野球 – 立教大、庄司康典 高校時代は無名、ドラフト上位候補の計り知れないポテンシャル | 共同通信 4年。 #学生スポーツ

野球 – 立教大、庄司康典 高校時代は無名、ドラフト上位候補の計り知れないポテンシャル | 共同通信 4年。  #学生スポーツ

特集:2022年の大学ドラフト候補

東京六大学を代表する投手に成長した立教大の庄司(撮影:井上翔太)

高校時代は無名で、頭角を現したのは3年生の春。 立教大学の庄司康典(公生・4年・新潟明紀)は遅咲きのエース。 リーグデビューからわずか1年半で、彼は長い道のりを歩んできました。 今秋のドラフト上位候補でもある庄司さんに、これまでの歩みと昨秋への思いを聞いた。

特集「2022年大学野球のドラフト候補」

そんな力がなかった高校時代

庄司は今春先発6試合、防御率1.72でリーグ3位。 東京六大学を代表する右腕は侍ジャパン大学代表にも選ばれ、7月に開催された「ハーレムベースボールウィーク2022」にも出場。 現在、NPBの7球団が溝口智成監督に挨拶に訪れている。 8月の東京六大学オールスターゲームでは、188cmの高さからの直球で最速157kmをマーク。

「プロ」が漠然とした目標ではなく現実となった今、テレビ放送に対する見方も変わってきました。

「ヤクルトの村上宗隆選手の打席を見て、どうやって抑えるかを考えさせられました。

それでも庄司は思い出した。 「大学に入学したときは、今の自分がどうなっているのか想像もつきませんでした。 野球部のレベルが高く、リーグ戦での登板は難しいと感じました」

高校時代、新潟大会で1回戦敗退(朝日新聞社撮影)

指定校の推薦で立大に入学しました。 高校時代は甲子園に春1回、夏6回出場する強豪校のエースだったが、勉強も怠らず、成績は平均4.9点。 野球の功績として、2年春に北信越大会のマウンドを経験するも、3年夏に1回戦敗退。 ストレートでは130km後半が最速だったので、特に強みはありませんでした。

肩の怪我で舞台裏に行くことを検討

それで、大学ではフォームの改造に取り組みました。 「大きなボディを使って球速を上げるために、テイクバックを背中に収まる大きさにしました。」 ただし、これは肩の怪我につながる可能性があります。 1年生の終わりから2年生の秋まで、半年以上まったくボールを投げなかった。

「考えたくないくらい大変な時期でした。

それでも庄司はあきらめなかった。 この間、もともと硬直していた体を柔軟にするなど、独学でフィジカル面を見直した。 一番大きかったのは、プロ野球選手から絶大な信頼を寄せられているトレーナーの北川祐介さんとの出会いでした。 北川さんの指導を受けながら、怪我をしないようにフォームも修正。 彼はテイクバックも圧縮しました。

肩こりに悩んだ時期もありましたが、諦めませんでした(撮影 上原真一)

ようやく肩の痛みが治まると、11月の秋季フレッシュリーグの東海大海洋学部戦で149キロを記録。 そのポテンシャルがついに芽吹く。

恵まれた体とアスリートとしての資質は、親からの贈り物です。 元高校野球選手だった父・聡も身長184cm。 高校時代にバレーボール部から打診された母・優子さんの身長は174cm。 「親からもらったものを大切にしたい」と、この春、好打と本塁打を放つ庄司。

リーグ戦初先発となった昨春の東大2回戦では、2回戦途中で3失点するなど、苦渋の結果となった。 しかし、抑えを任された慶大の1回戦で151キロをマーク。

障子? 誰?

