ITFマスターズツアー第3戦「SENKO CUP ITFテニスマスターズツアーin愛知」が終了、山梨大会に続きアジア最高峰で開催

ITFシニアテニスツアー「SENKO CUP ITF Tennis Masters Tour in Aichi」(MT700/愛知県名古屋市、名城テニスの森/10月6日~20日/クレーコート)の公式戦が行われ、各カテゴリーの優勝者が登場. .

国際テニス連盟(ITF)が主催するワールドテニスマスターズツアー(今年8月にシニアツアーから改称)は、MT1000(エリートプレーヤー向け)からMT1000まで、6大陸70カ国以上で年間500以上の大会を開催しています。 までのグレードに分かれています(レクリエーションレベル用)。 2020年の兵庫は、ITFシニアテニスツアーの公式戦が日本で初めて開催されました。

今年の愛知大会はアジア最高級(MT700)で開催され、勝点700点で世界第2位。

2021年シーズンから5年ごとにカテゴリーを30以上から90以上とし、エントリー数が3以上の種目(男女シングルス、男女ダブルス、混合ダブルス)を開催。

※名前の左の数字は抽選番号、[ ]数字はシード順、WCはワイルドカード(主催者推奨)、Ret.

トップの結果

30歳以上

男子シングルス

○3 田村和也 (日本) 6-1 6-2 ●32 阿久津祐太 (日本)[2]

男子ダブルス決勝

○ 14 阿久津勇太 / 佐藤雅弘 (日本) 6-4 6-2 4 安藤隆 / 大西寛 (日本)

女子シングルス

1位:山口詩沙(日本)、2位:佐藤沙織(日本)

女子ダブルス[not held]

混合ダブルス[not held]


30歳以上の女子シングルスで優勝した山口志紗(日本)(写真提供:SPORTS SUNRISE.COM)

35歳以上

男子シングルス決勝

○14 迫浩介 (日本) 5-7 6-1 7-5 ●32 大西 寛 (日本)[2]

男子ダブルス決勝

○8 中田 圭吾/大西 巌 (日本)[2] 6-3 6-4 1 村田大地 / 迫浩介 (日本)[1]

女子シングルス

1位:折戸紗弥美(日本)、2位:日野聖也(日本)

女子ダブルス[not held]

混合ダブルス[not held]

40歳以上

男子シングルス決勝

○26 ローランド・リュエル(フィリピン)[WC] 6-4 6-3 6 日尾健郎 (日本)

男子ダブルス決勝

○8 川村一成・大坪隼人(日本)[2] Byes 1朝子祐司/大久保俊二(日本)[1]

女子シングルス

1位:柳下優子(日本)、2位:わらしなゆきこ(日本)

女子ダブルス決勝

○1 北野祐子 / 覚素子子 (日本)[1] 4-6 7-6(2) [10-8] ●8 落合都/魔井真由美 (日本)[2]

混合ダブルス[not held]

45歳以上

男子シングルス決勝

○1 有本直樹(日本)[1] 6-0 6-1 ●17 入江正和(日本)[8]

男子ダブルス決勝

○1 有本 直樹 / 佐藤 正浩 (日本)[1] Byes 16 神田浩之/右近隆(日本)[2]

女子シングルス決勝

○16 風間明子 (日本)[2] 5-7 6-1 6-3 1 岡本薫 (日本)[1]

女子ダブルス決勝

○8 落合都/魔界真由美 (日本)[2] 6-3 6-1 1 金本浩美/風間明子 (日本)[1]

混合ダブルス決勝

○1 橋本千枝/有本直樹(日本)[1] 4-1 4-1 5 戸谷翔子/古賀大樹 (日本)

50以上

男子シングルス決勝

○8 ジョン・オーマン・スローン(アメリカ)[7] 6-4 5-7 6-2 28 齋藤和宏 (日本)

男子ダブルス決勝

○5 齋藤和宏/ジョン・オーマン・スローン (日本/アメリカ) 6-4 1-6 [10-5] ● 1 木村貴宏 / 渡辺 聡 (日本)[1]

女子シングルス決勝

○12 青木直(日本)[4] 1-6 6-0 6-3 1 野本洋子 (日本)[1]

女子ダブルス決勝

○8 青木奈緒/渥美美和子 (日本)[2] 6-7(3) 6-4 [10-8] ● 1 井上直美/野本陽子(日本)[1]

