[Market Eye]為替:ドルは朝方小幅上昇の144円台前半、米金利の下落は一服 | ロイター

[Market Eye]株:日経225先物軟化、政府・日銀の為替介入でドル/円急落 | ロイター

[Tokyo 5th Reuters]-

<12:15> ドルは朝方に 144 円台後半まで小幅上昇し、米金利の下落は一服した。 それを見て、彼は積極的になった。 正午の時点で、価格は前日のニューヨーク市場の終わり (144.09/12) から 144.22/24 までわずかに上昇しました。 ドルは午前中に「ドル売りよりも円買いが見られた」(国内銀行)ことから、9月26日以来の安値である143.53円前後まで下落した。 しかし、5 月 10 日にはドル買いの流れが例年より多くなり、ユーロ安・ドル高となった。 ドルは、政府や日銀の円買い介入や買われ過ぎへの反動に警戒感があり、調整基調が強まっている。 さらに、最近の米国の経済指標は依然として低迷しており、「状況はもはやドルを買うことだけではない」とクレディ・アグリコル銀行の外国為替責任者である齋藤裕二氏は述べた。

今晩の 9 月の全国雇用報告書 (ADP) または ISM 非製造業指数が予想よりも弱ければ、ドルは下落圧力を受ける可能性があります。 「市場参加者は、米連邦準備制度理事会(FRB)がハト派的な動きをする前に市場が織り込まれるリスクを考慮し始めており、ドルの上値は重い」と述べた。 がある

ユーロ/ドルは早朝から0.9965ドル/69ドルで軟調。

<11:17> ドルは 144 円台後半まで上昇し、ユーロ安・ドル高と NZ 中央銀行の決定により、ドルは 144.23 円付近まで押し上げられた。 ユーロ安・ドル高の動きがドル/円に波及し、上昇傾向。

市場の期待に沿って、ニュージーランド準備銀行 (NZ) は、会合で金利を 50 ベーシス ポイント (bp) 引き上げることを決定しました。 ニュージーランド中央銀行の決定は、オーストラリア中央銀行が前日に予想外にわずか 25 ベーシス ポイントだけ金利を引き上げた後、注目を集めました。

市場では、「NZ中央銀行は75bpの利上げを検討するなどタカ派だった。主要中央銀行のタカ派的な金融引き締めを再び意識しやすい」との見方を示した。 崩壊しなければ、ドルは再び上昇する可能性が高い」と同じ声があった。

ニュージーランド準備銀行 (NZ) は水曜日、公定歩合 (OCR) を 50 ベーシス ポイント (bp) 引き上げて 3.5% とし、7 年ぶりの最高水準となった。 政策会議の議事録によると、75bp の利上げも議論されたが、50bp 幅であることが決定された。

これを受けて、ニュージーランドドルは対ドル、対円で高値で取引されています。

<09:11> ドルは143円台半ばまで下落 1週間半ぶりの安値

ドル/円は 143.54 円前後で推移し、9 月 26 日以来 1 週間半ぶりの安値となった。 ドル安・円高の海外市場動向を受けて、弱気の地合いが続いている。

8月の米国雇用動向調査(JOLTS)によると、求人数は前月から大幅に減少しており、米国の需給バランスが緩和していることがうかがえる。 市場では、米国の積極的な利上げ観測が後退し、米国の長期金利が低下しました。 これを受けて主要通貨に対してドル売りムードが広がった。

ユーロ/ドルは 0.9989 ドル付近で堅調に推移しました。 前日の海外市場では、欧米の株価上昇でリスク選好の流れが強まり、ユーロはストップを伴う形で急騰し、一時0.9999ドルまで上昇。

市場関係者によると、「ドルは主要通貨の一つになるなど買われ過ぎで、調整が進んでいる」との見方もある(国内金融機関)。

<07:51> ドルの見通しは143.40~144.90円。

本日の予想レンジは、ドル/円143.40~144.90円、ユーロ/ドル0.9900~1.0050円、ユーロ/円143.20~144.70円。 現在、ドル/円は144.14円前後、ユーロ/ドルは0.9985円前後、ユーロ/円は143.89円前後で推移している。

本日のドル/円相場は144円台で推移する見込み。 5月10日は実需の流れが例年以上に活発になりそうで、国内輸出業者の大量の買いフローがあればドルの下支え要因となる。 また、日経平均株価の上昇が続けば、リスク選好による円売り圧力が強まる可能性が高い。

しかし、ユーロやポンドなどの欧州通貨の買い戻しが強まり、積極的な利上げ期待の後退を背景に米ドルは徐々に売られている。

国内の金融機関は「東京市場では、実需買いとリスク選好による円売りで相場安は懸念されていないようだが、売り気配がありそうだ」との見方を示した。海外時間中のドル安に注意してください。」

ニュージーランド準備銀行(中央銀行)の会合では、50ベーシスポイント(bp)の利上げが予想されており、発言次第で上下する可能性があります。

前日のニューヨーク市場では、8月の米国雇用動向調査(JOLTS)の求人数急減や米国長期金利の低下を背景に、ドルが主要通貨に対して下落。 . 対円では一時143.90円まで下落。 終値は144.09円/12円。 海外では、8月のドイツの貿易収支とフランスの鉱工業生産(INSEE)、9月の全国雇用報告(ADP)とISM非製造業指数、8月の米国の貿易収支が発表される。

アトランタ連邦準備銀行のボスティック総裁もスピーチを行います。 中国とインドの市場は閉鎖されます。

すべてのスポット レート (ロイター データ)

アジアスポットレート(同額)

欧州スポットレート(同一)

通貨オプション

スポットレート(ロイター取引約定価格)

スポットレート(日本銀行発表)

.