[Interview]“村上”が横浜スタジアムに降臨。ターニングポイントとなったDeNAとの首位決定戦をヤクルトOBの飯田哲也が語る | プロ野球 | プロ野球 DAZNニュースジャパン


▶▶▶DAZNで詳しく見る◀◀◀


いよいよプロ野球2022シーズンも第4コーナーを迎えました。 厳しい8月を乗り越え、東京ヤクルトスワローズは2年連続でセ・リーグ優勝に近づいている。 村上宗隆は間違いなく連勝の要。

打率.333、本塁打55、打点132。 打撃の主要3部門でトップを走るなど、令和初の三冠王に期待がかかる。 さらに本塁打記録は、2013年に当時ヤクルトに所属していたバレンティンが樹立した60本塁打の日本記録に迫る勢いだ。

そんな圧倒的な実績を持つ村上選手について、元ヤクルト社員で現在はDAZNのコメンテーターを務める飯田哲也氏に話を聞いた。

(取材は9月2日)

今年の村上宗隆を象徴するワンショットは?

──今シーズン、野球界ではさまざまな話題があります。 飯田さんは今シーズンの村上選手をどう見ていますか?

飯田哲也(以下飯田) アップダウンの波はなく、常に良好な状態を保っています。 そこまで打てば他球団も色々対策してるはず。 ホームランが止まった時期もありましたが、それを乗り越えて結果を残すことができました。 素晴らしい演奏になりました。

──まだ22歳ですが、すでにチームを引っ張っているように感じます。 飯田さんから見れば、ここ数年で村上さんはどう変わった?

飯田 一番大きな変化は、ボールに触れなくなったことだと思います。 1年目は彼の下で育ち、2年目は1軍で143試合に出場したが、36本塁打を放つ中、184奪三振。 彼は大ヒットできるが、三振が多い。 彼はとても不安定なプレーヤーでした。

でも、年々ボールの捉え方が上手になって、三振はかなり減り、四球も取れるようになってきました。 もともと持っていたポテンシャル、ボールを見る力、ミスが減ったことが今の結果につながっていると思います。

──逆方向に強く打てるなど、打球のポテンシャルは高かったですね。 成績アップの理由は、ボールへの対応力があるから。

飯田 村上は今、そのような打撃のコツを持っています. 四球が出てボールが見えるのは、追い詰められてからコンパクトにスイングしているからです。 でも村上選手の場合は、コンパクトにスイングしてバットを打ってもホームランが打てます。 「小さなスイングでも芯で受け止めればスタンドに持ち込める」というコツがあったと思います。

──2ストライクを強いられても強いスイングをするホームランヒッターは多い気がします。

飯田 村上も追い込まれるまでスイング。 しかし、2ストライクに打ち込むと、芯で捉えることを意識しながらコンパクトにスイング。 だからどんなボールも扱えるし、芯でキャッチすればホームランになる。 だから投げている人は対戦嫌いなんです(笑)。

私は先攻だったので、追い詰められた時はバットを短く持って、コンパクトに振って、くっつけて四球を打つことを意識していました。 しかし、それは数字の 4 が必要とするものではありません。 コンパクトでありながらホームランを打つコツを村上さんが発見したと思います。

先日(8月28日)の横浜スタジアムで打った本塁打もそうです。 エスコバルから打ちましたが、村上はフルカウントの状況で全く振れませんでした。 ガンガン叩きながらもスタンドに飛ばした。 それが今年の村上を象徴する一撃だった。

村上が横浜スタジアムに降臨

──横浜DeNAベイスターズとの3試合の話もありましたが、8月26日から横浜スタジアムで行われた3試合がシーズンの折り返し地点でした。

飯田 前半戦でここまで走り、史上最速の魔導灯となったヤクルトだったが、シーズンが長いので、必ずしも良い時期とは限らない。 特に8月は山田哲人が機嫌が悪く、サンタナがいなくて、投手陣が疲れていた。 ヤクルトにとっては大変な時期だったと思います。

── 一方、8月はDeNAが好調でしたね。

飯田 ヤクルト戦までに16勝3敗でかなりのお金を貯めました。 最大17.5ゲーム差だったのに、4ゲーム差で真っ向勝負。 DeNAは圧倒的な勢いでした。

──さん飯田さんは現役時代も日本一、ソフトバンクのコーチ時代も経験されましたね。 勢いで追いかけてくるチームと対戦するのはどんな気分ですか?

