[F1]エンジンペナルティールールの見直しを求める声も…年間許容ベースの引き上げは有効か? – トップニュース

NEXT…F1スケジュール

2022 年 9 月 23 日金曜日 午後 18 時 33 分

フェラーリのチーム代表であるマッティア・ビノットは、現在のF1エンジンの年間許容量ルールと、年間数の制限を超えるエンジンコンポーネントに与えられるグリッド降格のペナルティを見直すべきだと提案した.

■年俸と罰則が厳しいF1エンジン

現在のルールでは、PU(パワーユニット)と呼ばれるF1エンジンを構成する部品ごとに、ドライバー1人あたりの年間使用回数が厳しく規定されています。

2022年の場合、ICE(内燃機関)、TC(ターボ)、MGU-H(熱エネルギー回収システム)、MGU-K(運動エネルギー回収システム)がそれぞれ3台までとなる。 最大 2 つの ES (エネルギー貯蔵システム) と 2 つの CE (電子制御システム)。 EX(マフラー)は最大8基。

また、各成分を規定数以上投入すると降格ペナルティが課せられますが、初回は10グリッド、2回目以降は5グリッド降格となります。 また、一度に複数のコンポーネントが指定数を超えると、グリッド降格数が加算されますが、合計数が 15 グリッドを超えると、自動的にグリッドの後ろから開始されます。 の始まりです

昨今のF1では、現実的なエンジン部品数だけで1シーズンを戦うことは難しく、各チームや各エンジンサプライヤーは、シーズンのどこでグリッド降格ペナルティを消化するかを戦略的に判断しています。 多くのものがあります。

実際、今シーズンの第16戦イタリアGPでは、エンジン変更により9人のドライバーがグリッド降格ペナルティを受けることになる。 公式発表までわからないという状況もありました。

■オコンは、年間使用できるエンジンの数をわずかに増やす必要があると述べています

フランス人ドライバーのエステバン オコンは、イタリア グランプリの混乱により、年間のエンジン使用許容量を再考せざるを得なくなった可能性があると語った。

「もちろん、これほど多くのレースに耐えられるエンジンを供給できるメーカーはありません」

「欲しすぎる。人種が多すぎる」

しかし、2023年もエンジン変更による降格ペナルティをめぐる混乱を避けるのは難しいだろう。 2023 年は、今年より 2 レース多く、24 レースが開催されます。

「来シーズンに向けて、ルールを見直して、使用できるパワーユニット要素の数を少し増やす必要があると思う」とオコンは付け加えた.

■ビノット氏「さらなるルール整備と罰則の見直しが必要」

フェラーリを率いるビノットもオコンと同じ意見のようだ。

ビノットは、予選からモンツァでのイタリアGPのスタート順の公式発表までに時間がかかりすぎたと語った.

「レギュレーションは十分に明確ではなく、長い時間をかけてさまざまな解釈がなされてきた」

「それは間違いなく、将来のために解決しなければならないことです。」

「与えられたペナルティの量と、ペナルティに基づいてグリッドポジションが決定される方法が多すぎると思います。」

ビノットは、オコンと同様に、年間使用できる各ドライバーのコンポーネントの割り当てを増やすことが効果的であると考えています。

「ドライバーごとに 3 つの PU は、私たちが達成したことに対して少なすぎるかもしれません。」

ビノットは次のように付け加えました。

「たぶん、次のシーズンに向けて再考する必要があるでしょう。」

メルセデスのヴォルフ、グリッドペナルティには意味があると語る

一方、メルセデスのチーム代表であるトト・ヴォルフは、F1エンジンの変更に伴うグリッドペナルティを完全に廃止することは非現実的だと語った。

「グリッドペナルティがなければ、予選エンジンは5台ではなく20台だった」

イタリアの Autosprint と話すと、Wolff は次のように続けました。

「大規模なチームは、アドバンテージを得るためにいくらでもお金を使う。だから、それを避けるための要素が必要だ。だからこそ、ペナルティーがあるのだ」

「はい、ペナルティは複雑になりすぎていますが、私たちに与えられた自由が何であれ、私たちはそれを取り、戦略的ツールとしてより多く使用することを心に留めておく必要があります.be」

「ペナルティがわずか5グリッド、あるいは10グリッドだったとしても、レースのためにエンジンを壊すだろう。それによって0.3秒のアドバンテージが得られるからだ。抑止力が必要だ」

■エンジン交換ペナルティは今や重要な戦略要素

オコンの意見に反するように思えるが、実際にはF1エンジンメーカーが3台のエンジンで1シーズンを乗り切れるエンジンを製造することは難しくないはずだ。 しかし、それだけ耐久性の高いエンジンを作ろうとすると、性能を犠牲にしなければなりません。

つまり、ライバルと予選やレースで戦える性能のエンジンを作ろうとすると、たった3台のエンジンで1シーズンを乗り切る耐久性を持たせることはできず、やむを得ない。 シーズンのある時点で、彼はグリッド降格のペナルティを受けるでしょう。

Wolff氏が言うように、現実的には、年間使用許容量を超えて複数のレースでグリッドペナルティを受けても、シーズンを通してどのように競争するかを考えると、より有能なエンジンです. 装備することでチームにプラスになる側面もあるだろう。

当初、エンジンの年間使用台数に制限を設け、それを超えると罰金を科すのは、コストの上昇とエンジンメーカー間の性能差の拡大を抑えるためでした。 しかし、このルールが今やチームやエンジンメーカーにとって重要な戦略的要素であることは間違いありません。







前後の記事

ウィリアムズF1チョイス? アルボンはシンガポールGPで緊急手術からの復帰を目指すも、ド・フリースは「レギュレーション」で準備できない


フェルスタッペンのF1連覇、来週末のシンガポールGPに向けて落ち着く条件は?日本GPの可能性














.