F1日本GP、フェルスタッペンが2022年のF1チャンピオンを獲得 2連覇 – カーウォッチ

F1日本GP、フェルスタッペンが2022年のF1チャンピオンを獲得 2連覇 – カーウォッチ

F1日本グランプリ第18戦を制し、2022年にドライバーズチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペン。

10月7日から9日の3日間、鈴鹿サーキット(三重県鈴鹿市)で第18回F1日本グランプリが開催された。 決勝レースが始まるやいなや、赤旗中断。 約2時間の中断の後、レースは再開され、マックス・フェルスタッペン(Car No. 1 Red Bull Racing RBPT)がレースに勝利した。 彼のチームメイトであるセルジオ・ペレス (#11 Red Bull Racing RBPT) は 2 位でした。 この結果により、フェルスタッペンは2022年のドライバーズチャンピオンを獲得することになります。

岸田総理、水樹奈々など様々なゲストを迎えて3年ぶりに日本GP開幕前セレモニー

F1 セレモニーは通常、レコナイザンス ラップの後、ピットレーンが閉鎖され、すべての車がグリッドに整列した後に行われます。 今回も、そんな多くのゲストの前で開会式が行われました。

岸田文夫総理大臣をはじめ、多くの来賓がありました。 これまで、国土交通大臣がF1日本グランプリに出席し、授賞式にプレゼンターとして参加するケースがありました。 しかし、日本の首相がゲストとしてF1日本グランプリを訪れたのはこれが初めてです。 私が知る限り、首相は国内レースでゲストとして訪れたことがなく、日本のモータースポーツの歴史において首相の訪問は大きな意味を持っていると言えます。 聴覚障がい。

総理訪問により、鈴鹿サーキットは厳重な警備体制となり、予選日まで実施されていなかった手荷物検査が実施され、総理大臣が想定されていたルートには多数の警備員が配置された挨拶する。 準備は印象的でした。

レコナイザンスラップが始まる前、岸田総理は「最後までレースを楽しんでほしい」と詰めかけた多くの観客に挨拶。 偵察の後、彼女は声優で歌手の水樹奈々が国歌「君が代」を歌うセレモニーにも参加した.

レース直前の大雨により、スタート直後にアクシデントが発生し、レースは赤旗中断。

レース直前に降った雨の影響でウェットコンディションでスタート。 予選17位のピエール・ガスリーはピットスタートを選択し、全車がスタートを終えた後にスタート。 スタート前の気温は18℃、路面温度は21℃と前日の予選よりも低かった。

ウェットコンディションではあったが、レースがスタートできないほどの重さではなかった。 通常のスタンディングスタートで、全車インターミディエイトタイヤでスタート。

シャルル・ルクレール(No.16 フェラーリ)は2位で好スタートを切った。 しかし、ポールポジションからスタートしたマックス・フェルスタッペン(Car No.1 Red Bull Racing RBPT)が1コーナーから2コーナーにかけてオーバーテイクし、トップに返り咲いた。

1コーナーでセバスチャン・ベッテルがフェルナンド・アロンソ(No.14 アルピーヌ・ルノー)と接触して飛び出し、カルロス・サインツ(No.55 フェラーリ)が200Rの前にアクアプレーニング状態でクラッシュ。 横に駐車していたアレクサンダー・アルボンは、エンジントラブルで速度を落とし、スプーンの周りに駐車。 その結果、1周目の終わりまでにセーフティカーが導入され、雨がさらに激しくなり、2周目に赤旗でレースが中断されました。

レース再開後はフェルスタッペンが独走、レース後にルクレールにペナルティでチャンピオン確定

40分近くの中断の後、セーフティカー主導のローリングスタートでレースが14:50に再開されることが明らかになりました。 赤旗中断中は全車タイヤ交換(エクストリームウエットタイヤへの交換が義務付けられた)となり、スタート時のクラッシュによるマシンのダメージを修復することが可能となった。 しかし、再スタート1分前に再スタート延期のアナウンスが入り、レースは中断のまま。

赤旗中断が2時間以上続いた後、16時15分、3周目からセーフティカーの下でレースが再開された。 セーフティカー下で周回が続いたが、5周目開始時にセーフティカーがピットインし、レースが再開された。 全車きれいに1コーナーへ向かったが、セバスチャン・ベッテル(No.5 アストンマーチン・メルセデス)とニコラス・ラティフィ(No.6 ウィリアムズ・メルセデス)が早めにピットインし、エクストリームウェットからインターミディエイトに変更。 .

