野球 – 久保修 大阪観光大学 高校時代から考えていた競技生活、プロの目で育った指導者との出会い | 4年。 #学生スポーツ

野球 – 久保修 大阪観光大学 高校時代から考えていた競技生活、プロの目で育った指導者との出会い |  4年。  #学生スポーツ

特集:2022年の大学ドラフト候補

大学での一人の講師との出会いが久保の人生を変えた(写真はすべて大阪観光大学で撮影・沢井文)

大阪観光大学の久保修選手(4年・石見智水館)の鋭い一打が右サイド前に倒れた。 3回戦で奈良学園大学と対戦。 1点差をつけられた回裏、1番・久保が出塁し、2、3番打者も安打を放ち、2点を挙げて逆転。 その後、5回、8回と歩きます。 秋は警戒心が強く、特にチャンスでは試合を避けがちな場面が多くなりました。

特集「2022年大学野球のドラフト候補」

高校のコーチに勧められ、大学に進学

久保の名前は昨年の秋ごろから徐々に広まっていった。 昨秋は近畿学生リーグ2部に所属し、打率4割4分4厘とリーグ2位。 彼は50m5.9秒を生かし、9つの盗塁も記録した。 1部昇格となったこの春のリーグ戦では11試合で打率3割4分9厘を残し、久保の名前がスポーツ紙に取り上げられるようになると注目を集めるようになった。プロのスカウトの。 田。

秋は警戒心が強まり、特にチャンスがあれば試合を避ける機会が増えた。

高校時代、出身地である大阪を離れ、島根に行きました。 入学時は内野手だったが、1年秋に外野手に転向。 強靭な肩と足の速さを生かしたかったが、目立った成績は残せなかった。 「野球は高校まで続くのかな」と一休みを考えているとのこと。 しかし、末光明監督からは大学でも野球を続けるよう勧められた。

高校3年の夏の島根大会でホームランを打った(朝日新聞社撮影)

伊勢隆夫氏の指導で得た自信

出身地である大阪府河内長野市の近くにある大阪観光大学に行きました。 野球に関してはほとんど無名の大学だったが、当時の大阪観光大学長と末光の縁で大学で野球を続けることを決意。

何よりも、大学での講師との出会いが久保の人生を変えた。 ヤクルトスワローズ、近鉄バファローズでプレーし、両球団や広島東洋カープのバッティングコーチを務めた伊勢隆夫氏が特別顧問としてバッティング指導を行う。

「今まで伊勢さんに教わったことのない指導を受けて、『自分ならできる』と思うようになりました。 私は飛ぶことを学びました。」

伊勢隆夫氏に指導を受け、自信を得る

怪我による「状態は8割程度」

今年は度重なる怪我に悩まされました。 春季リーグ終盤に右ハムストリングを断裂。 6月末には、関西5大学連盟から選抜された選手が出場する「大学野球関西オールスター5リーグ大会」が開催されました。 久保は近畿学生リーグの代表に選ばれたが、先発メンバーには指名されなかった。 彼は試合前にキャッチボールをするだけで、試合中はベンチから選手を見守っていました。 久保を追う多くのプロスカウトがスタンドに駆けつけた「5部リーグ大会」だったが、久保の欠場を知って多くのスカウトが肩を落とした。

「自分を見せる絶好の機会だったが、自分を追い込むことができなかったので、競争できなかった. 行かなければならないと思いました。」

しかし、8月中旬のオープン戦前にシートノックで右足首を捻挫。 「せっかちでしたが、リーグ戦に向けて調整せざるを得ませんでした」と振り返る。

とにかく今秋は一球一打席を大切にしながら打席に立つ。

「春はタフなボールを打とうとするようなバッティングをしていましたが、追い詰められたときも冷静にコースや球種を考え、バットを振ることができました。 そうなのかな。」

一球一打席を大切に打席に立つ

右足首の調子を見ながらプレーを続ける。 状態は「8割くらい」と本人は笑顔ですが、もう同じことは繰り返せません。 試合後も気を引き締めながらリーグ戦完走を目指す。 もちろん、チームの勝利が最優先です。

「高校で野球人生を終えてプロになるとは夢にも思っていませんでした。」 以前、久保が言っていた。 大学でも野球を続けることを決意し、紆余曲折を経て今注目の選手となっている。 彼はまた、プロの申請書を提出しました。 久保の存在と活躍が、大学で野球を続けようか迷っている高校生たちの希望になったことは間違いない。 この秋、彼の足元を見守りながら最後の美を飾る予定です。

.