飯田 追われている方がかわいそうです。 10試合離れているときは楽に試合に臨むことができるのですが、だんだん試合が少なくなってきたときは「なんてこった…」という精神状態です。 一方、彼らを追う者はどんどん勢いを増していく。 ヤクルトもDeNAもそんな状況だった8月。

──チームの状況が対照的な3連戦でした。

飯田 DeNAにとっては、この3試合連続で「行こう」という気持ちだったはず。 一方、ヤクルトは「やばい」という精神状態だったでしょう。 しかし、それを一気に覆したのは「村上」だった。

DeNAとしては村上さんだけが叩かれるべきではないと思うので、相当な対策をされていると思います。 彼はそれを超えました。 初戦は0-0で中盤に入りながら強烈な先制パンチ。 後付けかもしれませんが、あの3ランが3連戦の流れを決めた印象でした。

──無死一塁二塁のバッテリーは厳しい状況でしたが、勝負を選びました。

飯田 おそらく大貫真一はワンバウンドフォークを投げるつもりだったと思います。 打てばラッキーだろうと思って投げてみたが、少し高くなってしまった。 殴られた時、大貫は「嘘だ」と思っただろう。 DeNAが絶対に叩かれてはいけないシーンで、そこを叩き返す村上さんが凄かった。

──一発でヤクルトが復活した印象です。

飯田:DeNAとしては、絶対に打たれてはいけない選手に、打たれてはいけない状況で打たれました。 その後ろに3点を素早く取り戻せたのは、フォームが良いからだと思っていたのですが、実際には第1戦を落とし、第2戦も16-4で敗れました。 1勝も取らないといけない厳しい状況になりましたが、そこでも村上選手が決勝ゴールのホームランを打ってくれました。 村上に始まり村上に終わる3連戦となった。 今シーズンを象徴する試合だったと思います。

18年ぶりの三冠、史上最年少。

2022-08-23-npb-スワローズ-村上

──また恐ろしいバッターに成長しましたね。 実は18年ぶりの三冠が現実のものになりつつあります。

飯田 せっかく結果が出たので勝ちたいです(笑)。 ホームランも打点も間違いないので、どこまで数字を伸ばせるか。 問題は打率。 しかし、その打率でも、相手のバッテリーは試合を回避する可能性が高くなります。 1試合で2球を歩き、残りの2打席で1球を打てば打率は上がる。 これはあなたのチャンスです。

ただ、村上の目標は三冠や本塁打王ではなく、優勝だと思います。 結果、三冠王になっただけで勝利が一番。 だからうまく四球を選べる。 ホームランを打とうとすれば、無理やりスイングする。 持っていないことが良い結果につながると思います。

しかし、打率が上がることもあれば下がることもあります。 変動する数字なのでプレッシャーはあると思います。 それでも個人的には村上選手に三冠を勝ち取ってもらいたいです。

──本塁打については現時点で49本。 50は目の前です。

飯田 今日の試合(9月2日中日戦)で打ってみませんか? (※村上選手はこの試合で50号本塁打を放ちました。)

ヴァレンタイン60号も見れるのでとても楽しみです。 更新してくれたら最高です。 バレンティンの60番を目の前で見たが、そのシーズンは8打席か9打席で1本塁打を放つ計算だった。 村上の今シーズンの打席数は507打数中49打数で、ほぼ10打数に1打席に相当する。 あのバレンティンに匹敵する日本人だから本当にすごい。 そして打撃部門は10冠ですよね? 私はもうそれを処理することはできません。

──ヤクルトは村上選手の活躍でDeNAで天王山を制しました。

飯田 それはもう勝った。 ただ、村上選手に勝てるチームはもうないと思うので、どうやって点をとっていくのか。 巨人戦では、村上が歩いて大砂と対戦するシーンがありました。 結果、負けてしまいましたが、そういう選択をするチームが増えると思います。 勝てなくても村上が点を取れるように、大砂、中村悠平、サンタナの活躍が重要になる。 山田。 コンディションが戻ってきているので、チームにとっては大きなことだ。 今後、DeNAが差を縮めても追いつかない。

インタビュー=川島正孝

1986年5月9日福岡県福岡市生まれ。 大学卒業後、携帯サイト「スーパーワールドサッカー」でライター・編集者として勤務。 2018年よりフリーライターとして活動を開始し、2020年よりDAZN NEWSにてプロ野球を担当。

関連ページ

●2022年プロ野球ランキング表 | オープンゲーム | セントラル・リーグ | パシフィック・リーグ | 交流戦

DAZNについて

DAZN なら、いつでもどこでも好きなスポーツをライブで観戦できます! 今すぐ下の記事をチェックしてください。

●[Program Guide]最近のホットなコンテンツは何ですか?
●[Discount]DAZNの料金・割引プランとは?


セントラル・リーグ

パシフィックリーグ