混合ダブルス決勝

○1 金本博美・佐藤正浩(日本)[1] 4-0 4-0 5 菅原聖子/木村貴宏 (日本)

55歳以上

男子シングルス決勝

○17 吉田幸雄 (日本)[4] 7-5 6-1 33 千元茂和(日本)[6]

男子ダブルス決勝

○ 16 村上典夫 / 宗和誠司 (日本)[2] 6-2 6-4 ● 1 東 英明 / 太田 稔 (日本)[1]

女子シングルス決勝

○1 倉野由美 (日本)[1] 6-1 6-7(4) 7-6(5) 17 伊原優子 (日本)[6]

女子ダブルス決勝

○8 浜島みゆき/伊原優子 (日本)[2] 6-1 6-2 4 秋日 恵子 / 垣内 清美 (日本)

混合ダブルス決勝

○ 6 ハイディ・バス・ピーターソン/関根義勝 (アメリカ/日本) 4-1 1-4 [10-7] ●4幅あけみ / 村上典夫 (日本)

60歳以上

男子シングルス決勝

○64 フランチェスコ・ピオヴァーニ (イタリア)[2] 6-2 4-2 後退 1 アンドレアス・ケプフ (オーストリア)

男子ダブルス決勝

○5 秋山俊之/浜中義治(日本)[3] 6-4 7-5 ●16 宮崎康郎/野本剛(日本)[2]

女子シングルス決勝

○1 小泉由紀恵 (日本)[1] 6-0 6-1 ●21 久保田成美(日本)[WC]

女子ダブルス決勝

○1 小泉由紀江/佐谷麻里(日本)[1] 6-0 6-7(5) [10-0] ●16 羽場明美/鈴木由美子(日本)[2]

混合ダブルス[not held]


60代男子シングルス優勝のフランチェスコ・ピオヴァーニ選手(イタリア/右)と準優勝のアンドレアス・ケプフ選手(オーストリア)(写真提供:SPORTS SUNRISE.COM)

65歳以上

男子シングルス決勝

○33 中井俊雄 (日本)[8] 6-1 2-6 6-3 16 宮島信行 (日本)[6]

男子ダブルス決勝

○16 秋山郁夫/佐藤静也(日本)[2] 6-3 6-2 ● 1 小林達彦 / 中島俊彦 (日本)[1]

女子シングルス決勝

○16 村上佳子 (日本)[2] 6-4 6-2 5 中井佳代子 (日本)[4]

女子ダブルス決勝

○8 小出恵子/山下道恵 (日本)[2] 3-6 6-2 [10-5] ● 1 中井佳代子/隅谷綾子(日本)[1]

混合ダブルス

1位:佐藤千春/佐藤昭夫(日本) 2位:桜井優子/石黒隆夫(日本)

70歳以上

男子シングルス決勝

○1 平岡 一貴 (日本)[1] 6-2 7-6(2) 32 辻本豊(日本)[2]

男子ダブルス決勝

○12 成田修二/辻本豊(日本)[4] 6-2 6-2 5 加藤和明/吉川昇 (日本)[3]

女子シングルス決勝

○17 金丸公子 (日本)[5] 6-3 6-2 8 浅沼英子 (日本)[6]

女子ダブルス決勝

○1 栗田恵子/中島加奈美(日本)[1] 6-3 6-3 7 飯田悦子/西村悦子 (日本)

混合ダブルス[not held]

75歳以上

男子シングルス決勝

○32 鈴木浩平 (日本)[2] 0-6 6-4 7-5 16 小野貴夫 (日本)[5]

男子ダブルス決勝

○ 3 菅健二 / 山本利夫 (日本) 6-0 6-3 6 奥田彦三郎 / 佐竹修一 (日本)

女子シングルス決勝

○2 大谷美恵子(日本)[2] 6-1 2-6 6-3 1 伊藤 公美子 (日本)[1]

女子ダブルス[not held]

混合ダブルス[not held]

80歳以上

男子シングルス決勝

○5 志津啓太郎(日本)[3] 6-3 6-3 ● 10 近藤賢 (日本)

男子ダブルス[not held]

女子シングルス[not held]

女子ダブルス[not held]

混合ダブルス[not held]


80歳以上の男子シングルスで優勝した志津太郎選手(日本/右)と準優勝の近藤毅選手(日本)(写真提供:SPORTS SUNRISE.COM)

85歳以上

※開催していません

90以上

※開催していません