[Foreign exchange intervention effect is limited]引き続き「円安」メリットの経済再開銘柄に注目! | | ダブル株で勝つための投資テクニック | ダイヤモンドオンライン

[Foreign exchange intervention effect is limited]引き続き「円安」メリットの経済再開銘柄に注目!  | | ダブル株で勝つための投資テクニック | ダイヤモンドオンライン

「株式投資に興味があるけど、何から始めたらいいの?」そんな株式投資初心者におすすめしたいのが「5万円から始められる!黒字化するダブル株で勝つための投資テクニック」(ダイヤモンド社 馬渕真理子著)。全国各地のセミナーで5年前から個人投資家の皆様にお伝えしてきました。「倍増銘柄で黒字化投資」とは、四半期ごとの決算データで営業利益や経常利益が「赤字」から「黒字」に変わるタイミングで株を素早く見つけて買い、倍になったら売るというシンプルな方法です。 方法。 「リスクは取りたくない、損切り回数を減らしたい、でも利益は出したい!」しっかり者の方でも始めやすいマイルドな投資法です。 今回から、書き下ろし記事を特別編としてお届けします。 株式市場の未来は? 有望株とは? 最新の儲かる2倍株候補株をご紹介。

[Foreign exchange intervention effect is limited]引き続き注意を払い、 写真:アドビストック

24年ぶりの円買いドル売り為替介入

9 月 22 日は、株式市場の目まぐるしい日でした。 日銀の金融政策決定会合後の為替介入。

円は1ドル146円弱まで急速に下落しており、政府と日銀は22日、1998年6月以降、約24年ぶりの円買いドル売りによる為替介入私は急落した。 輸入物価が高騰し、家計の負担が増える中、政府は為替介入で急激な円安を防ごうとしている。

介入を受けて円相場は一時1ドル140円台まで上昇した。 パフォーマンスは成功します。 政府のメッセージは、現段階では 145 円前後が許容範囲であるというものです。

また、鈴木俊一蔵相は「引き続き為替の動向を注視し、過度な変動に対しては必要な措置を講じる」と述べた。 可能性を読んでください。

今回の為替介入は、日銀が政策決定会合で金融緩和の継続を表明し、利上げができない状況で行われた。

日米の金利差が拡大し続ける中、選択肢は限られていると言えます。

消費者は円安による物価上昇を懸念していますが…

日本銀行は、円安はGDPに代表される経済全体にとってプラスであると同時に、人々の物価上昇期待(インフレ期待)を高めるので好ましいと考えています。 すべての投資家は、円安が日本経済にとってプラスであり、それがマクロ経済の観点から正しいことを知っています。

また、為替介入の資金源である外貨準備高は限られているため、円安を覆して円高に導くことは難しいことも分かっています。 米国との「協調介入」がなければ難しいし、円高を真剣に考えているとも思えない。

 日本は円安プラス. さらに、米国にとって「ドル安」につながる為替介入は考えにくい。 これは、ドル安が米国の物価上昇を加速させ、インフレを抑える「利上げ」の効果を弱めているためです。

いよいよ、経済界も株式市場も待ちに待った「経済再開」

その後、岸田文夫首相は 9 月 22 日、ニューヨーク訪問中の 1 日当たりの入国者数の制限を解除すると発表した。 個人旅行も解禁され、短期滞在者のビザ取得も免除され、いずれも10月11日に実施される。

また、新たな観光需要喚起策「全国旅行割」やイベント支援策「イベント割」を10月11日より開始いたします。 いよいよ、経済界も株式市場も、待ちに待った「経済の再開」を待ち望んでいました。 日本経済が繁栄することを願っています。

また、岸田総理はNY証券取引所でスピーチを行い、NISAの常設化の意向表明やっています。

日本には2,000兆円の個人金融資産がありますが、その10%しか株式に投資されていません。 NISAの永続化により、税制優遇を受けながら投資しやすい環境が整います。 よりシンプルで使いやすいシステムに改善の余地はありますが、誰もが気軽に投資できる時代がやってきました。

引き続き儲かる転換株に注目!

ここまで、「儲かる転換株」に注目していただきたいとお伝えしてきました。 為替介入後も円安が続き、景気の回復が期待できます。

そこで今回は、カフェ「ドトール」と「星野珈琲店」を展開します。ドトール/ニチレスHD <3087>に注意。

まずは新型コロナウイルス感染症からの回復と、メニュー開発による客単価の上昇に注目。 売上高の36%を占める「卸」が強いコーヒーを背景に、小麦粉などの原材料費の高騰を補っている。

7月15日の2月23日決算第1四半期(1Q)決算発表にて、営業利益9億7200万円で黒字化ただし、1Q時点での進捗率は45%と高い進捗率です。 経済が本格的に再開する中、10月14日の第2四半期決算を控えて注目を集めている企業です。

[Foreign exchange intervention effect is limited]引き続き注意すること 馬渕真理子
経済アナリスト、公認テクニカルアナリスト フィスコ金融・経済シナリオ分析協議会研究員 ジャパンクラウドキャピタルマーケティング/非上場市場アナリスト フジテレビ系LiveNewsαレギュラーコメンテーター
滋賀県生まれ。 同志社大学法学部卒業、京都大学公共政策大学院卒業、公共政策修士号取得。 2013年に関西の某医療法人に入社後、資産運用トレーダー業務を開始。 独学で財務・経営分析力を磨いた結果、資産は3倍に。 2015年独立系金融情報配信会社フィスコのアナリストに就任。 上場企業経営者へのインタビューを中心に、個別銘柄や日本、韓国、アメリカ経済などの市況分析に従事。 入社当時、アナリストだった上司から「安定した銘柄選択法」として「黒字化するダブル株」のノウハウを受け継いだ。 2017年よりJapan Cloud Capitalの会員となり、日本初の非上場市場アナリスト兼マーケターとして活躍。 雑誌やWEBで連載多数。 雑誌「PRESIDENT」にも多数寄稿。 「プレジデントオンライン」が執筆した記事は、2020年半年で6,000万PVを突破し、「日本一話題のアナリスト」と言われています。 2020年11月、ラジオ日経にて「馬渕真理子の5分で教えて!ベンチャー社長」をスタート。 2021年6月16日、初の著書『5万円から始められる!2倍の株で儲かる投資テクニック』ダイヤモンド社より刊行。

.