3年ぶりのMotoGP日本グランプリ、マルク・マルケス復帰2戦目 – Car Watch

3年ぶりのMotoGP日本グランプリ、マルク・マルケス復帰2戦目 – Car Watch

MotoGPクラス、ポールポジションはマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)

2022年9月23日から25日まで、モビリティリゾートもてぎ(栃木県茂木町)で「2022 FIM MotoGP世界選手権シリーズ 第16戦 MOTUL 日本グランプリ」が開催される。

24日にMotoGP、Moto2、Moto3クラスの公式予選が行われ、MotoGPクラスではマルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム)が1分55秒214でポールポジションを獲得。 日本人選手の最高位は長島哲太選手(HRCチーム)で、19位でワイルドカード選手として出場。 現在フルシーズン参戦中の中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は25番手スタート。

長島哲太(HRCチーム) 予選19位、MotoGPクラス日本人最上位

Moto2クラスではアロン・カネト(Flexbox HP40)がポールポジションを獲得し、Moto3クラスでは鈴木達夫(Leopard Racing)がポールポジションを獲得した。 25日の決勝レースは、MotoGPが15:00、Moto2が13:20、Moto3が12:00にスタート。

雨に翻弄された予選、マルク・マルケスが復帰後初のポールポジション獲得

MotoGPクラスの公式予選は、23日のFP1(フリープラクティス1)から24日のFP3までの練習走行で総合タイム上位10位がQ2に進み、11位以下がQ1に進む。 ただし、Q1の上位2名はQ2にも出走し、12台が決勝レースのトップグリッドを争う。

24日の予選当日は、前線から変わった温帯低気圧と台風の影響で終日ウエットコンディションが続きました。 FP3は雷雨による遅れでキャンセルとなり、Q2に進出した上位10名は前日のFP1の結果を反映し、ほぼドライでした。

雨はほぼ止みましたが、濡れた路面は変わらず、手術で長期欠場していたマルク・マルケス(Repsol Honda Team)がトップタイムをマークしたQ2。 前戦から復帰したばかりながら、1分55秒214でポールポジションを獲得。

ヨハン・ザルコ(プリマ・プラマック・レーシング)が2位、ブラッド・ビンダー(レッドブルKTMファクトリー・レーシング)が3位に続いた。 シリーズランキングを10ポイントリードしているファビオ・クアルタラロ(Monster Energy Yamaha MotoGP)は9位で3列目。

マルク・マルケス (レプソル・ホンダ・チーム) が復帰戦の第 2 ラウンドでポールポジションを獲得

MotoGPクラスに参戦する日本人ライダーは3人で、2022年8月の鈴鹿8耐で優勝し、2021年までMoto2に参戦していた長嶋哲太選手(HRCチーム)がワイルドカードで予選19位となった。 . スズキのMotoGPマシン開発ライダーの津田拓哉選手(Team SUZUKI ECSTAR)は、怪我で欠場したジョアン・ミール選手(同)に代わって21位でフィニッシュした。

日本人で唯一MotoGPにフル参戦した中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU)は、前戦で右手を負傷し、後退したがQ1で転倒しタイムを縮められなかった。時間。 、テールエンドから開始します。

後方からスタートする中上貴晶選手(LCR Honda IDEMITSU)。 2023年も継続出場が決定しているが、日本は3年ぶりの復活と決勝に期待。

Moto2予選では、Q1の上位4名がQ2に進出し、合計18名のドライバーがQ2の上位グリッドを争う。 しかし、Q2の途中で雨が強まり、雷雨が発生したため赤旗中断。 1時間半遅れでポールポジションを獲得したのは、Q1でもトップだったアロン・カネト(Flexbox HP40)。 シリーズランキング2位でチャンピオンを狙う小椋愛選手(IDEMITSU Honda Team Asia)は14位、羽田大河選手(Pertamina Mandalika SAG Team)は20位でフィニッシュ。

Moto2と同様に開催されるMoto3で、鈴木達夫(レパードレーシング)が今季初ポールポジションを獲得。 シリーズランキング4位の佐々木歩夢(ステリルガルダ・ハスクバーナ・マックス)は、予選4位で2列目からスタート。 このほか、山中竜生(MTヘルメット・MSI)が17位、鳥羽海斗(CIPグリーンパワー)が18位、古里太陽(Honda Team Asia)が19位となった。

Moto3クラス 鈴木達夫 シーズン初ポール(レパードレーシング)

なお、決勝レースが行われる25日は晴天が予想されます。 雨天時の予選タイムよりも、ドライが予想されるレース直前のウォームアップタイムが実際のレースペースの参考になりそうです。

MotoGP公式予選結果

ランク ライダー(チーム) 時間
1 マルク・マルケス(レプソル・ホンダ・チーム) 01’55.2140
2 ヨハン・ザルコ(プリマ・プラマック・レーシング) 01’55.4220
3 ブラッド・ビンダー (Red Bull KTM Factory Racing) 01’55.5370
マーベリック・ビニャーレス (アプリリア・レーシング) 01’55.6200
ホルヘ・マルティン(プリマ・プラマック・レーシング) 01’55.6860
6 アレイシ・エスパルガロ(アプリリア・レーシング) 01’55.7710
7 ジャック・ミラー (ドゥカティ・レノボ・チーム) 01’55.7840
8 ミゲル・オリベイラ (Red Bull KTM Factory Racing) 01’55.8950
9 ファビオ・クアルタラロ (Monster Energy Yamaha MotoGP) 01’56.3260
ルカ マリーニ (ムーニー VR46 レーシング チーム) 01’56.3540
11 ポル・エスパルガロ(レプソル・ホンダ・チーム) 01’57.3540
12 Francesco Bagnaia (ドゥカティ レノボ チーム) 01’57.3730
13 マルコ・ベゼツキ (ムーニー VR46 レーシングチーム) 01’55.9340
14 フランコ・モルビデリ (Monster Energy Yamaha MotoGP) 01’56.0060
15 エネア バスティアニーニ (Gresini Racing MotoGP) 01’56.1300
16 ファビオ・ディ・ジャアントニオ (Gresini Racing MotoGP) 01’56.4320
17 アレックス・マルケス(LCRホンダ・カストロール) 01’56.5780
18 アレックス・リンス (Team SUZUKI ECSTAR) 01’56.6560
19 長嶋哲太(HRCチーム) 01’57.2290
20 レミー・ガードナー (Tech3 KTM Factory Racing) 01’57.2880
21 津田拓也(Team SUZUKI ECSTAR) 01’57.7870
22 ラウル・フェルナンデス (Tech3 KTM Factory Racing) 01’57.8270
23 カル・クラッチロー (WithU Yamaha RNF MotoGP Team) 01’58.1150
24 ダリン・ビンダー (WithU Yamaha RNF MotoGP Team) 01’58.2920
25 中上貴晶(LCR Honda IDEMITSU) 01’58.7170

.