野球 東大が勝つ! “ビッグエース”伊澤俊輔初優勝、監督「夢だった」 | 4年。 #学生スポーツ

スタンドで慶應義塾大学戦の勝利を喜ぶ東大選手(撮影:安藤仙一郎)

東京六大学野球秋季リーグ戦 2週目 1回戦

9月17日@明治神宮球場(東京)
東京大学 4-3 慶應義塾大学

東京六大学リーグ秋季リーグ戦。 東京大学は1回戦で慶応大学を破り、昨年秋以来の勝利を収めた。 プロ入りしたエース伊澤俊介選手(4年・札幌南)が先発初勝利を飾った。 東大が慶応大に勝利したのは2017年秋の第1回戦以来。

「ちょっと勝てない」を乗り越える

「井澤選手からスタートして優勝することが夢でした。」

東大の井手隆理事長はそう言って目を見開いた。

井手監督は2年春から伊沢をエースに起用。 「井沢はエースじゃなくてビッグエース」と言うほどの信頼を寄せている。 しかし、先発で勝利投手になることはできなかった。

2017年秋から続いていた連敗を、昨年春のロースクール2回戦で「64」で止めた。 その秋の立教大の2回戦では3回2/3を無失点で好投し、念願の初勝利を挙げたが、今回も一安心。

この春、早稲田大学での1回戦では2失点で完投を果たすも引き分けに終わった。 秋の開幕戦明治大学戦では粘り強い投球を見せ、6回1/3イニングで3失点を許したが、この試合も引き分けに終わった。

春季リーグ戦終了後、井出監督は「あと少し、あと少しだけど勝てない」とチームを振り返った。 それはチームのことで、井沢のことだったと思います。

東大の伊澤俊介、昨秋の初優勝のエースが見て下から逃げる「赤門旋風」

試合後、井澤(左)の先発初勝利は井出監督から「夢だった」と言われた。 (上原慎一撮影)

コンディションを見極め、捕球に集中

しかし、秋の慶應義塾大学の一次ラウンド。 伊沢はスタートで3四球を放った後も冷静だった。 「3番広瀬竜太選手(慶應3年)や4番萩尾雅也選手(4年文徳)といった強打者に粘られた結果です」彼は自分の状態を評価し、ピッチングに集中しました。 調子が悪いにもかかわらず、彼は6回まで2ランを許した。

ハイライトは6回、1点リードの3-2。 2死三塁を与えられたが、「あと3人で1つ出ればいい」と慌てず、2死満塁を期待していたという。 結局、彼はこのピンチを乗り切った。

散歩してもそこから崩れない。 伊沢選手のリーグ戦34試合目。 経験値の高さと通算17敗で培った経験がゲームメイク力を高め、昨シーズンで開花を迎えようとしている。

プロ志願書を提出した東大の“ビッグエース”井澤(撮影・安藤仙一郎)

技術的な進歩もありました。 慶應義塾大学理事 堀井哲也氏が井沢について語る。

「伊沢くんといえばカットボール。 もちろん対策も行っておりますが、春から秋にかけて直撃の威力が増しました。 しかし、カットとストレートの両方をマークする必要性を感じています。」

2位は制球面で伸びる

“偉大なエース”伊沢にスタメンで勝ちたいと思ったのは、井出監督だけではない。 2安打1打点で活躍した宮崎優(4年・開成)は「2年生の春から投球を続けてきた伊沢に、2年次で優勝させたいというのがチーム全員の願いだった」と強調した。先発投手。」 .

しかし、井澤自身は先発初勝利を気にしていないようだった。 「確かにうれしいけど、夢じゃなかった」と記者団を笑いながら語った。 彼は記者会見にウィニングボールさえ持ってこなかった。 「一つには、勝利に貢献できたことがうれしい。試合を作ることができてよかった」とささやかな喜びを語った。 伊澤選手が「私」を全く出さないからこそ、チーム全体が彼に勝ってほしいと思っているのでしょう。

打って奪われる投球への切り替えに成功(撮影 上原真一)

井沢に続いて託された松岡祐希(3年・駒場東峰)のパワースローも見逃せない。 この試合最速の145キロ速球を中心とした強投で、3イニングを1失点で乗り切った。

北海道遠軽町で行われた夏の合宿で育った松岡優選手。 井出監督によると、もともとチーム1のストレートだったが、ややムラがあったボールコントロール力が向上したとのこと。

点差が大きくても粘り強さと競争力を発揮

今季は打線も好調。 明治大学の2回戦で7得点、3回戦で通算13安打を放った。 アメフト部から移籍し、伊沢と同じくプロに申請した阿久津玲(4年・宇都宮)は、ここまで4試合6安打(4盗塁)で打線首位。 他校のコーチは「点差が大きくても東大の打線は跳ね返る。

慶應義塾大学は1回戦7回、宮崎(撮影・安藤仙一郎)が右サイドラインで二塁打を放った。

しかし、井手監督は「東大のスタイルは投手中心の野球で勝つ」と考えており、エースの井澤が最前線に立っている。

慶應義塾大学での初戦勝利は通過点。 チームの目標は、ポイントを獲得して「東大旋風」を巻き起こすこと。

.