EV版「F1」公道走行、東京都誘致へ…小池知事発表 日産に次ぐ参戦期待も、コース選択など課題:J-CAST社ウォッチ[Full text]

EV版「F1」公道走行、東京都誘致へ…小池知事発表 日産に次ぐ参戦期待も、コース選択など課題:J-CAST社ウォッチ[Full text]

東京都が電気自動車(EV)のモータースポーツ「フォーミュラE」の開催を目指していることが分かった。 小池百合子知事は2022年9月20日の東京都議会で発表した。

小池知事は「日本の産業界では二輪車の完全EV化を目指す動きがある。世界的に環境規制が厳しくなる中、ZEV(ゼロ・エミッション車)へのシフトはさらに進んでいかなければならない。緊急だ」と政策声明で述べた。 そのきっかけとなりうる2024年の世界最高峰の電気自動車レース『フォーミュラE』開催を目指し、関係者と協議を進めていきます」 事実上の招待宣言です。

  • は

    「フォーミュラE」は東京で開催される? (写真はイメージです)

  • は

脱炭素化に向けた環境重視の東京都へのアピール

「フォーミュラE」は、通称「F1」で知られるモータースポーツの最高峰「フォーミュラ1」のEV版。 国際自動車連盟(FIA)が主催する新しいモータースポーツとして2014年にスタート。

排気音や排気ガスを出さないEVの特性を活かし、原則として市内の閉鎖された公道でレースを行います。 現在は「フォーミュラE世界選手権」として世界中を回っている。 今シーズンは、メキシコシティ、ローマ、モナコ、ベルリン、ジャカルタ、マラケシュ(モロッコ)、ニューヨーク、ロンドン、ソウルで開催されました。

韓国のソウルでもフォーミュラEが開催されていることを考えると、東京都が自動車の多い日本の首都を誘致することを目指すのは当然の決定のようです. 小池東京都知事の環境重視型行政に脱炭素化を訴える狙いもある。

F1モナコグランプリは、公道を一時閉鎖し、クローズドコースとして使用するレースとして知られています。 サーキットの新設費用や維持費がかからず、都市型コースのため集客力にも優れています。

六本木と丸の内の公道は2015年にそれぞれ閉鎖され、丸の内は2016年に閉鎖され、東京では民間団体がフォーミュラEのデモ走行を行った。

フォーミュラE世界選手権に出場するレーシングドライバーが走ったが、「安全のために低速レベル」だった(主催者)。 それにもかかわらず、フォーミュラEへの関心は高く、これまでのところ、東京や横浜など複数の地方自治体が候補地として浮上しています。

参戦は「技術力」&「環境意識」の高さを物語る…F1からの撤退を表明したホンダの動向にも注目

フォーミュラEには、日産、メルセデスベンツ、ポルシェ、ジャガーなど日欧の主要自動車メーカーが参加している。また、インドのマヒンドラ、中国のNIO、シンガポールのエンビジョンなどの新興自動車メーカーやエネルギー企業も参加している。

フォーミュラ E への参加は、メーカーの技術力と環境への意識を物語っています。 そのため、スポンサーの宣伝効果も絶大です。

日本で唯一の参加メーカーである日産は、「フォーミュラEに参加するのは、EVがもたらすエキサイティングな楽しさを世界中のお客様に届けるためです。EVは、最高速度320km/hを超える小型で軽量なマシンです」と語った。 高性能マシンを開発し、世界のトップバトルに参戦する意欲を見せている。

現在、日本ではBSフジでフォーミュラEをダイジェスト放送中。

フォーミュラEは排気音が無いのでF1ほどの迫力はない。

フォーミュラEの東京開催が決定すれば、日産に続いてトヨタ自動車、ホンダが参戦する可能性がある。 特にF1からの撤退を表明したホンダにとって、世界最高峰のフォーミュラカーレースをEVで復活させる意義は大きいだろう。

東京都内の都市部での開催実績がない… 各課題への対応は?

しかし、日本でフォーミュラEを開催することには課題があります。

日本は世界ラリー選手権(WRC)などのモータースポーツの実績があり、閉鎖された公道で開催されますが、地方都市や山間部に限られています。

東京の都市部を世界レベルのモータースポーツに利用した実績はなく、具体的なコース選択が難しくなる可能性があります。 レース展開の楽しさとコースの安全性を両立させるのは至難の業です。

また、小池都知事の入札発表に対する世論の反応も気になります。 有力メディアでは東京新聞が「知事は2024年のF1で電気自動車を開催する意向」と報じたが、フォーミュラEがまだまだ一般に知られていなかったためか、目立った報道はなかった。

東京の魅力は実現するのか? 具体的なコースの選定とともに、今後の開催の方向性が注目される。 (ジャーナリスト 岩城亮)

.