3年ぶりのF1日本GP、Honda F1関連書籍続々発売中! 見る前にF1の裏側を読めばもっとF1を楽しめる! – トップニュース

3年ぶりのF1日本GP、Honda F1関連書籍続々発売中! 見る前にF1の裏側を読めばもっとF1を楽しめる!  – トップニュース

NEXT…F1スケジュール

2022 年 10 月 5 日水曜日 8:24 午前

3年ぶりにF1日本GPに合わせてHonda F1関連の書籍が刊行されます。 本や電子書籍を片手に鈴鹿サーキットに行けば、F1日本GPをより一層楽しめるはずです。 読書の秋にF1の裏側を読む、F1ファン必携の1冊と言えるだろう。

■これがHonda F1開発秘話!

・ホンダF1復活 最速DNA本 – 2022/10/7 NHK取材班 (著) (Amazon)

佐倉を中心とした開発メンバーを追ったNHK取材班が密着取材したドキュメンタリー番組をもとに、期待、挫折、挫折のどん底から世界一を掴んだ技術者たちの舞台裏を描いた一冊。欲求不満。 は

また、土日は鈴鹿サーキットのGPスクエアで浅木康明さんと田辺豊治さんによるトークショーを開催。 開発を牽引した2人のキーパーソンの声が聞けるチャンスです。 普段は穏やかな2人だが、気が向いたら「ここだけの話」を思いつくかも?

プロローグ:奇跡のファイナルラップ
第1章 決意、決意、頑固さ
第2章 苦しみから信頼へ
第3章 強力なパートナー
第4章:確執
第5章 本田宗一郎の受け継ぐ「魂」

■これはHonda F1運営側の話!

勝利の流れをつかむための考え方 F1の世界の崖っぷちからどうやって頂上にたどり着いたか 著書 – 2022/10/6 山本雅文(著)

元Honda F1マネージングディレクターの山本雅史さんによる経営サイドのお話です。

マクラーレン・ホンダ、レッドブル・ホンダとの「円満離婚」。 山本自身が、レッドブル・レーシング代表のクリスチャン・ホーナー、ヘルムート・マルコ、フランツ・トストに独占インタビューを行っています。

内容例:2人の関係は「ワイガヤ」どころではなかった/「ウィリアムズ・ホンダ」復活への野望/「マクラーレンと『離婚』しよう」/ザウバーF1との契約を白紙に戻す本音/部下の話仕事 上司は「喜び」に備えることができる / Hondaで学んだ「三現主義」の重要性 / 理想のチームは美しい「球体」 / ドライバーをやる気にさせる「語り」のコツ / 「自由放任主義」とスタッフとのチームgrow / 「チェコ共和国は伝説だ!」 勝利の礎を築く / 「ホワイトレッドブル」誕生の感動ストーリー / マルコが絶賛する「ユウキの速さは本物」 / 日本人ドライバーは世界トップクラス 勝てない理由 / 「勝てない理由」に沿った対策を広める「今」の時代/「政治の世界」には一朝一夕には入れない…etc.

全レース取材を続けるジャーナリストがホンダF1の舞台裏を綴る

●ジョイ・ホンダF1 苦難の7年、ファイナルラップで掴んだ王冠 単行本(ソフトカバー) – 2022/3/24 尾張正宏(著)

春に発売される本を見てみましょう。 ここでは、2021年シーズンの全レースを取材したF1ジャーナリスト尾張正浩が、Honda F1バトルの舞台裏を詳細に描く。

■現役チーフレースエンジニア小松氏が見たF1の世界

エンジニアが明かすF1の世界 単行本 – 2019/4/25 小松典夫(著)

ハースF1で活躍するチーフレースエンジニア、小松紀夫氏の著書です。 2019 年にリリースされ、現代の F1 チームの内部を垣間見ることができます。 日本人で初めてF1チームのチーフレースエンジニアに抜擢された小松さんから見たF1の世界とは?

■鈴鹿サーキット「公式プログラム」

鈴鹿サーキットに行くなら公式プログラムも要チェック! 鈴鹿サーキットでしか買えないのでお土産にも。 以前は「売り切れ」だったのでお荷物になりますが、見つけたら早めの確保をおすすめします。

F1日本GPに付随するF1雑誌と新聞

F1も新しい時代を迎え、初めて訪れる若いF1ファンも多いようです。 スマートフォンは便利でなくてはならないものですが、サーキットでの 1 日は長く、情報を探せば探すほどバッテリーの減りは早くなります。 また、サーキットは都市部とは異なり、充電に苦労します。 F1を存分に楽しみたいけど、バッテリーが気になってなかなか楽しめない。

そんな時にF1の情報を手に入れて知識を深めたいなら、紙媒体がおすすめです。 『AUTOSPORT』誌、『F1速報』誌、中日スポーツ新聞(都中)などの紙媒体があれば、会期前、会期中、会期後のF1を楽しむことができます。

3年ぶりのF1日本GP、チケット代も安くはないはず。 幸運にもチケットを購入できたF1ファンは、会場で思いっきり楽しみましょう。 また、ご自宅で観戦されている方は、F1のうわさを読みながら最新情報や本を手に入れてみてはいかがでしょうか。







前後の記事


3年ぶりのF1日本GP、チケット完売! ラストチャンスは「金曜1日券」のみ!














.