北海道日高町の引退した馬の牧場、ヨギボー ベルサイユ リゾート ファームが投稿した、ビーズのソファに横たわるアドマイヤ ジャパンの動画が話題になりました。 今回のケイバ・ラプソディ~楽しい競馬~では、レポーターの船本雄二が牧場代表の岩崎貴文さんにインタビューを行いました。 YouTubeでの再生回数は100万回を超え、引退馬の人気を復活させ大きな反響を呼んでいます。 引退した馬のセカンドライフについて聞いた。

アドマイアジャパンの動画を見て笑顔になりました。 2005年、ディープインパクトが無敗のトレブルを達成したとき、彼は皐月賞で3位、菊花賞で2位に終わった. 20歳、現在は引退馬。 Yogiboの「座り心地が良すぎる魔法のソファ」に寝そべって。 競馬ファンの彼は、引退した馬に焦点を当てたビデオに感銘を受け、ヴェルサイユ リゾート ファームに取材に行きました。

「馬は快適な睡眠環境を作るために寝具を集めるので、ソファが欲しいと思ったんです」と岩崎さん。 このアイデアは的を射ています。 アドマイアジャパンはソファを抱き枕代わりに、うっとりするような表情に。 彼女の登場のビデオは口コミで広まり、視​​聴者を魅了しました。 「動画の人気は広告にも使えますし、引退した馬自身が儲かるということも証明できました」と意気込みを語る。 8日からCMとして全国でオンエアされている。

幼い頃から乗馬を続けてきた代表にとって、引退した馬は身近なものだった。 「大学卒業を目前に父が亡くなりました。父の遺志で、父が趣味でやっていた生産牧場を辞めてほしいと言われたので、私が継ぐことにしました」 そして引退馬の厳しい現実を目の当たりにした。 成功した種牡馬のうち、種牡馬になるのはほんの一握りです。 現役を引退した人の多くは、乗馬や産業用動物として扱われます。 生産牧場を通して、引退した馬の将来に興味を持つようになりました。 彼は何とか助けられないかと考えました。 「知り合いから馬の世話をすることから始め、2018年にローズキングダムに来ました。」 2010年に日本Cで優勝した名馬の影響は大きかった。 来客も増え、引退馬専用の牧場を開いた。 「会いに来てくれた人の中に、ヨギボーの副社長の知人がいて、紹介してくれました」 ソファを置きたくなりました。

馬が一生安心して暮らせるよう、馬づくりに力を入れています。 私たちのような凡人でもできることがあります。 最後に聞いてみると、「馬を見に来てくれるだけでいい。何よりも馬を身近に感じてもらえることが一番。我が家はいつでもウェルカムだよ」と笑顔で答えてくれました。[Yuji Funamoto]

◆Yogibo Versailles Resort Farm 北海道日高町にある引退馬牧場。 2018年にベルサイユリゾートファームの支店としてオープン。 2009年9月よりYogiboとスポンサー契約を結び、現在の社名に変更。 ローズキングダム、ヒルノダムール、タニノギムレットなどのG1馬を含む20頭以上の引退馬が余生を過ごしています。 宿泊施設やカフェから引退馬を間近で見ることができます。 見学は予約不要で、現在の営業時間は午前9時から午後3時(最終入館は午後2時30分)。 木曜定休。 祝日の場合は翌日が休み。

◆「バズる」とは? SNSなどネット上でも大きな話題となり、多くの人の注目を集めています。 インターネット ユーザーが使用する俗語。

(日刊スポーツ・ドット・コム/競馬コラム「ケバ・ラプソディ~楽しい競馬~」)

Yogibo Versailles Resort Farm 代表 岩崎貴文

Yogibo Versailles Resort Farm 代表 岩崎貴文