可能性が高い。 また、ドル高に対するユーロやポンドなどの欧州通貨安が続いていることも波及し、ドル/円を押し上げている。

ただ、145円台は円買い介入のディフェンシブラインと捉えられる可能性が高く、国内金融機関は「日本の当局者が円安抑制の発言をする可能性が高い」との見方を示した。 現時点ではまだボラティリティが高く、荒い値動きが続きそうです。

前日のニューヨーク市場では、2年債利回りが15年ぶりの高値をつけ、10年債利回りも12年ぶりの高値をつけた。 また、対ユーロ、対ポンドでドルが買われ、この流れは円にも波及。 市場は 144.75/77 で取引を終えました。

海外では、8月に米国の耐久財受注、米国の新築戸建住宅販売、9月に米国Conference Boardの消費者物価指数が発表される予定です。

シカゴ連銀のエバンス総裁とセントルイス連銀のジェームス・ブラード総裁が講演する一方で、FRBのジェローム・パウエル議長もデジタル金融に関するオンライン討論に参加する予定です。

すべてのスポット レート (ロイター データ)

アジアスポットレート(同額)

欧州スポットレート(同一)

通貨オプション

スポットレート(ロイター取引約定価格)

スポットレート(日本銀行発表)

.