F1、失ってはならない世界最高峰のサーキット「鈴鹿」への警告の声、復帰は晴れ | Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説

F1、失ってはならない世界最高峰のサーキット「鈴鹿」への警告の声、復帰は晴れ |  Formula1-Data / F1情報・ニュース速報解説

2019年から3年ぶりに鈴鹿サーキットがF1に復帰。 ドライバー、ファン、チーム関係者はみな喜び、称賛した。 そして外国のジャーナリストは、この素晴らしいサーキットを救うためにF1は「戦わなければならない」と警告している。

伝説のジョン・ヒューゲンホルツがデザインした鈴鹿は、1962年の竣工から60年間、当時の姿を保ち、数々の歴史を育み続けてきました。

2019年10月13日に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本グランプリ決勝で鈴鹿サーキット上空を飛行するHondaJet本田技研工業株式会社提供

2019年10月13日に鈴鹿サーキットで開催されたF1日本グランプリ決勝で鈴鹿サーキット上空を飛行するHondaJet

F1カレンダー独特の8字レイアウト、誰もが笑顔になる高速S字、デグナー、130R。 ここでのグランプリ レースの歴史、熱狂的なファン、そして彼らのスポーツへの愛情が、鈴鹿を世界最高のサーキットの 1 つにしています。

新型コロナウイルスのパンデミックにより、鈴鹿と日本は2020年と2021年のF1カレンダーから姿を消した。 F1 ドライバーは、3 年ぶりに鈴鹿と日本グランプリが待ち遠しく戻ってくることに興奮を隠せていません。

残念ながら、初日は雨でしたが、雨でも鈴鹿の美しさを損なうことはありませんでした。

Hondaドライバーとして初めて日本GPに臨むセルジオ・ペレス(レッドブル)は「ウェットでも間違いなく世界最高のサーキット」とコメント。

この種の賛辞の場合、通常は「one of the」という感嘆符が使用されますが、ペレスは「世界最高のトラックです」と宣言しました。

2022年10月7日、鈴鹿サーキットにてF1日本GP仕様の特製ヘルメットを装着したセルジオ・ペレス(レッドブル)Red Bull コンテンツプール提供

2022年10月7日、鈴鹿サーキットにてF1日本GP仕様の特製ヘルメットを装着したセルジオ・ペレス(レッドブル)

また、ルイス・ハミルトン(メルセデス)は「1周目はいつも特別だ。

「アイルトンを抜けて最終シケインに向かうと、[Senna]と[Alain]プロストのクラッシュ、ターン1、歴史のある各場所で、このように鈴鹿で走れることの特権を実感しています。」

シーズン終了をもってF1からの引退を表明したセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)にとって、2011年にタイトルを獲得した鈴鹿でドライブするのはこれが最後となる。

鈴鹿への愛情が非常に強く、将来的に日本のレースに参加する可能性を否定していないベッテルは、「コースはもちろん、この土地のすべてが特別です。神が設計したに違いありません。 「神」と言うのを躊躇しないでください。

「誰もがどこでも鈴鹿について話している。ファンは雰囲気と情熱を増してくれる。それは私たちを特別な気分にさせてくれる。間違いなく寂しい」

ドライバーの登場を待つファン、2022年10月8日F1日本GPアルファロメオレーシングの礼儀

ドライバーの登場を待つファン、2022年10月8日F1日本GP

「(引退)後悔はしていませんし、レースを楽しみにしていますが、これが最後になるのは少し悲しいです。」

「ここが好きだ。鈴鹿が好きだ。ここはもっと活気がある。マシンと戦う最初のセクターに入るたびに、満面の笑みを浮かべている」

35歳のドイツ人ドライバーは、日本のファンからの温かい支持に言及し、「ドイツの国旗のないドイツGPのようなものだ」と語った.

メッセージ入りのヘッドバンドをつけたセバスチャン・ベッテル(アストンマーティン) アストンマーティン・ラゴンダ・リミテッド提供

日本の国旗が描かれた「一番」のメッセージが入ったカチューシャをつけたセバスチャン・ベッテル(アストンマーチン) セバスチャン・ベッテル(アストンマーチン)、2022年10月6日 F1日本GP

かつて年間20戦以下だったF1は、2023年には過去最高の24戦を開催することになりました。F1には、文化立国を目指す新興国やアメリカ大陸など、世界各国から絶え間なくオファーが寄せられています。 それに伴い、保有権料も上昇傾向にある。

1シーズンに開催できるレース数には物理的な制限があります。 F1 は新しい市場の開拓に忙しく、鈴鹿のようなクラシック サーキットはカレンダーから除外される危険があります。 スパ・フランコルシャン、そしてモナコも例外ではありません。

サウジアラビア、バクー、マイアミ、バーレーン、ラスベガス… 近年追加されたすべての新しいグランプリ コースはすべてショーに焦点を当てたストリート サーキットであり、その性質上、必然的に妥協につながります。完璧に設計された鈴鹿のようなトラック。 結局

F1ジャーナリストのエド・ストローは、「三重県にこの象徴的なコースが戻ってきたことは、F1がこのコースを失わないように戦わなければならないことを思い出させてくれます。

「この個性とスペクタクルを備えたサーキットは二度と作られません。なんてもったいない」

「結局のところ、今日のようなF1を強いブランドにしたのは、鈴鹿のようなサーキットだった」

「鈴鹿は単なるサーキットではありません。2007年と2008年の富士スピードウェイへの短期間の変更が私たちに思い出させたように、鈴鹿は特別なものです。私たちはそのために戦わなければなりません。」

鈴鹿とF1の日本グランプリ開催契約は2024年末まで。私たちのファンに興奮を。」

F1日本GP特集