320PSの最強「フォルクスワーゲンゴルフR」はインディングで試すとどうなる? |GENROQ Web

フォルクスワーゲン ゴルフの最強グレードであるRが生まれ変わった。 320PSを発揮する史上最強のパワーユニットとトルクベクタリング機能により、AWDシステムによる駆動も可能。

「R」はゴルフ史上最強・最速

ハッチカムナーを兼ねるさんになりますやってるしてる

最高出力320PS、最大トルク420Nmという史上最強のVWゴルフに、2.0リッター直列4気筒TSIエンジンを搭載した「R」がラインナップ。 また、5ドアハッチバックとワゴンボディのバリエーションが設定されており、スペックシートではバリエーションの方が35cm長い。 235/35R19サイズのタイヤにDCCのシャシーコントロールもセット。

伝統的なゴルフ スポーツ モデル「GTI」と同様に、「R」はよりダイナミックというよりは、よりアグレッシブにドライビングに重点を置いています。 もちろん、以前のバージョンで導入されたDCCパッケージがインストールされています。 先代Rから10PSアップしたエンジンの性能はもちろんですが、VWはこの最新Rにどのようなスタイリングやチューニングを施したのでしょうか。 面白いかもしれません。

試乗車のエクステリアは前述の19インチホイールを装着していたが、フロントはR専用設計のスポイラーを採用。 システムのグロスブラック仕上げなど、Rの仕上がりを誇るスペシャルアイテムでもある。ですが、ゴルフRの運動性能を考えればもちろんチューニングでもあります。 こちらも先代より1インチ拡大。 18インチのブレーキシステムはブルーのRロゴが特徴的だが、触り心地は非常に自然で、試乗してまず感じたのはそれだ。

印象的なパワートレインと高い安定性

特筆すべきパワーユニットは、低速域では一向に性能を発揮せず、7速DSGとの組み合わせでスムーズに動き出す。走りの、さすがゴそそのののとのとあるだけだけとんのの

もちろん、現代のスポーツモデルに欠かせない装備であるドライビングモードセレクトシステムもこのゴルフRに搭載されているが、デフォルトの「スポーツ」でも十分に力強いボディを持ち、サスペンションも力強いフィーリングだ。 それを感じながらワインディングロードのウォーキングを楽しめます。

コーナリング時には、4MOTION(Rパフォーマンストルクベクタリングシステム)とXDS、DCCコントロールシステムによる安定感の高さが常に印象に残る。 上記の硬さを感じる訳ではなく、優しい感じに包まれ、連続コーナークリアの表情が出てきます。

ユーティリティに優れるヴァリアングもラインック

同時に、試してみる機会があったとき、ヴァリアントは馬の背中に手を感じなかったと報告するかもしれません。いずれにしても 史 史 最強 最強 驚異 驚異 驚異 驚異 驚異 驚異 の の の ハッチ.

REPORT/山崎元裕(Motohiro YAMAZAKI)
PHOTO/篠原晃一(篠原浩一)
MAGAZINE/GENROQ 2023年2月号

仕様

フォルクスワーゲン・ゴルフR

本体サイズ:幅4295mm 高さ1790mm 高さ1460mm
ホイールベース:2670mm
車両重量:1540kg
エンジン:直列4並列DOHCターボ
排気量:1984cc
最高出力:235kW(320PS)/5350~6500rpm
最大トルク:420Nm(42.8kgm)/2100~5350rpm
トランスミッション:7速DCT
駆動方式:AWD
サスペンション FORM:前マクファーソンストラット後Multilink
ブレーキ:前後ブレーキ
タイヤサイズ:前後225/40R18
車両本体価格:639万8000円

【問い合わせ】
フォルクスワーゲン カスタマーセンター
TEL 0120-993-199
http://www.volkswagen.co.jp/

ブルブルリンク・ネルドシュライフェアウックとがれ「ゴルフR “20 イヤーズ”」。

フォルクスワーゲン GolfR 20th Anniversary ModelがするルブルクLINKで7分47台31で前回電视をとこますを4秒!【動画】

フォルクスワーゲンゴルフR “20カイーズ”が、ニルブルクLINK・ネルドシュライフェに…