2023年FIA-F2/F3参戦「F1ジュニア」一覧[F1-Gate.com]

一覧

2023 年には、FIA-F2 と FIA-F3 の両方で、F1 チームのサポートを受けて、多くの次世代 F1 ドライバー候補が登場します。

レッドブルは今年、FIA-F2 に 6 人のジュニア ドライバーを派遣します。 シーンに不慣れなドライバーもいれば、シリーズで3年目または2年目に入るドライバーもいます。 また、F1チームのサポートを受けて戦う「F1ジュニア」の一覧を紹介します。

FIA-F2
ジャック・クロフォード(レッドブル)

アメリカ人ドライバーのジャック・クロフォードは、フォーミュラ 3 で 2 年間レースをし、ドライバーズ チャンピオンシップでそれぞれ 13 位と 7 位に終わった後、フォーミュラ 2 で最初のシーズンを迎えます。

デニス・ハウガー(レッドブル)
2021年のF3チャンピオンであるデニス・ハウガーは、チャンピオンシップで10位に終わった後、F2で2シーズン目。 デンマーク人ドライバーは、キャンペーンの開始時に不運に見舞われましたが、モナコとバクーでレースで勝利を収めることができました。 一連のノーポイントフィニッシュの後、ハウガーは最後の3つのイベントでいくつかの有望なトップ5フィニッシュでシーズンを締めくくりました。

エンツォ・フィッティパルディ(レッドブル)
エンツォ・フィッティパルディにとってF2での2シーズン目となる。 彼のルーキーシーズンでは、6回の表彰台を獲得し、15回のトップ10フィニッシュを達成し、ドライバーズチャンピオンシップで8位に終わった.

アイザック・ハジャール(レッドブル)
アイザック ハジャールは、バーレーン、シルバーストーン、レッドブル リンクで 3 勝を挙げ、昨年の F3 で際立った才能を発揮しました。 このフランス人ドライバーはタイトルを争っていましたが、最終ラウンドの予選でのクラッシュによりグリッドの後方に追いやられ、ポイントを獲得できませんでした。 彼は最終的にチャンピオンシップで4位に終わり、アルパインジュニアのビクターマーチンズがタイトルを獲得しました。

岩佐 歩夢(レッドブル)
日本人ドライバーは、2021年にF3でシーズンを過ごした後、2022年にF2に切り替え、チャンピオンシップで5位に終わった。 彼はル・カステレでのラウンドとアブダビでの最終レースで2勝を挙げました。 2023年、岩佐歩はホンダとの関係の一環としてレッドブルの支援を受けてF2シリーズに復帰する。

ゼイン・マロニー(レッドブル)
昨年の F3 チャンピオンシップは、ゼイン マロニーにとって完璧なスタートではありませんでしたが、シーズン終盤に向けて一連のレースで勝利を収めたことで、彼はタイトルを争うことになりました。 彼は最終的なチャンピオンであるマーティンズに5ポイント差で1年を終えたが、レッドブルが支援するジュニアが2023年にF2に移籍する可能性を示した。

ビクター・マーチンズ (アルパイン)
2022 年の F3 チャンピオンシップで 2 勝しか挙げられなかったにもかかわらず、一貫性がマルタンズのタイトル獲得キャンペーンの鍵でした。 2022年のチャンピオンは、アルピーヌの支援を受けて2023年にF2デビューを果たします。

ジャック・ドゥーハン (アルパイン)
アルパイン アカデミーのドライバーにとって、今年はフォーミュラ 2 で 3 シーズン目を迎えます。 ジャック・ドゥーハンは、昨年のドライバーズチャンピオンシップで6位に終わり、タイトル候補としてフィールドをゆっくりと上昇しています。

テオ・パーチャー(アルファロメオ/ザウバー)
19 歳のフランス人は、ザウバー ドライバー アカデミーを通じてアルファ ロメオの支援を受けて、フォーミュラ 2 で 3 シーズン目を迎えます。 彼は 2020 年のフォーミュラ 3 シーズンをランキング 2 位で終えた後、2021 年のフルタイムでフォーミュラ 2 に移行しました。彼はこれまでにシリーズで 5 勝しており、2023 年にタイトルを獲得するチャンスを増やしたいと考えています。

ファン・マヌエル・コレア(アルファロメオ/ザウバー)
事故から 4 年後、ファン マヌエル コレアは 2023 年に F2 に驚きの復帰を果たします。過去 2 年間を F3 で過ごした後、彼はザウバー ドライバー アカデミーの支援を受けて F2 シリーズに昇格します。

フレデリック・ベスティ(メルセデス)
フレデリック ベスティは、2018 年のジョージ ラッセル以来、F2 に参加する最初のメルセデス ジュニアになります。デーンは、困難な年を経て 2 年目に突入します。最初の年に、彼はバクーで 1 勝し、4 つの表彰台を獲得して、チャンピオンシップで 9 位に終わりました。 2023年、2年生でプレマに転向。

オリバー・ベアマン(フェラーリ)
わずか 17 歳のオリバー ベールマンは、F2 グリッドで最年少のドライバーの 1 人となり、プレマでベスティと並んでデビューします。 彼はフォーミュラ3での最初の年をチャンピオンシップで3位で終え、7回の表彰台とスパでのレースでの勝利を収めました。

ロイ・ニッサニー(ウィリアムズ)
2022年のドライバーズチャンピオンシップで19位に終わった後、2023年シーズンは彼のF2での4年目になります。

FIA-F3
セバスチャン・モントーヤ(レッドブル)
F1 のレジェンド、ファン パブロ モントーヤの息子であるコロンビア人は、2023 年にフルタイムの F3 デビューを果たす前に、昨年ザントフォールトで 2 つのレースに出場しました。

ザック・オサリバン(ウィリアムズ)
2023 年は、ウィリアムズの支援を受けて、ドライバーズ チャンピオンシップで 11 位のフィニッシュを延長しようとしている英国の才能にとって、フォーミュラ 3 での 2 番目のシーズンとなります。

オリバー・グレイ(ウィリアムズ)
ウィリアムズ レーシング ドライバー アカデミーのメンバーである彼は、今年フォーミュラ 3 の最初のシーズンに参戦する予定です。 それ以前は、英国フォーミュラ 4 に参戦し、2022 年のランキングで 2 位に終わっていました。

カイオ・コレット(アルパイン)
新進気鋭のブラジル人スター、カイオ コレットにとって、F3 での彼の 3 シーズン目となります。アルパインに支援されたドライバーは、2023 年のドライバーズ チャンピオンシップで最高の 8 位を更新することを目指しています。

このエントリをはてなブックマークに追加

カテゴリー: F1 / フォーミュラ1ドライバー / F3 / F2

.