これを見て、トップのフェルスタッペン、2位のルクレールなど上位チームがインターに入れ替わった。 その結果、フェルナンド・アロンソ(No.14アルピーヌ・ルノー)がトップに躍り出たが、次の周にはアロンソもピットインし、最終的にインテルに乗り換えたフェルスタッペン、ルクレール、ペレスがトップ3に戻った。 . インターへの交換を遅らせたドライバーは、ランクを下げることになりました。

フェルスタッペンは独走を続け、2位のルクレールを徐々に引き離し、スタートから3時間でレースを終えるというルールにより、27周を終えてトップのチェッカーフラッグを受けた。

2位は終盤、3位ペレスの猛追をかろうじてかわしたルクレール、3位はペレス。 しかし、最終シケインで、ルクレールがコースアウトしてアドバンテージを維持したとして+5秒のペナルティが与えられ、ペレスは2位に浮上した。

レース距離不足で減点されたところ、レースが中止され再開されなかったため満点が与えられ、その結果フェルスタッペンの2022年のドライバーズチャンピオンシップタイトルが決定した。

4位は同じくルイス・ハミルトン(No.44メルセデス)をかろうじてかわしたエステバン・オコン(No.31アルピーヌ・ルノー)、6位はセバスチャン・ベッテル(5号車アストンマーチン・メルセデス)。

角田優希(No.22 アルファタウリ RBPT)は、スタートで13位から9位まで順位を上げたが、レース後半にニュータイヤに交換したことで13位でフィニッシュし、ホームレースでポイントを獲得できなかった。 .

F1 第18戦 日本グランプリ 最終暫定結果

ランク ナンバーカー 運転者 車両 周回数 時間
1 1 マックス・フェルスタッペン レッドブル・レーシングRBPT 28 3時間01分44秒004 25
2 11 セルジオ・ペレス レッドブル・レーシングRBPT 28 +27.066秒 18
3 16 シャルル・ルクレール フェラーリ 28 +31.763秒 15
31 エステバン・オコン アルピーヌ・ルノー 28 +39.685 秒 12
44 ルイス・ハミルトン メルセデス 28 +40.326秒
6 セバスチャン・ベッテル アストン マーティン アラムコ メルセデス 28 +46.358 秒 8
7 14 フェルナンド・アロンソ アルピーヌ・ルノー 28 +46.369秒 6
8 63 ジョージ・ラッセル メルセデス 28 +47.661秒
9 6 ニコラス・ラティフィ ウィリアムズ・メルセデス 28 +70.143秒 2
ランド・ノリス マクラーレン・メルセデス 28 +70.782秒 1
11 3 ダニエル・リカルド マクラーレン・メルセデス 28 +72.877秒 0
12 18 ランス・ストロール アストン マーティン アラムコ メルセデス 28 +73.904秒 0
13 22 角田広樹 アルファタウリ RBPT 28 +75.599秒 0
14 20 ケビン・マグネセン ハース・フェラーリ 28 +86.016秒 0
15 77 バルテリ・ボッタス アルファ ロメオ フェラーリ 28 +86.496秒 0
16 24 周関羽 アルファ ロメオ フェラーリ 28 +87.043秒 0
17 ピエール・ガスリー アルファタウリ RBPT 28 +88.091秒 0
18 47 ミック・シューマッハ ハース・フェラーリ 28 +92.523秒 0
NC 55 カルロス・サインツ フェラーリ 0 DNF 0
NC 23 アレクサンダー・アルボン ウィリアムズ・メルセデス 0 DNF 0

※暫定結果です。 注 – ルクレールは、トラックを離れてアドバンテージを得たことに対して、5 秒のタイム ペナルティを受けました。

ドライバーズチャンピオンシップ(F1第18戦日本グランプリ終了時)

ランク 運転者 車両
1 マックス・フェルスタッペン ネッド レッドブル・レーシングRBPT 366
2 セルジオ・ペレス メキシコ レッドブル・レーシングRBPT 253
3 シャルル・ルクレール フェラーリ 252
ジョージ・ラッセル GBRさらに表示 メルセデス 207
カルロス・サインツ ESP フェラーリ 202
6 ルイス・ハミルトン GBRさらに表示 メルセデス 180
7 ランド・ノリス GBRさらに表示 マクラーレン・メルセデス 101
8 エステバン・オコン FRAMもっと見る アルピーヌ・ルノー 78
9 フェルナンド・アロンソ ESP アルピーヌ・ルノー 65
バルテリ・ボッタス フィン アルファ ロメオ フェラーリ 46
11 セバスチャン・ベッテル ドイツ語 アストン マーティン アラムコ メルセデス 32
12 ダニエル・リカルド オーストラリア マクラーレン・メルセデス 29
13 ピエール・ガスリー FRAMもっと見る アルファタウリ RBPT 23
14 ケビン・マグネセン デン ハース・フェラーリ 22
15 ランス・ストロール できる アストン マーティン アラムコ メルセデス 13
16 ミック・シューマッハ ドイツ語 ハース・フェラーリ 12
17 角田広樹 日本語 アルファタウリ RBPT 11
18 周関羽 CHNさらに表示 アルファ ロメオ フェラーリ 6
19 アレクサンダー・アルボン THA ウィリアムズ・メルセデス
20 ニコラス・ラティフィ できる ウィリアムズ・メルセデス 2
21 ニック・ド・フリース ネッド ウィリアムズ・メルセデス 2
22 ニコ・ヒュルケンベルグ ドイツ語 アストン マーティン アラムコ メルセデス 0

コンストラクターズチャンピオンシップ(F1第18戦日本グランプリ終了時)

ランク チーム
1 レッドブル・レーシングRBPT 619
2 フェラーリ 454
3 メルセデス 387
アルピーヌ・ルノー 143
マクラーレン・メルセデス 130
6 アルファ ロメオ フェラーリ 52
7 アストン マーティン アラムコ メルセデス 45
8 ハース・フェラーリ 34
9 アルファタウリ RBPT 34
ウィリアムズ・メルセデス 8

.