FOMC は 3 回連続で政策金利を 0.75% 引き上げます。 147円はドル/円の警戒線? | | FXの比較とランキングのためのHEDGE GUIDE

昨日開催されたFOMCは市場の予想通り0.75%の利上げを行い、3回連続で0.75%の政策金利の引き上げが決定されました。 0.75% の政策金利の引き上げにより、FF 金利の目標は 3.00% ~ 3.25% に設定されました。 市場は上下に動いています。

まず、今回のFOMCには2つのポイントがあります。 (1)FRB理事会メンバーの今後の市場予想の変化 (2)パウエル議長の発言。

出典: 連邦準備制度理事会「経済予測の概要」

FRB が公表した FOMC 後に発表される FRB メンバーの将来予測は、最初に 6 月の FF 金利の年末予測 3.4% から 4.4% に変更されました。

来年末のFF金利も6月の3.8%から4.6%へと大幅に上昇した。

来年の失業率は 4.4% に上昇すると予想されており、6 月の 3.9% からさらに悪化しています。

コア・インフレ率もまた、6 月の 2.7% から 3.1% に上昇し、物価上昇が完全には抑えられず、見通しが 6 月の予測から全般的に大幅に引き上げられたことを示しています。

パウエル議長のコメントは、日本銀行が引き続きインフレ抑制を最優先事項とすることを市場に思い出させるものであり、一般的にはタカ派的な発言と見なされた。

まず、「政策金利の引き上げによる成長の鈍化や労働市場の弱体化は、当然国民全体に苦痛をもたらすが、価格を最優先に行動する」ということを伝えることが重要です。安定。”

自身のミッションであるインフレ抑制を達成するまで粘り強く続けるとの発言もあり、ソフトランディングは難しいとの意見もあったとは意外だったかもしれません。

最初からソフトランディングは難しいとはいえ、インフレと戦うという中央銀行の提案は、市場の需要を完全に押しつぶすことを意味します。 今回のFOMCでの私の個人的な意見ですが、株式市場は必然的に減価償却の方向に動きます。

住宅市場については、金利上昇により需要が減少し、市場は正常化するとコメントした。

年末の利上げに対する市場の期待

※グラフはCME FedWatch Toolをもとに筆者作成

上記は年末の市場の利上げ予想ですが、FOMC後に最大4.25%の利上げが織り込まれ始めている状況です。

今回個人的に思うのは、来年以降の終末率は4.5%くらいでしょうか。 少し視線に気をつけたいところです。

FOMC後のドル円、米国債10年金利、NYダウの動き

※TradingViewから筆者が作成したグラフ

以上がFOMC後のドル/円、米10年国債金利、NYダウの動きです。 動いており、ドル円が下落、米国債金利も下落、入り混じった動きです。

ドル自体は2年物国債利回りの上昇により主要通貨に対して上昇しているが、強い円買い圧力によりドル/円は下落傾向にある。 起きていることは奇妙な動きと言えます。 株価が下落し、ビットコインも下落していることにも注意が必要です。

また、米国がよりタカ派にシフトしたため、株価は短期的に下落すると予想されます。

そして、ロシアが再び炎上し、高インフレに悩まされている欧州では、ECBが米国に追随してタカ派にシフトすると想定できるため、欧州株式市場は下落する可能性が高い。 トレーニングしたいところ。

日本株については、日銀次第ですので、緩和政策が継続されれば、欧米に比べて日本株の下落幅は小さくなると想定しています。

為替市場では、ドル高のセンチメントは変わらないが、ドル高は企業収益の逆風となるため、先行きの見通しが明快になりつつあり、ドル高が進む可能性もある。拘束された。 と思います

1998 年の高値 147 円を警戒線とするシナリオでのドル/円相場は、150 円はありそうにない。

次の 2 つのタブは、以下の内容を変更します。

中島翔

学生時代にFX、先物、オプション取引を経験し、4年間はFXを中心に投資に打ち込む。 その後、金融業界のマーケット部門を目指し、2年で証券アナリスト資格を取得。 あおぞら銀行にて、MBS(モーゲージ・バックド・セキュリティーズ)投資業務、外貨資金運用業務に従事。 また、三菱UFJモルガン・スタンレー証券に出向し、外国為替現物、先物取引、信用取引に従事。 金融業界に関する幅広い知識を持っています。 証券アナリストの資格を持つ。 ツイッター: @sweetstrader3 / インスタグラム:@fukuokasho12
中島翔

.