突如現れた無名投手のストレートショットにスタンドからどよめきが起こった。

翌秋のリーグ戦では準エースとなった。 彼はすべての2回戦の先発投手でした。 6イニング中盤まで5試合すべて途中からリリーフを託したが、いずれも2失点以下。 慶応戦、負ければ勝機を失う4枚目のカード、5回無失点。 競争力も見せた。 「昨秋の投球が自信になった。

8月末に行われた高校日本代表との壮行試合では先発投手を務めた(撮影・井上翔太)

「バッターとキャッチャーミットの音だけで、周囲の音は聞こえない」

昨年秋の結果は進化の始まりに過ぎませんでした。 今春、「勝ち点制」が復活すると、さらなる姿を見せた。 2ゲーム先取制で、各流派でエースの真価が問われる。 庄司は1回戦にカード3枚で先発2勝、慶応戦では3回連続登板(2回戦は救援)、明戦では1回戦、3回戦に先発登板。 まさにフル回転でした。

これらの中で最も注目に値するのは、明王朝の大戦でした。 このカードで、ポイントを獲得したのが最大の勝利でした。 庄司は1回戦で「8番の壁」を乗り越え、初めて9回まで投げた(試合は12回に引き分けに延長)。 彼はマウンドを降りるまで速度を落とさず、9イニングで150キロを打った。

「9回1点で同点だったのは悔しいところですが、昨秋のリーグ戦から、試合に勝てる投手になるために、細かいところまで気を配りながら練習を重ねてきました。ゲームをクリアしてください。」

今まで感じたことのない研ぎ澄まされた試合だったと語った。

「周りは何も聞こえなかったので、バッターとキャッチャーミットだけに集中できました。何か見えない力が働いているように感じました…あなたはゾーンにいましたか? そうかもしれません. とにかく. 名大の打者の精神その精神がかつてないほどの集中力を引き出したのかもしれません。」

黒岩捕手(右)と息を合わせる(撮影・井上翔太)

3回戦のスタートは悩んだという。 1回戦と同じ球を投げられるか不安でした。 でも負けるわけにはいかない。 立大は2回戦で敗退し、後ろが無かった。 庄司は冷静に丁寧に投げた。 8回に脱落したが、2安打9奪三振無失点。 1回戦を超える内容でした。 「あんな投球ができるとは思わなかった」 まさに彼が納得できる「エース」の姿でした。 しかし勝負には勝てず、目の前で明大の勝利が決まった。 試合後の記者会見で、庄司のまぶたは真っ赤だった。

「パフォーマンスは良かったのに勝てなかった。 イライラするだけでした。

それでも、明戦の2試合での好投が自信につながったことは間違いない。 春のリーグ戦後、庄司は進路を「プロ1人」に絞った。

伊藤大海選手の足の上げ方を参考に

侍ジャパン大学代表はエースに起用された。 「ハーレム ベースボール ウィーク 2022」予選のアメリカ戦に先発出場し、4回に3安打無失点。 彼はアグレッシブなアメリカ人打者から 4 回の三振を奪った。 2度目の先発出場となった3位決定戦の対米戦では、練習中のチェンジアップに好感を持った。

成長の可能性は計り知れない(撮影:井上翔太)

庄司の変化球はカーブ、スライダー、スプリット。 カットボールに近い弾道でスライダーが変化。 「変化球の種類を増やしたいが、まずはそれぞれの質を上げたい」

ナショナルチームでも会った。 「よく話をしたのは、専修大学の菊地陸(4年・札幌大谷)(同じくドラフト1位候補)。 普段どんなトレーニングやストレッチをしているか教えてくれました。」

ライバル投手もターゲット投手もいない。 投球フォームについては、北海道日本ハムファイターズの伊藤宏美選手の足の上げ方を参考に、頑張って階段を駆け上がった。

大学での3シーズンの実戦で、投げるたびに進化し、投げるたびに評価が上がった。 プロのスカウトもその成長と計り知れないポテンシャルに注目している。 大学最後の秋。 2017年春以来の勝利に導き、「勝ち投手」としての課題をクリアし、ドラフト上位指名を勝ち取る意向だ。

.