FX/外国為替「145円台後半のドル/円は介入警告と将来の高期待が混ざり合っている」Foreign Exchange Today 2022年10月11日 –

FX/外国為替「145円台後半のドル/円は介入警告と将来の高期待が混ざり合っている」Foreign Exchange Today 2022年10月11日 –

今日の外国為替

主要通貨ペア(ドル/円、ユーロ/円、豪ドル/円、ポンド/円)の前営業日の値動きをわかりやすく解説し、今後の見通しをご提供します。

作成日時:2022年10月11日9時30分
執筆・監修:外為どっとコム総合研究所 リサーチマネージャー 神田拓也

目次

▼10日(月)の為替レート
①:BOE国債市場の安定化に向けた追加措置の発表
②:ウクライナ情勢の悪化懸念
(3): 「ドイツとEUの共同結合を支持する」との報道もある
(4): FRB 副議長の発言

▼10日(月)株式・債券・コモディティ市場

▼外国為替注文情報/ ▼本日の展望/ ▼USD/JPY 見通し:145円台後半、介入警戒と今後の高騰期待/ ▼注目の経済指標/ ▼注目のイベント

10日(月曜日)の為替レート

期間:10日(月)7:00~11日(火)5:55 ※チャートは30分間隔(日本時間) 出典:外為.com

①:BOE国債市場の安定化に向けた追加措置の発表

イングランド銀行 (BOE) は、国債市場を安定させるために長期債の購入制限を今週末までに 2 倍にするなど、さらなる市場の混乱を防ぐための措置を発表しました。 同日、クワルテング首相は、中期財政計画の発表を10月31日に繰り上げると発表した。 財源に裏打ちされていない経済政策を打ち出し、混乱した金融市場を沈静化させる狙いもあるとみられる。 しかし、いずれもポンドの為替レートを押し上げることに成功しませんでした。

②:ウクライナ情勢の悪化懸念

ロシアがウクライナの首都キエフにミサイル攻撃を仕掛けた後、欧州株が急落した。 地政学的リスクの高まりにより、ユーロ/円のクロスは下落しました。 ドルと円が買われる中、ドル/円は方向性を見出すのに苦労した。

(3): 「ドイツとEUの共同結合を支持する」との報道もある

一部メディアが「ドイツがエネルギー危機への対応として欧州連合(EU)共同国債を支持」と報じた後、一時的にユーロ買いが強まった。 ドイツは共同債に反対していたが、ロシアのガス供給と代替エネルギー供給への移行なしで冬を乗り切るためにEUが多額の支出をする必要があると考えているため、行動を求めている. うるさくなってきた。

(4): FRB 副議長の発言

米連邦準備制度理事会(FRB)のブレイナード副議長は「累積的な引き締めがインフレを引き下げるには時間がかかるだろう」と述べた。 慎重に進める必要がある」と述べた。 彼はまた、「ロシアのウクライナ侵攻は、食料とエネルギー価格にさらなる衝撃を与える可能性がある」と述べた。

10日(月曜日)の株式・債券・商品市場

[Information provided by Gaitame.com]

  • ※「外国為替注文情報」とは、外為どっとコムの「外貨ネクストNeo」で取引中のお客さまが、指値注文や逆指値注文の状況を確認できるツールです。
  • ※また、高度なチャート(無料)の「売買分析」を選択することで、チャート上に注文情報を表示することができます。
  • ※この外国為替注文情報は情報提供を目的としたものであり、最終的な投資判断は投資家ご自身で行っていただきますようお願いいたします。

今日の展望

ドル/円の見通し:145円台後半は介入に慎重、先行き高騰期待

昨日のドル/円は終値ベースで約0.2%上昇。 米連邦準備制度理事会(FRB)は、前週末の米9月雇用統計を受けて引き続き積極的な引き締めを行うとみられ、株価は145.80円前後まで上昇。 ロシアのウクライナへのミサイル攻撃による欧州通貨の下落も、ドルの上昇を後押しした。

今日の市場は、9 月 22 日の日本の当局による円買い介入の直前にヒットした 145.91 円付近の 24 年ぶりの高値を意識する可能性があります。 2次介入の懸念から145円台後半で売り戻しが予想されるが、145.91円前後を超えると146円台まで上昇が続く可能性が高い。 145円台前半は介入警戒と物価上昇期待が入り混じる水準とみられ、このあたりは神経質な動きが続きそうだ。

注目すべき経済指標

注目のイベント

※時間は日本時間で表示されます。
※「注目の経済指標」「注目のイベント」は、人気の高い順に「◎」「○」「無印」で表示しています。
※発表時間は予告なく変更になる場合がございます。 また、スケジュール一覧は信憑性が高いと思われる情報に基づいて作成しておりますが、内容の正確性を保証するものではありませんので、予めご了承ください。

神田.jpg外為どっとコム総合研究所 所長 リサーチマネージャー 主任研究員
神田拓也
4年半の証券会社勤務を経て、1991年9月株式会社名丹トラディションに入社。 外国為替(ドル・円現物デスク)をはじめ、ファンド(預金)や金利デリバティブなど各種金融商品の国際取引仲介を担当。 その後、2009年7月に外為どっとコム総合研究所の設立に参画し、為替レートや市場調査に携わる。 2011年12月より現職。現在は、FX個人投資家向けの為替情報配信を本業としながら、Webサイト、新聞、雑誌、テレビ等で相場動向についてコメントしている。

●免責事項
当サイトに掲載している情報については細心の注意を払っておりますが、その内容を保証するものではありません。 また、本サービスは投資判断の参考​​となる情報提供を目的として提供するものであり、投資勧誘を目的として提供するものではありません。 投資方針、タイミング等の最終的な判断は、お客様ご自身でお願いいたします。なお、本サービスをご覧になったことにより生じたいかなる損害についても、株式会社外為どっとコムは責任を負いませんので、あらかじめご了承ください。

お金の教育チャンネル:外為どっとコム