9月29日(木) ■「日本による為替介入」「主要株式市場と米国債利回りの動向」「9月末と四半期末の要因(明日は決算日)」に注目月)”! |FX・シェパードの「今日の取引所はこれで動く!」 ●ザイFX!

9月29日(木) ■「日本による為替介入」「主要株式市場と米国債利回りの動向」「9月末と四半期末の要因(明日は決算日)」に注目月)”!  |FX・シェパードの「今日の取引所はこれで動く!」  ●ザイFX!

本日の為替レートのポイントは、「日本による為替介入」「主要株式市場と米国債利回りの動向」「9月末・四半期末要因(明日は月末)」です。

ザイFX!期間限定で現金4000円もらえるキャンペーン

米国の経済指標とイベントは、
・21:30:米国)新規失業保険申請件数
・21:30:ご飯)第2四半期のGDP[Confirmed figures]/個人消費[confirmed figures]
・22:30:ご飯)ブラード:セントルイス連銀総裁の声明(投票)
・26:00:ご飯)メスター:クリーブランド連銀総裁の声明(投票)
・29:45:米国)毎日:サンフランシスコ連銀総裁の発言(議決権なし)
注目を集めています。

米国外では、
・09:00:NZ) ANZ の企業信頼感
・21:00:ドイツ)消費者物価指数[preliminary figures]
・21:30:添加)GDP
・22:00:ニュージーランド)オアRBNZ総裁の声明
注目を集めています。

経済指標やVIP発言以外にも、
9月末・四半期末(明日9月30日が9月末最終営業日)
・30日(金)→9月末最終営業日(月末・四半期末)の米国PCEデフレーター発表
・主要国の金融政策発表なし(日本の会合議事録は28日公開予定)
・パウエルFRB議長他FRB高官の発言
・米国中長期国債の入札継続(26日→2年債、27日→5年債、28日→7年債)
・日本による為替介入(9月22日に円買い介入実施、9月30日19時に財務大臣が為替介入額を発表)
・英国の三拍子揃った下落(9月28日に発表された株式、債券、通貨、BOEが超長期国債を購入)
・米国国債利回りの推移
・主要株式市場(主に米国)の動向
・米国の金融政策に関する憶測(先週9月21日に金融政策の発表が消化され、経済指標の内容、FRB高官の発言、インフレ動向、今後の金融政策に関する憶測が鍵となる)
・金融関係者や要人の発言(FOMCやブラックアウト後のFRB高官の発言が多い)
・米国のインフレ動向(今後の経済指標への期待の高まり)
・米ドル、日本円、ユーロの動向
・注目の米国経済指標発表(今週は第2四半期GDPファイナル数値とPCEデフレーターがメイン)
・金融市場のリスク許容度
・原油・金を中心としたコモディティ市場の動向
・日本の金融政策に関する憶測(金融政策発表は先週9月22日に消化され、毎営業日リミット操作が行われている)
・欧州の金融政策に関する思惑(金融政策の発表は9月8日に消化された)
・バイデン米大統領の発言
・ウクライナ情勢(地政学的リスク)
などが重要です。

★★★

今日、9月末/四半期末間近(明日が9月末最終営業日).

今日の米国の経済指標歯、失業保険の新規申請件数いつ第2四半期のGDP[Confirmed figures]/個人消費[confirmed figures]がメインです。
一方で、経済指標以外の出来事それで複数のFRB当局者が言う計画されている。

今週の為替市場は、週明けからドル買いの流れが優勢となり、ドル円は為替介入を警戒する中、最終的には144円台後半まで上昇し堅調に推移する中、ユーロドルが大幅に上昇し、低価格を試みます。 0.96以下まで下がっていたが、昨日イングランド銀行が超長期国債買い入れを発表 →英国金利低下 →米国金利低下 →ドル売り&米国株買い戻しトレンドが優勢. ドル/円は144円を割り、ユーロ/ドルは0.97台半ばまで上昇。

今日、日本による為替介入(9月22日に円買い介入実施)いつ英国のトリプルドロップ(株式、債券、通貨、BOEが9月28日に超長期国債の購入を発表)主要な株式市場としても米国債利回りの推移米国の金融政策に関する憶測9月末と四半期末の要因(明日は月末)は重要。
その他、、USD/JPY/EURの方向性また金融当局者および高官による声明(FRB高官による多くの声明)米国のインフレ傾向金融市場のリスク許容度原油と金を中心とした商品市場私も注目したい

■□■今日の取引餌(羊飼いの見解) ■□■(*毎日更新)

・21:30:添加)GDP
→カナダドルが大きく動くチャンス

・22:00:ニュージーランド)オアRBNZ総裁の声明
→言い方次第

・21:30:米国)新規失業保険申請件数
・21:30:ご飯)第2四半期のGDP[Confirmed figures]/個人消費[confirmed figures]
・22:30:ご飯)ブラード:セントルイス連銀総裁の声明(投票)
・26:00:ご飯)メスター:クリーブランド連銀総裁の声明(投票)
・29:45:米国)毎日:サンフランシスコ連銀総裁の発言(議決権なし)
→昨日、イングランド銀行が超長期国債の買い入れを発表 →英国の金利が低下 →結果として米国の金利が低下 →米ドルを売って米国株を買い戻すトレンドに支配的
市場は依然として疑わしい
ドル買いは引き続き堅調だが、消去法でドルが選ばれている感あり
英国の三倍安が懸念される中、日本の為替介入も懸念されている。
そして明日は月末営業なので、月末や四半期の要因も重要です。
注意が必要な状況

9月26日からの1週間の為替注目(ユーロドル・ドル円中心)
主要国の金融政策発表なし
FRBのパウエル議長と他のFRB当局者の声明
米中長期国債の入札継続(26日→2年債、27日→5年債、28日→7年債)
9月末・四半期末要因(9月末は9月30日が最終営業日)
27日(火)→FRBパウエル議長発言(ディベート)
28日(水)→FRBのパウエル議長の発言(講演)
29日(木)→米国第2四半期GDP最終値発表
30日(金)→9月末最終営業日(月末・四半期末)の米国PCEデフレーター発表
日本による為替介入(9月22日に円買い介入実施、9月30日19時に財務大臣が為替介入額を発表)
英国のトリプル下落(株、債券、通貨、緊急利上げの可能性)
米国債利回りの推移
主要株式市場(主に米国)の動向
米国の金融政策に関する憶測 (金融政策の発表は先週 9 月 21 日に消化され、経済指標の内容、FRB 幹部の発言、インフレ動向、今後の金融政策に関する憶測が鍵となります)
金融関係者や要人の発言(FOMC後、ブラックアウト期間後はFRB高官の発言が多い)
米国のインフレ動向(今後の経済指標への憶測の高まり)
米ドル、日本円、ユーロの方向性
注目の米国経済データ発表(今週の第2四半期GDP最終値とPCEデフレーターがメイン)
金融市場のリスク許容度
原油・金を中心としたコモディティ市場の動向
日本の金融政策に関する思惑(金融政策発表は先週9月22日に消化され、毎営業日リミット操作が行われている)
欧州の金融政策に関する思惑(9月8日金融政策発表)
バイデン米大統領の発言
ウクライナ情勢(地政学リスク)

今日のShepherd's Market Views and Strategies これからどこへ行くのか!?
米ドル/円?

市況荒れ&月末・四半期→様子見

ユーロ/米ドル?

市況荒れ&月末・四半期→様子見

★☆>>>詳細シェパードの FX ブログどうぞ!

.