Atmos for car「Dolby Atmos for Cars」をアルファードで使ってみた – AV Watch

「Dolby Atmos for Cars」デモ用のトヨタ アルファード

ドルビージャパンは、1月25日から27日まで東京ビッグサイトで開催される第15回オートモーティブワールドに出展し、日本での展示会では初となる「Dolby Atmos for Cars」のデモカーを出展する。これに伴い、メディア向けの体験会が開催されました。

同社は、第15回オートモーティブワールド「カーエレクトロニクス技術展」に出展し、「Dolby Atmos for Cars」仕様のアルファードを出展する。 ブースはイースト ホール 5、42-52 です。 会場では、ドルビーアトモスの楽曲の試聴体験ができます。 第15回オートモーティブワールドは業者向けの商談展示会のため、一般の方、学生、18歳未満の方はご入場いただけません。

体験会の冒頭では、音楽におけるドルビーアトモスの採用状況や自動車向けのドルビーアトモスの動向について説明があり、ドルビーアトモスの曲については、シングルがビルボードのトップ100にランクインしたトップアスリートの2/3が一曲。 Ado、Aimer、Official髭男dism、宇多田ヒカルに加え、小泉今日子、松任谷由実、矢沢永吉といったアーティストの数が日本で拡大していると語った。

Dolby Atmos for Cars については、自動車業界では「CASE (Connectivity, Autonomous, Service & Shared, Electric)」を軸とした技術開発の動きがあり、「Electric」による電気自動車 (EV) の普及により、車内の静粛性の向上に伴い、より高品位なカーオーディオが求められるようになり、自動車メーカーとしては、30分以上かかるEV充電時間を快適に過ごせる環境を提供することが求められています。 採用メーカーが増加していることが明らかになった。

具体的には、2021年3月に米国の自動車メーカーLucid Motorsが世界初のDolby Atmos対応EV「Lucid Air」を発表したのに続き、中国のNIO、Riso Auto、XPENGなどのEVメーカーが続いた。 モデルを発表。

2022年10月、メルセデス・ベンツもドルビーアトモス対応車の導入を発表

そして2022年10月、メルセデス・ベンツは、メルセデス・マイバッハ、EQS、EQS SUV、EQE、Sクラスへの対応を開始し、対応車種を順次拡大すると発表し、翌年11月にはボルボ・カーズの電動SUV 「EX90」はドルビーアトモスに対応すると発表。

デモアルファードの車内

ダッシュボード中央にセンタースピーカーを装備

運転席・助手席前のフロントスピーカー

Aピラーのフロントハイトスピーカー

デモ車両は、トヨタ自動車のミニバン「アルファード」に合計21個のスピーカーを搭載し、7.1.6ch環境を構築。 センタースピーカー、左右フロントスピーカー、サラウンドスピーカー、サラウンドバックスピーカーはいずれもツイーター径30mm、ウーファー径170mmの2ウェイ仕様。 ハイトスピーカーは、フロント、ミドル、リアに50mm径ユニットを採用。 トランク部には250mm径のサブウーファーを搭載。

後席側とスライドドア上部にミドルハイトスピーカーを装備

スライドドアのサラウンドスピーカー

サラウンドバックスピーカー

リアゲート付近の天井にリアハイトスピーカーを設置

今回は、天井スピーカー付き車両向けの「構成A」と、天井スピーカーなし車両向けの「構成B」の2種類のソリューションを体験できました。 Apple Music から配信された楽曲を使用し、車載システムではなく PC でデコードし、車載状態に合わせて DSP 処理も同じ PC で行います。

直径250mmのサブウーファー

試聴はエンジンをかけずに車を完全に止めた状態で行い、私は後部座席の中央席に座りました。 まずは、世界的DJのTiestoとSevennによるEDM「BOOM」を天井スピーカー付きの「Configuration A」で試聴。 音像は、運転席→後席→3列目/トランク→後席→助手席と流れます。 だった

Apple Musicの音源を試聴用に使用しました

同じ曲をシーリングスピーカーなしの「構成B」で聴いたところ、「構成A」では上から降り注いでいた上からの音が耳の高さくらいまで下がったが、それでも音像は動いていたその周り。 ハイトスピーカーなしでも聴けるドルビーアトモスならではの曲の魅力を存分に堪能できました。 この「構成A」では「First Love (2022 Mix)/Hikaru Utada」も聴き、コーラスの残響感と音像の動きをじっくり堪能しました。

続いてオーケストラ演奏として、ウィーン・フィルハーモニー管弦楽団&ジョン・ウィリアムズによる「帝国の行進曲(『スター・ウォーズ/帝国の逆襲』より)」の「構成A」を聴く。 「BOOM」のように走り回る音像のような「分かりやすい演出」はありませんが、何よりも音場の広さに驚きました。

まるでアルファード車ではなく、設備の整ったリスニングルームにいるかのように各楽器の音が広がり、ホール独特の響きを感じることができます。 また、各楽器のアレンジも丁寧に描かれています。

また、映像コンテンツの試聴も行っております。 高さ方向からの音もしっかりと再現されているので、ミニバンでの映像視聴とは思えない存在感、迫力、没入感を味わうことができました。

.