[Market Eye]為替:ドルは朝方上昇、144円台後半へ 実需買いと株高で | ロイター

[Market Eye]株:日経225先物軟化、政府・日銀の為替介入でドル/円急落 | ロイター

[Tokyo 4th Reuters]-

<12:11> 朝方は実需の買いと株高でドルは144円台後半まで上昇。 強くなり、ドルは引き続き強い。 正午には、前日のニューヨーク市場の終わり (144.53/56) から 144.85/87 まで上昇しました。

ドルは午前中に約144.41円まで下落した。 北朝鮮が5年ぶりに日本上空を通過した弾道ミサイルを発射した後、リスク回避的な円買いが支配的になりました。

しかし、ドルはミッドマーケットで少し高くなっています。 また、ポンドやユーロが一時的にドルに対して下落したため、ドル/円にもトレンドが広がった。

時間外取引における米国の長期金利は、一時 3.60% まで低下しましたが、現在は 3.64% 前後で推移しています。 英国の減税計画撤回に伴う英国債利回りの低下と米国のISM製造業指数の悪化が背景にある。 しかし、東京時間ではドル/円に圧力がかかりませんでした。

あおぞら銀行の諸賀明チーフマーケットストラテジストは「米国金利との(ドル/円)相関は弱まっている」とし、「米国金利が上昇してもドルの上昇は限定的だった。金利が下がると、ドルは下がりたがらない」と述べた。

豪ドル/円は朝方に売りが強かったが、足元は水準まで回復。 オーストラリア準備銀行 (RBA) の理事会が市場の予想通りに金利を 50 ベーシス ポイント (bp) 引き上げた場合、市場の反応は限定的であると予想されます。

<11:15> ドルは144円台前半で小幅上昇、欧州通貨安・ドル高展開。

ドルは一時144.91円前後まで上昇。 対ドルで英ポンドとユーロが徐々に軟化する動きは、ドル/円にも波及している。 早朝から、英国ポンドは 1.12 ドルの高値、ユーロは 0.98 ドルの安値まで下落しました。

市場関係者によると、「ドルは買い。ポンドとユーロは前日に買われすぎた可能性があるため、調整の可能性がある」(国内銀行)。

ドル指数は 111.85 前後で安定しています。

<09:22> 英ポンドは 1.13 ドル台後半で上昇し、英国の減税計画が撤回されたため買い戻された。

ポンド/ドルは1.13円台後半、ポンド/円は163円台後半。 英国の減税案撤回の発表が好評で、前日には海外市場で大規模なショートカバーがありました。 米経済指標が市場予想を下回ったことを受けて米長期金利が低下したことも下支えとなり、東京市場でもポンド高が続いている。

英国のクワーテング財務相は木曜日、最高所得税率を引き下げる計画が撤回されたと述べた。 先月発表された大規模な減税や国債増発などの財政計画は市場を揺るがし、野党だけでなく与党内からも批判された。

しかし、エネルギー供給の不安定化や景気後退への懸念は根強い。 買い戻しがあっても、「ウクライナをめぐる地政学的リスクが後退しない限り、ポンドやユーロなどの欧州通貨が元の水準に戻るトレンド転換は考えにくい」(国内証券会社)。 アウト。

英国のガス・電力市場庁(Ofgem)は、英国はこの冬、ガス不足の「重大なリスク」に直面しており、ウクライナでの戦争とヨーロッパへの供給の制約により緊急事態に直面する可能性があると警告した. が鳴っています。

ドルは 144.62 円近辺で小幅高。

<07:51> 米ドルの見通しは 143.70 ~ 145.20、米国の堅実な金利を予想

本日の予想レンジは、ドル/円が143.70~145.20円、ユーロ/ドルが0.9740~0.9890円、ユーロ/円が141.20~142.70円。 現在、ドル/円は144.55円前後、ユーロ/ドルは0.9830ドル前後、ユーロ/円は142.10円前後。

本日のドル/円は 144 円台近辺で推移する見通し。 時間外に米国の金利が低下すれば、ドルに下押し圧力がかかります。 また、政府や日銀の円買い介入への警戒感を背景に、円は145円台で落ち着かず、上値の重さを意識しやすい。

ただし、ドル安時には「市場参加者の底値買い意欲が強い」(国内証券)ため、日経平均株価が急反発すれば、特にクロスで円売り圧力がかかる可能性が高い。円、ドルは堅調に推移。 回復力を維持できそうです。

オーストラリア準備銀行 (中央銀行) の総裁は、金利を 50 ベーシス ポイント (bp) 引き上げると予想されています。 声明の内容によっては、豪ドルがより活発になる可能性があります。

前日のニューヨーク市場では、英国の減税案の一部撤回が発表され、9月の米国ISM製造業指数が2年4カ月ぶりの低水準まで下落したことから、米国の長期金利は下落しました。 ドル売り円買い優勢。 市場は 144.53/56 で取引を終えました。

日本では、東京の区の消費者物価が9月に発表される予定です。 海外では、8月に米国製造業から、米国JOLTSから新規受注が発表される予定です。

ニューヨーク連銀のウィリアムズ総裁とダラス連銀のロナルド・ローガン総裁も会合でスピーチを行い、クリーブランド連銀のメスター総裁とジェファーソン連銀総裁がスピーチを行う予定です。 中国と香港の市場は閉鎖されます。

すべてのスポット レート (ロイター データ)

アジアスポットレート(同額)

欧州スポットレート(同一)

通貨オプション

スポットレート(ロイター取引約定価格)

スポットレート(日本銀行発表)

.