野球-立教大学 山田健太 指名漏れ後、8社から内定を求められ「感謝の言葉」 | 4年。 #学生スポーツ

特集:4years.2023

ドラフト会議から約3ヶ月が経過し、その時の心境を語った(撮影 上原真一)

昨年のドラフト会議で最も話題になったのは、立教大の山田健太選手(4年・大阪桐蔭)が指名されなかったこと。 あれから約3ヶ月。 内定した日本生命保険で野球を続けることが決まった山田は、すでに「2年後」に向かっている。

最初の大きな挫折

「さすがの答えでした。初めての大きな挫折だったかもしれません」 山田はその日を静かに振り返る。
ドラフトで最有力候補だった「右強打者」は最後まで指名されなかった。 写真のような野球のエリートはノミネートされませんでした… インターネットは話題になり、彼の名前は Twitter でもトレンドになりました。

高校2年の春、通算12安打8打点で第89回高校野球選抜大会優勝に貢献。 三塁手から二塁手に転向した3年目は、春季(第90回高校野球選抜大会)と夏季(第100回大会)に同僚の根尾彰(現・中日ドラゴンズ)、藤原恭大(現・千葉ロッテマリーンズ)と共に入団。 )。 第2回全国高等学校野球選手権大会記念大会)甲子園連覇の一員となる。 立教大学1年生の春からレギュラーを務め、4年生の春の終わりまでに自己最多の75安打を記録。 侍ジャパン大学代表のキャプテンに就任した山田は、間違いなく昨年の大学野球の“顔”だった。

立教大学では1年生の春からレギュラーとなり、昨年は主将を務めた(撮影・井上翔太)。

ドラフトで経験した大きなフラストレーションとともに、彼はこの考えも持っていました。

「ドラフト上位候補と報道されたが、それを発表したのはメディアであり、チームのスカウトはそうは言っていない。 原案(評価)はよくわからないけど、この4年間頑張ってきたのは確かです」

ドラフト終了直後、次々とオファー

そんな彼女の心変わりのきっかけとなったのが、大人のチームからの相次ぐオファーだった。 ドラフト会議が終わった直後に彼女の最初の電話があり、彼女は寮に電話をかけた. 「山田さんと話したいです。」 彼はドラフトの結果について大阪桐蔭のマネージャーである西谷浩一に連絡を取り、将来について話し合ったところだった.

ドラフトで指名されなかったということは、当時のプロには必要とされていなかったことを意味します。 ドラフトだけでなく、必要とされないという現実ほど士気をくじくものはありません。 私は必要とされています。 合計8社からの問い合わせで、断りかけた清楚な顔が再び上を向く。

「(8社から依頼されて)感謝しています。

ドラフトの翌週に行われた東京ビッグシックスリーグの明治大学戦では、いつもの山田に戻ったようだった。

「ドラフトから1週間以上が経ち、気持ちの整理がつきました。平静を装いましたが(笑)、現実として受け止めざるを得ませんでした…そしてキャプテンとして。私も4年間、東京六大学を担当していたので、個人的な思いを込めることができませんでした。

ピンチの時に積極的にピッチャーを励ました(撮影・井上翔太)

多様な価値観に触れる教育実践

大学時代で最も印象に残っている試合は、4年生春の名大戦。 2勝してポイントを獲得していれば、優勝していたでしょう。 しかし、1回戦は延長12イニングの末に引き分けに終わり、2回戦は1点差で敗れた。 3回戦では延長11回にサヨナラ負けを喫し、惜しくも2017年春以来の王冠には届かなかった。

「高校以来の優勝決定戦で、緊張して試合ができなかった(山田は2回戦で3安打だったが、3試合で計14打席中4安打)」 . もっと自分に自信があれば、結果は違っていたかもしれません。

外から見ると変な言葉に聞こえる。 山田は高校時代、通算3勝、ベストナインに2回選出され、リーグ戦で30%以上の得点を5回と、順風満帆とは思えなかった。 「すべてをうまくやって成功した人は一人もいないと思います。」 彼が思っているのとは、周りの人が違う見方をするのは普通のことなのかもしれません。

山田さんは昨年、11月上旬から3週間、母校の大阪桐蔭で指導実習を行った。 大学進学を決意した頃から、野球と学業の両立を決意し、中学・高校教員免許(保健体育)を取得。

「小学校の先生をしている母の影響もありましたが、野球しかやっていなかったので、武器と呼べる何かが欲しかったんです。」

教育実習は大変だったようです。

「野球関係のつながりはありますが、それ以外の人との接点はほとんどありません。 教育実習では、様々な先生や生徒と話す機会があり、様々な価値観に触れることができました。 自分の視野が広がるという点で、とてもプラスになったと思います。」

母校での教育実習は、新しい価値観に触れる貴重な機会となりました。 (上原慎一撮影)

教職実習では自由に使える時間が与えられ、担当クラスの生徒たちに自分の過去を語りました。 彼はまた、ドラフトでの感情的な揺れについても率直に語った. 話し終えると「(指名を省略したときの)心変わりの経緯も聞かれた」と話した。 山田さんの話は、母校の後輩である高校生にとって良い教材になったに違いない。

「応援してくれる人を喜ばせたい」

今年から日本生命ベースボールクラブでプレーする。 日本生命は、インターシティ優勝4回、全国大会3回の優勝経験を持つ名門社野球チームです。 多くのプロ野球選手を輩出したことでも知られています。

「自分がレベルアップできる環境が整ったと思ったので、日本生命にお世話になりました。 守備もしっかりしたいし、もちろん打撃もしっかりしたい。中日、阪神、大リーグで活躍する元日本生命のベテラン、福留浩介氏に指導してもらう。 、昨シーズンをもって現役を引退し、今年から特別コーチに就任した。 私は楽しみにしています

特に大学3、4年はドラフトを意識しすぎていたが、空回りすることもあった。 「2年後の大卒ドラフト指名解禁の年に、自分にできることをして評価してもらいたい」 この経験から学んだことを生かして、大規模なプレーヤーになるつもりです。

プロになるという目標は達成できなかったものの、大学では自分を磨く機会に恵まれた。 中学以来のキャプテンも務めた。 「手を挙げてキャプテンをさせていただき、今まで思いもよらなかったことを考えながら野球ができました」 キャプテンがピンチの時、心配そうな顔をした時、チームはそれを理解し、わざと笑顔を見せたのが記憶に新しい。 日本の大学チームのキャプテンを務めるのは珍しい経験だった。

大学日本代表の主将も務め、高校日本代表戦では一塁防衛を果たした(撮影・井上翔太)

山田はあざが全部消えたように、さわやかな表情を浮かべていた。 彼は振り返らず、ただ前を見つめている。 インタビューの最後に、彼はこの言葉で締めくくった。

「ドラフトが終わって、野球人生でこれだけ多くの人に支えられてきたことに感動しました。 受けられる形で活躍したい。

「2年後」に向けて、赤を基調とした日本生命保険のユニフォームに身を包み、活躍を誓った。

[Special Feature]2022年大学野球ドラフト候補

.