韓国代表選手の「日本が羨ましい」は日本と韓国では意味が違う! —香港メディア

香港メディアの香港01は25日、サッカー韓国代表のチョ・ギュソン選手の「苦境」に日韓の違いが見られるとの記事を掲載した。 写真は韓国のサッカーファンです。

香港メディアの香港01は25日、サッカー韓国代表のチョ・ギュソン選手の「苦境」に日韓の違いが見られるとの記事を掲載した。

まず、その記事は「最近カタールで開催されたワールドカップでは、アジアの選手が際立っていて、香港の人々の関心が高い日本と韓国が特に話題になった」と説明している。ソン・フンミン、キム・ミンジェ、ファン・ヒチャン、イ・ガンインなどの優秀な選手がいるが、平均的な能力では日本の方がはるかに安定している.

その上で、カタール大会でブレイクしたチョ・ギュソンについては「海外移籍ができず、全北現代モータースに残る可能性もあり、ファンはがっかりしている」と話した。 チョ・ギュソンの苦境は、ワールドカップ後にキム・ミンジェが言ったことと完全に一致している.

キム・ミンジェの日本羨望

キム・ミンジェがワールドカップを終えて所属するイタリアに帰国したとき、韓国代表監督を引退したパウロ・ベント監督が監督になったら韓国代表選手を引き受けるかという質問を受けた。将来的にはヨーロッパのクラブ。 「もちろんそれはいいことですが、簡単ではありません。(韓国の)クラブと相談しなければなりません。クラブはしばしば高額の移籍金を要求します。」 から韓国選手のオファーがあれば、私を行かせてください。 正直、日本がうらやましいです。」

キム・ミンジェは2019年、中国スーパーリーグの北京国安に525万ユーロの異例の移籍金で移籍した。 これは、典型的なヨーロッパのクラブが支払う金額よりもはるかに高いです。 その後、トルコのフェネルバフチェに移籍後、2010年7月にイタリア・セリエAのナポリに移籍し、アジアから初めてリーグ月間最優秀選手賞を受賞するなど活躍。

キム・ミンジェは「ヨーロッパ(4年後のワールドカップ)で活躍する韓国人選手が増えることを期待する。韓国のレベルが高くないと言っているわけではないが、ヨーロッパに行く日本からの選手になる. 彼らはますます増えており、彼らのポジションは私たちよりも比較的有利です. 「代表チームが誰によって率いられているかはもちろん重要ですが、選手たちが監督の戦術を実行するのに十分なレベルを持っていることも重要です。それは同じくらい重要です。」

記事は「彼の発言は物議を醸したが、すぐに忘れ去られた。最近、チョ・ギュソンの移籍が行き詰まったとき、ファンとメディアは再びそれを取り上げた」と述べた. .

「チョ・ギュソンを解放せよ」

チョ・ギュソンは昨年6月に兵役を終えたばかりの24歳。 当初は均整のとれた顔立ちで注目を集めたが、188センチの長身のポストプレーとガーナ戦での2ゴールが海外クラブからの注目を集めた。 報告によると、ドイツのブンデスリーガ側のマインツとスコットランド リーグのセルティックを含む少なくとも 3 つのチームが、ワールド カップ後に 300 万ユーロから 600 万ユーロのオファーを出しました。 セルティックが最も熱狂的だったと伝えられているが、チョ・ギュソン自身はマインツが好きだったと言われている。

しかし最近、全北は「チョ・ギュソンは夏の移籍市場までチームに残る」と述べ、複数の韓国メディアはチョ・ギュソンがスペインでのチームの合宿に参加したと報じた。 ただし、冬の移籍市場は月末まで開いている。 チョ・ギュソン本人は「やっぱり移籍は冬と夏どっちがいい?(ヨーロッパはシーズンなので)冬は適応しにくいという問題があるが、夏になると」チャンスを逃すことへの恐れ。 すべては選択の問題であり、自分の決定に責任を負わなければなりません。」

記事は「チームはなぜチョ・ギュソンが移籍する気があるのに残留を提案したのか? パク・チソンは、適応の問題で夏まで待つように私を説得した. さらに全北は、ワールドカップで活躍した選手がいることで、クラブのブランド価値と注目度が高まると認識している。 チョ・ギュソンのインスタグラムのフォロワーが急増したことで、全羅北道のフォロワー数も数倍に増え、ファンイベントや商品開発が活発になった」と伝えた。

記事によると、ドイツのスポーツ紙「キッカー」は、「マインツはチョ・ギュソンの獲得にかなり積極的だったが、全北は頑固だった。マインツのボー・スベンソンは12月にチョ・ギュソンに連絡した。チームはまた、全北に5を提供した。移籍金330万ユーロ、将来の移籍金50%での年間契約を破棄したが、これが伝えられると、多くのファンが全北のSNSに「(全北は)わがままだ」「選手が来るべきだ」と投稿した。まず」、「チョ・ギュソンを解放せよ」、「パク・チソンがチョ・ギュソンの翼を欲しがっている」などの批評を書いたという。

韓国は日本より海外転勤のハードルが高い?

記事には「やっぱりサッカーは後回し。 「ヨーロッパに行く選手を見ると、大きな違いがある」 「韓国選手が海外移籍を抑制している一方で、多くの日本人選手がこの冬にヨーロッパのクラブに移籍し、そのほとんどがこのワールドカップに参加していない.

セルティックを例にとると、昨シーズンの J リーグ MVP DF 岩田朋樹は横浜 F. マリノスから、DF 小林勇樹はヴィッセル神戸からそれぞれ 100 万ユーロ以下で獲得されました。 FW前田大善選手も、ワールドカップ出場前に比較的安い移籍金を手に入れたとのこと。 「直接比較することはできないが、日本のクラブは、選手がより高いレベルのリーグに行く機会があれば、移籍金にそれほど執着していないようだ.

その上で、「J.彼らをより高いレベルのリーグに送り出し、選手自身のレベルと価値を向上させることができれば、最終的にはJリーグの価値の向上につながり、ひいては日本サッカー」

韓国のスターがヨーロッパのクラブに「直接」行くことはめったにない

記事には、「日本代表の富安健大選手、吉田麻也選手、三苫薫選手、伊藤潤也選手、鎌田大地選手、田中みどり選手など多くの選手が日本のクラブから直接ヨーロッパのクラブに加入しています。 「ここ数年、選手がホームクラブからヨーロッパのクラブに直接移籍するケースはほとんどありません。」

ソン・フンミンとイ・ガンインはヨーロッパのクラブユースからトップに昇格し、ファン・ヒチャンも高校卒業後すぐにオーストリアのザルツブルクに入団した。 キム・ジンスは、ホーエンハイムに移籍する前に、J リーグのアルビレックス新潟でプロとしてのキャリアをスタートさせました。 キム・ミンジェも前述のように中国リーグから欧州クラブに移籍した。

記事は「ヨーロッパのクラブは、まだ能力が未知数のアジアの選手に高い移籍金を支払うことに消極的であり、アジアのクラブが妥協できない状況があるかもしれない」と述べ、キム・ミンジェは「日本が羨ましい」と述べた.おそらく、日本のクラブは、費用の回収と選手の将来性、そしてサッカーの国としての発展との間で適切なバランスを考えているからでしょう」と指摘し、「これが選手の海外移籍の機会の違いの理由かもしれません日本と韓国の違い、代表チームの育成の違い」(翻訳・編集・北田)

.