F1撤退後もホンダとレッドブルF1チームとの絆は深まる[F1-Gate.com]

F1撤退後もホンダとレッドブルF1チームとの絆は深まる[F1-Gate.com]

F1撤退後もホンダとレッドブルF1チームとの絆は深まる

ホンダは、3年ぶりに開催されたF1日本GPでマックス・フェルスタッペンが2年連続でワールドチャンピオンを獲得した戦いを振り返りながら、モータースポーツに挑戦し続ける意義を語った。

3年ぶりに鈴鹿サーキットで開催されたF1日本GP「2022 FIA F1世界選手権シリーズ ホンダ 日本グランプリ」Hondaは、タイトルスポンサーとして本大会をサポート。

世界最高峰のモータースポーツといえば、真っ先に思い浮かぶのはF1。 世界中から選ばれた20名のトップドライバーが、最先端技術を惜しみなく搭載したマシンで時速300kmを超える世界最速を競います。 そんなエキサイティングなレースもF1の魅力のひとつです。

年間を通して各国でグランプリが開催されていますが、新型コロナウイルスの影響で2020年、2021年のシーズンが中止となり、F1日本GPは3年ぶりに開催中止となりました。 戦いの舞台となった鈴鹿サーキットは難易度が高く、ドライバーの腕が試される名コースとして知られています。 熱い戦いへの期待を反映するかのように、予選・決勝のチケットは完売。

日本GPをさらに盛り上げた2人のドライバー。 1人目は、この日本GPで2022年のワールドチャンピオンを決めたマックス・フェルスタッペン(レッドブル・レーシング)。 昨シーズンはHondaのパワーユニット(PU)で戦い、Hondaに30年ぶりのドライバーズチャンピオンをもたらしたドライバーです。

今季はシングル状態でシーズンを駆け抜け、F1日本GPでチャンピオンの座を掴んだ。 フェルスタッペンにとって、鈴鹿サーキットはF1ドライバーとして初めての思い出の場所。 ここで2年連続の栄冠を手にし、日本のモータースポーツファンを熱狂させた。

2人目は、現在唯一の日本人ドライバーである角田有希。 2021年、スクーデリア・アルファタウリからF1デビューし、日本人初のF1ドライバーとしてデビュー戦で入賞。 2021年最終戦アブダビGPでは自己ベストの4位でフィニッシュするなど注目の若手ドライバーであり、今回の日本GPは母国初の凱旋となった。

角田祐希選手がHondaのドライバー育成プログラム「Honda Formula Dream Project」を卒業。 ホンダレーシングスクール鈴鹿(旧SRS:鈴鹿サーキットレーシングスクール)で腕を磨いたホームサーキットでの初レース。 予選13位からのスタートで、一時はポイント獲得に追いつき、見事完走。

Hondaは話題の尽きないF1日本GPに加え、タイトルスポンサーとしてだけでなく、今シーズンもオラクル・レッドブル・レーシングやスクーデリア・アルファタウリのレース活動をバックアップ。 ここから、ホンダがモータースポーツに挑戦し続ける理由とは? その意味を掘り下げます。

ドライバーズチャンピオンを獲得して2021年シーズンを締めくくったHonda F1ですが、実は今シーズンからF1でその技術が活躍しています。 2025年までは両チームともホンダの技術を活かしたPUを使い続けることが決定。

チームは Oracle Red Bull Racing と Scuderia AlphaTauri です。 ホンダは HRC を通じて、これら 2 つのチームに PU を供給する Red Bull Powertrains に技術サポートを提供しています。

特にオラクル・レッドブル・レーシングは、2年連続でチャンピオンを獲得したマックス・フェルスタッペンを擁するチームです。 ホンダのF1参戦は終了し、立場は変わったが、モータースポーツへの想いは変わらない。 だからこそ、チームをサポートするために最善を尽くします。 Hondaとチームの絆は強い。

PU、ドライバー、ボディ、そしてそれらを勝利に導く戦略を練るチーム。 F1の舞台は、すべての要素が揃っていないとチャンピオンになれないということです。 その中で「私たちが誇りに思える作品を残したいという強い思いがあり、日々精一杯上を目指していることは、チームとしてもよく理解していると思います」とのこと。 角田 哲史 ホイールレース開発部 技師長。

HRCとチームの絆は、オラクル・レッドブル・レーシングが2022年シーズン第14戦ベルギーGPで優勝したエピソードに象徴される。 レッドブル所属のチーフメカニック吉野誠が表彰台に立ち、チームを代表してコンストラクターズトロフィーを受け取るシーンもありました。

「現在のF1 PUは、複雑で高度なテクノロジーの塊です。 操作のノウハウも必要です。ベルギーGPはマシンのパワーが問われるサーキットなので、PUの貢献を実感しました。 舞台裏で表彰台に立つことができて大変光栄です.PUに携わるメンバー全員にとって、1位を目指すモチベーションをさらに高めてくれる出来事でした.

Hondaは、F1という世界最高峰のステージを継承するために技術を磨き続けてきました。 Hondaがそこに見出した意義は、ただ冠をかぶってその存在をアピールすることだけではない。 世界一を目指して得た経験は、Hondaに大きな成長をもたらすからです。

「F1の技術開発スピードは圧倒的に速く、少しでも油断するとすぐに取り残されます。 重要なことは、ホンダがそれでも下から上に到達することができたことです.私は、ユニークな経験を通じて人と技術が成長したことが最も貴重だと思います.フェルスタッペンが今年の日本GPで私たちにもたらしたもの. 2連覇は自分たちにとっても勝利であり、自信になります」と角田哲史。

つまり、F1は人材育成の場でもあります。 HRCではレーシングエンジン未経験の新人がいきなりPUを担当。 そしてF1で経験を積み飛躍的な成長を遂げた後、他部署に異動してその知識を生かすケースも。

「F1は、ラップタイムとレースランキングだけに基づいて、真剣にテクノロジーを競うことができる場所です。 会社の都合とは関係なく、無残にも明らかな結果を生む極限の戦いです。 「どうすれば世界一になれるか」を考え抜いた人材その経験をHondaが携わる様々な分野に還元し、開発を加速させることで、Hondaがモータースポーツをサポートすることに意義があります。 それだけです」と角田哲史さんは言います。

2050年までにカーボンニュートラルや交通事故死傷者ゼロを実現し、モビリティによる新たな価値創造を目指すHondaにとって、それらの技術を生み出し、支える「人」は最大の財産です。

「現在、モータースポーツの世界では、カーボン ニュートラルな燃料および電気システムの開発が活発に行われています。 私たちが取り組んでいるF1の技術は、近い将来、一般の人々にも広まるはずです。 今後も挑戦し続けなければなりません。 未来に向けて積極的に技術開発に挑戦するHondaの今後にご期待ください」と角田哲史はコメント。

このエントリをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / ホンダf1 / レッドブル / F1日本GP