[3 minute commentary]車いすバスケットボールとは? ルールや魅力をわかりやすく解説! |スポーツ・フォー・ソーシャル

「車いすバスケットボール」は、下肢などに障がいのある選手が車いすを巧みに操り、ゴールを競うスポーツです。 1960 年に第 1 回パラリンピックが開催されて以来、このスポーツは競技種目の 1 つとして開催されてきました。 日本では、2021年の東京2020パラリンピックで日本代表が銀メダルを獲得し、注目を集めています。
今回は車いすバスケットボールのルールや知識、魅力について解説します。

車いすバスケットボールとは?

近年、テニス、ラグビー、卓球、バドミントン、バスケットボールなどのスポーツで車いすを利用する人が増えています。

車いすバスケットボールは、主に下肢に障害のある選手がプレーするバスケットボールの一種です。 現在、国際車いすバスケットボール連盟(IWBF)には世界53の国と地域が加盟しており、日本には約1,000人の選手がおり、日本車いすバスケットボール連盟には30チームが登録されています。 それはそうだった。 (日本車いすバスケットボール連盟HP)

車いすバスケットボール

2度目の来日、人とのふれあいから感じる〜難民パラアスリート イブラヒム・アル・フセイン〜東京パラリンピック2020に難民チームの一員として出場したイブラヒム・アル・フセイン選手。 障害のある難民を支援する公益財団法人アスロス財団として、文京区内の中高生向けの講演会も開催しました。 2022年6月に帰国予定です。昨年は実現できなかった、日本人との直接の交流を通じて改めて感じたことは? …

車いすバスケットボールとバスケットボールの違い

車いすバスケットボールで使用されるコート、ボール、プレーヤーの数、リングの高さ、およびサイズは、バスケットボールと同じです。 しかし、主な違いは 3 つあります。

旅行

バスケットボールではボールを持って3歩以上歩くことをトラベリング、車いすバスケットボールではボールを持って3歩以上押すこと(車いすを手で漕ぐこと)をトラベリングと呼びます。 電話する片手で漕いでも一押しです。 走行中と判断された場合は、相手チームのスローインで再開する。

ダブルドリブル

バスケットボールでは、ドリブルを片手または両手で止めてからドリブルを再開することは違法であり、ダブル ドリブルと呼ばれます。 一方、車いすバスケットボールではダブルドリブルは反則とはみなされません。 したがって、ドリブルやボール保持の回数はトラベリングにならない範囲で制限されません。

分類

車いすバスケットボールはバスケットボールと異なり、重度障害者は1.0点、軽度障害者は4.5点の点数が与えられ、これをクラス分けと呼びます。 試合中の 5 人のプレーヤーの合計スコアが 14.0 ポイントを超えることはできないため、チームの構成も公平になります。 障害の程度によってドリブルやシュートなどの動きやバランス能力が異なるため、分類の点数が重要で、交代作戦も醍醐味の一つです。

パラスポ研究室

障害者がスポーツをするべきコミュニティを探す新たな手段「パラスポ・ラボ」とは?文部科学省の発表によると、成人の障害者の58.2%が、過去1年間に1日もスポーツをしていないと言われています。 スポーツに参加する人の多くは、一人で、または家族で行っているものであり、スポーツがコミュニティや居場所としての役割を果たしているとは言い難い。 この状況を改善するため、スポーツイベントの企画・運営・販売を行う株式会社アラウンドは、「パラスポラボ」を開発。 「スポーツをしたい障がい者」と「障がい者を受け入れられるチーム・団体」をつなぐプラットフォームを公開します。 株式会社AROUNDのムヤ(以下、芙蓉)さんに、作品に込めた思いや今後広がる可能性についてお話を伺いました。 …

車いすバスケットボールの歴史

車いすバスケットボールは、バスケットボールと同じくアメリカ発祥のスポーツです。 バスケットボールは 1891 年にアメリカで、冬の間プレイできるインドア スポーツとして生まれました。 一方、車いすバスケットボールは、1945年に終結した第二次世界大戦中に負傷した障害者によって作られ、1948年には全米車いすバスケットボール協会が設立されました。 車いすに座ってできるスポーツとして人気を博し、世界中で開催される大会となっています。

日本で車いすバスケットボールが流行したのは1960年頃で、1961年に開催された第1回大分体育大会で車いすバスケットボールが初めて実演されました。 その後、1964年の東京パラリンピック時に注目を集め、現在では全国各地で開催されています。

車いすバスケットボール

車いすバスケットボールの魅力

競技の輪を広げ続ける車いすバスケットボールには、多くの魅力が詰まっています。 車いすのボールと車輪を見事に操り、転倒時の激しくスピーディーなコンタクトと攻防、車いすの特性を活かした独自の戦術と戦略、そして何より、年齢、性別、能力の異なる人々が力を合わせて戦う。 まだまだ熱い車いすバスケは、いつでもできるのも魅力のひとつ。

車いすバスケットボールには独自のトリックがあります。 ジャンプはルールで禁止されているが、「ティルティング」という技を駆使して空中戦を制する。 車いすの片輪を上げて高さを出すのは難易度の高い技で、しっかりとした体幹がないとできない技です。

車いすバスケットボール

また、競技車いすは、私たちが日常生活で使用したり目にしたりする車いすとは異なる機能や特徴を持っています。 競技用車いすには、素早い押し込みやスムーズな回転を実現するために、カーブしたタイヤが採用されています。 また、接触が絶えない競技ですので、足元を守るバンパーを装着。 強度を高めながら、選手が動きやすい軽さを実現する必要があります。

実際に試合を観戦すると、試合全体だけでなく、選手の細かい動き、車いすを使った高度なテクニック、車いすだからこそできる戦術、車いすそのもの。 面白くなるかもしれません。

東京2020パラリンピック男子日本代表が銀メダル!

記憶に新しい東京2020パラリンピックで、車いすバスケットボールの男子日本代表が見事な銀メダルを獲得しました。

決勝に進出した日本チームは、ディフェンディングチャンピオンのアメリカと直接対決を挑み、残念ながら60対64で敗れました。 しかし、豊島秀主将率いる勇敢な戦いに多くの人が感動しました。

セッション5

【見どころ紹介! 】 セッション5「パラアスリート集結!パラスポーツの魅力を語る!」[Introductionofhighlights!】Session5“Para-athletesgather!Talkabouttheappealofpara-sports!”2022年6月7日(火)~6月9日(木)オンラインイベント「Sports for Social …

バスケットボール ルール 車いすバスケットボール 障害者スポーツ